管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中国の侵略は進駐ですかそうですか
 北京オリンピックを前に、多種多様の問題が噴出しまくり、色んな意味で世界の注目を集めている中国。しかも各問題が想像を絶するレベルの酷さを伴っているので、一部からは北京オリンピックの中止、あるいはボイコットを呼びかける声があがっております。

 そんな中から今日は、あるハリウッドスター、それも大のつくスターがあげた声を紹介したいと思います。こちらをご覧下さい。(毎日新聞から以下引用)

R.ギアさんが北京五輪ボイコット呼びかけ

チベット仏教の熱心な信者として知られる俳優のリチャード・ギアさん(58)が、中国の人権問題を理由に来年夏に開催される北京五輪ボイコットを呼びかけ、波紋が広がっている。

 ギアさんはロイター通信に対し、「五輪は、チベットの将来を決め、中国にチベットの人々への人権弾圧をやめさせることを促す良い機会だ」と述べた。ギアさんは、7日に全米公開予定のボスニア・ヘルツェゴビナ紛争(92~95年)を描いた新作映画「ザ・ハンティング・パーティー」(リチャード・シェパード監督)のインタビューで北京五輪について触れ、「ボイコットは恐らく非現実的だが、感情的には意味がある行動だ」と強調。「自国民や他民族を弾圧する国を世界がなぜ、称賛する必要があるのか」と中国を批判した。ニューヨークやインドのニューデリーでは先月、多くのチベット人が五輪ボイコットを呼びかける抗議行動をした。

 ギアさんは、支援団体「チベットのための国際キャンペーン」議長を務めており、93年のアカデミー賞授賞式での演説ではチベットの苦境を訴えて中国の人権抑圧を厳しく批判。こうした経緯から、ギアさんは中国政府に入国を拒否されている。

 チベットには中国人民解放軍が1950年に進駐し、翌年、全土を制圧。国際人権擁護団体「アムネスティ・インターナショナル」などは、中国がチベットの人々の人権を弾圧し、文化を抑圧していると批判しているが、中国は「歴史的に貧しい地域の発展を支援している」との立場で、チベットの分離独立を断固阻止する姿勢を貫いている。同通信によると、ギアさんは「共産主義と資本主義の一種の偽りの二元論は、いつか破たんするだろう」とまで言い切った。

 ギアさんの発言に対して、中国政府は今のところ反応を見せていない。【藤生竹志】

 2007年9月5日


 『漢』ですなあリチャード・ギア。これだけ顔が売れていて影響力も計り知れない人ということで、それはもう各種様々な嫌がらせがあったと思われますが、一貫して中共にNO。いや素晴らしい。どこぞの国の媚中派などと呼ばれている政治家共に、氏のつめの垢を煎じて飲ませたいものです。

 ギア氏が仰るように、チベットは現在進行形で『侵略』をされているわけで、そんな国で平和の祭典であるオリンピックを開催するなど冗談にもほどがある話なんですが、日本の政治家共やマスコミはダンマリだからなあ。ねえ、侵略を『進駐』などと書いてる毎日新聞さんよ。


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。


関連エントリー1:中国でオリンピック開催ねえ
関連エントリー2:中国 本当にこれでオリンピックやるの?
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。