管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
盧武鉉大統領 約束やぶりなど軽い軽い
 小泉前首相の時代、数々の反日妄言で注目を集めていた盧武鉉大統領。演説の機会があると日本を叩き、悪いのは全て日本のせいだ!と開き直るその姿には、一種独特のオーラみたいなものが漂っておりました(笑)。

 良いタイミングで燃料を投下してくれた『釣り師』小泉前首相が去り、真面目な安倍首相になってからは、燃料の投下が殆ど無く、また反日をやってもさほど支持率が上がらなくなったという国内事情もあって、反日妄言は控え目となり、最近ではあの独特のオーラみたいなものが感じられない。

 しかしそうは言っても盧武鉉大統領は盧武鉉大統領。久しぶりにご発言が伝えられていますので、紹介したいと思います。こちらをご覧下さい。(asahi.comから以下引用)

未来志向の日韓関係「容易なことではない」 盧大統領

2007年09月04日00時24分

 韓国を訪問中の森元首相は3日、韓国の青瓦台(大統領府)で盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領と会談した。会談で大統領は日韓関係を「戦略が立ちにくい極めて困難な問題だ」と指摘。小泉首相時代に未来志向の関係構築で合意したことに触れて、「国内で批判を受け、時間がたつにつれて容易なことではないと分かった。過去の問題に触れない、責任を求めないという約束は自分の過ちだと思った」と語った。

 森元首相は日韓議員連盟のメンバーと大統領を表敬した。大統領は小泉前首相の靖国神社参拝にも触れて「教科書検定の問題、竹島の問題、過去の歴史の問題は世界に向けて発信しなければならなかった」と言及。今後の日韓関係について「日本の国会議員の努力に期待している」と述べた


 わははは・・発言を見聞きした者を一旦『何を言ってるんだコイツは???』という風な思考停止に追い込む妙技は健在であります。実際、ご自分でも何を言ってるのか、あまりよく理解してないんじゃないかと私は思っているのですが、それにしてもまあ、『過去の問題に触れない、責任を求めないという約束は自分の過ちだと思った』なんてよく言えますね。嘘つき。


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。