管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
朝日新聞 恋人は中国様
 中国様を怒らせるな!中国様に逆らうな!中国様に配慮しろ!・・がモットーの新聞と言えば朝日新聞。いつ何時でも中国側に立って日本に物申す気持ちの悪い朝日新聞ですが、この社説はさすがに度を超えてる。昨日付の朝日社説をご覧頂きましょう。こちらをどうぞ。(asahi.comから以下引用)


日中防衛交流―待ちわびた再始動

 中国の国防相が9年半ぶりに日本を訪れた。小泉前首相の時代、停滞を余儀なくされてきた日中の防衛交流がようやく再始動することになった。

 来日した曹剛川国防相は高村防衛相と会談し、海上自衛隊と中国海軍の艦艇が両国を相互訪問することで合意した。また、日中の防衛当局間に緊急連絡用のホットラインを創設するため、作業グループを置くことも決まった。高村防衛相は来年にも訪中する。

 軍事面での相互信頼を広げ、両国関係を安定させていくうえで、どれも欠かせないことだ。この会談で多くの合意がなされたのは、双方が交流再開を待ち望んでいたことの表れでもある。今後、さらに弾みがついていくことを期待したい。

 両国の防衛首脳が会談するのは、03年に当時の石破防衛庁長官が訪中したとき以来だ。その後、小泉前首相の度重なる靖国神社参拝に中国側が強く反発し、交流そのものが進まなくなっていた。昨秋の安倍首相の訪中で再開への機運が生まれ、国防相の訪日が実現した。

 日中両大国の関係はこの地域全体に影響する。安全保障の分野となれば、なおさら深刻だ。それを考えれば、たとえ政治的な問題でぶつかったとしても、防衛当局の交流は途切れさせてはならない。そんな冷静さを双方に求めたい。

 防衛の責任者が自分の目で相手を見るのは極めて大切だ。

 98年に訪日した遅浩田・前国防相は「日本が専守防衛に徹していることがわかった。(自衛隊は)戦前の軍隊とは全く違うと認識した」と語ったという。中国の多くの軍幹部に、自衛隊やいまの日本社会をしっかりと見てほしい。

 同じように、日本の防衛幹部も中国軍や中国社会の実情を詳しく見るべきだ。

 膨張一方の軍事費をはじめ、活発化する海軍の動きなど、中国軍に対する懸念は少なくない。日本領海を潜水艦が侵犯したり、天然ガス田周辺で示威的と見られる行動に出たりしたこともあった。今後もさまざまな摩擦は避けられまい。

 その時にいかに事態を深刻化させず、誤解による事故を避け、緊張を和らげるか。そのためにこそ、日ごろの信頼醸成が欠かせないのだ

 艦艇の相互訪問は、実現すれば初めてのことになる。早ければ11月にも中国側の艦船が日本の港を訪れるという。なんとしても果たしてもらいたい。

 米国と中国との軍事交流は一歩先を進んでいる。昨年9月には米国沖で、11月には南シナ海で米中合同の海難救助演習を行った。中国の軍事的な動向を警戒しつつ、敵対しないための努力を重ねていこうということだろう。

 日本は安倍首相の価値観外交といい、近く行われる米印豪などとの軍事演習への参加といい、中国牽制(けんせい)を意図したかのような動きが目立つ。だが、本筋の外交はあくまで中国との相互信頼づくりであることを忘れてはならない


 もう気持ち悪すぎるのひと言に尽きます。どうしてここまで中国様!中国様!してるのか。意味が分からないし理由も分からない。朝日は真剣に中国移転を考えたらどうだろう。そうすれば、日本国民から中国の犬!などと言われることは無くなるのに。ねえ?朝日さん。


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。