管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中国 自業自得というやつ
 中国製品は危ない・・食品に限らず、ありとあらゆる中国製品に疑惑の目が向けられるようになってきた今日この頃。特に米国では『チャイナフリー』商品なるものが登場するなど、中国にとって、これまでになく厳しい状況になってきております。

 こういった安全性の問題が浮上すると、これまで中国は対抗プロパガンダ(お前のところも悪いじゃないか!と言って問題を『作る』)をぶって切り抜けてきたのですが、今回の『大きな波』の前には効果は薄く、とうとう泣きが入っているようです。こちらをご覧下さい。(CNNから以下引用)

製品回収は「不公平」と中国当局者

2007.08.20
Web posted at: 16:50 JST
- CNN/REUTERS

北京──中国国家品質監督検査検疫総局の李長江局長は19日、国営テレビの番組で、安全性の問題を理由とした中国製品の回収が、政治的動機に基く不公平な措置であるとの認識を明らかにした

李局長はあらかじめ選ばれた国内外の企業幹部や記者団に対し、当局が品質チェックに最善を尽くしており、米玩具大手マテルが中国製品の大規模自主回収に乗り出してからは特に努力していると強調。「中国製品を信頼してほしい。子どもたちはわれわれの未来であり、その健康や安全は非常に重要だ」と述べた。局長はまた、世界的規模の国内玩具製造業に、300万人が従事していることを明らかにした。

番組では、司会者がプラスチック製人形の眉から鉛が検出されたことを説明し、李局長が「手に持っても危険性はない」と明言するなどの場面があった。局長は、99%の中国製品が安全基準に沿っていると述べ、「中国製品を悪者扱いにしたり、中国製品を脅威として語ることは、新種の保護貿易主義だ」とコメントした。

李局長はさらに、中国製品の安全性が問題になったのがここ数カ月であることを指摘。「2004─06年と今年上半期、輸出品の90%以上は基準を満たしていた。今になってなぜ問題視されるのか」と疑問を投げかけた。局長はまた、国内企業が中国製品に現在吹いている「冷たい風」に耐えられるの見方を示す一方、中国に対する偏見や、品質に対するクレームの形を借りた中国への嫉妬に直面せざるを得ないだろう、と発言した


 中国製品を信頼してほしい。子どもたちはわれわれの未来であり、その健康や安全は非常に重要だ・・この言葉が空しく響きますね。とてもそうは思えない製品の作り方をしているから、ここまで叩かれていることに、いつになったら気がつくのか。おそらく、気づくことはないんでしょうねえ。こんな事をいってるところを見ると。

 プラスチック製人形の眉から鉛が検出されたことに対して『手に持っても危険性はない』と断言。こんなものは詭弁だ。確かに手に持っただけでは危険性は少ないかもしれない。が、子供特に小さい子供はおもちゃに限らず何でも口の中に入れようとする。口の中に入ったときに、危険性は無いんですかね?あるに決まってるだろうが。

 
banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。