管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本が孤立?それがどうした
 先の参院選で与党の敗北を何よりも願っていたであろう北朝鮮。選挙前から与党劣勢が伝えられ、調子に乗ってあーだこーだと投票日直前にグダグダと訳のわからないことを抜かしていた北朝鮮ですが、選挙に負けても願望通り退陣しない安倍首相に苛立ったのか、日本国内の『御用コメンテーター』と『機関紙』にこんなことを書かせています。(Yahoo ニュースから以下引用)

安倍政権 綱渡り外交

8月17日10時1分配信 日刊ゲンダイ

 北朝鮮が歴史的な豪雨に襲われている。「1967年の大洪水に匹敵する降水量」と分析する気象専門家もいるという。すでに農地の流失や道路の寸断といった被害が出ていて、これが農作物の収穫に影響が出るのは確実。もともと厳しい北朝鮮の食糧事情がさらに悪化しそうだ。

数百万人が餓死したといわれる96、97年の再来になるかもしれません。大雨、洪水の被害は深刻で、北朝鮮は関係各国に食糧などの援助を求めることになるでしょう。その結果、日本はとことん外交的に孤立していく危険性があります

 こう言うのは、コリア・レポート編集長の辺真一氏だ

 北への強硬姿勢をバネに政権を手に入れた安倍首相と違って、国際社会は「ならず者国家」に寛容だ。核施設の無能力化など「次の段階」を履行する前にもかかわらず、韓国に次いで中国まで5万トンの重油支援に乗り出そうとしている。「支援の輪」が広がる中で発生した大洪水に対しても、各国が食糧支援を実施するのは間違いない

 それでも安倍が支援を拒否すれば、日本は窮地に追い込まれる

「これまでの日本政府の作戦は、北朝鮮が食糧難に陥り、助けを求めてきたら、拉致問題の再調査と引き換えで援助するというものでした。安倍政権は、小泉首相が再訪朝で約束した25万トンの食糧支援のうち半分を経済制裁でストップさせた。この12万5000トンを切り札に、北朝鮮から拉致問題での譲歩を引き出す狙いだったのです。しかし、この大洪水で各国が食糧支援をしたら、日本の出番はなくなり、拉致問題進展も遠のくばかりです。“お願いだから支援させて下さい”と頭を下げるコッケイな姿になりますよ」(辺真一氏=前出)

 改憲論議はもちろん、集団的自衛権の行使をめぐる憲法解釈の変更もできない今、北との対決は最後に残った安倍カラー。
 それを残しながら孤立を避ける綱渡りに失敗すれば、安倍は素直に看板を下ろし店じまいするしかない。


 言い方を変えた『バスに乗り遅れるな!』ですね。というかね、何度も何度も当ブログで指摘してまいりましたが、こと北朝鮮問題に限っては、周り全部が強硬姿勢という場合からの孤立でない限りは、孤立上等なんですよ。北朝鮮の人民が死ぬ?約10年前のように?だから何?という話です。冷たいようですが、あの『政体』である限りは、こういった問題は必ず再発する。

 私は被害を過大に言い立てるという北朝鮮の『死ぬ死ぬ詐欺』だと思っていますが、仮に本当の話だとしても、各国が食料支援をして人民が本当に助かるのか。大いに疑問だ。どうせ各国からせしめた食料を転売して核・ミサイル開発に使ったり、優先的に生命線である軍に回すのがオチだろう。もうウンザリなんだよ。結末は見えてる。


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。