管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
台湾 私は台湾の国連加盟を応援します
 中国、韓国、北朝鮮・・反日を是とする日本の近隣諸国群。何かあると、いや何はなくとも日本を非難し続ける非常に鬱陶しいこれらの国ですが、日本の近くには反日を是とせず友好的な目で眺めてくれている国もあります。それは台湾。

 台湾は中国の一部だ!と叫び、台湾と関係を持とうとする国全てに恫喝をしかけるという中国のキ○ガイじみたイジメに遭いながらも、台湾は自分達の足で立ち続けようと努力を続けていますが、なかなかその道は険しい。

 日本としては、同じ民主主義国家として、同じ自由な国として、台湾を応援してあげたいところでありますが、中国だけでなく、中国に『配慮』して台湾の努力を妨げようとする奴らが後を絶ちません。例えばこれ。(Yomiuri Onlineから以下引用)

台湾・黄外交部長、「台湾」名で国連加盟推進

 【台北=石井利尚】台湾の黄志芳外交部長(外相に相当)は14日、読売新聞と会見し、9月の国連総会に向けて、台湾と外交関係を持つ国連加盟国の協力を得ながら、台湾名での国連加盟を推進していく考えを表明した。


 また、黄部長は、初めての新規加盟申請を門前払いした国連事務総長を強く批判した

 今年から、「台湾」名での新規加盟に方針転換した陳水扁総統は7月、加盟申請書を国連事務総長に送付したが、国連事務局は「一つの中国」の原則を規定した1971年の国連総会決議に基づき、受理しなかった。

 黄部長は、「事務総長に申請を拒否する権限はない。新規加盟を話し合えるのは安全保障理事会と国連総会だけだ」と批判。71年の国連総会決議について、黄部長は「決議は台湾が中華人民共和国の一部だとは言及していない。間違った解釈をしている」と反論した。

 その上で黄部長は、外交関係を持つ中南米諸国などを通した加盟申請を進めたいとの希望を示した。また、台湾名での国連加盟をめぐり、日本と米国が「不支持」を表明していることに対し、黄部長は「日米の多くの国民が台湾加盟を支持していると信じている」と述べ、理解を求めた。
(2007年8月15日3時4分 読売新聞)


 国連事務総長が門前払いですか・・ああ、例の元韓国外交通商相の潘基文さんですね。何をやってるんだと。権限がないのに門前払いとはこれ如何に。確かに現状では台湾の国連加盟は難しいでしょう。しかし主張の機会は与えるべきじゃないのか?

 あのキチ○イ北朝鮮が国連に席を持って好き放題喚いてるのは良くて、台湾はダメなんて理屈は通らないぞ。そういえば事務総長の出身国は、最終的に北朝鮮の国連加盟を容認しましたよね?朝鮮半島唯一の合法政府は韓国政府だ!とか言ってたのに。台湾の気持ちが理解出来ても良さそうなもんだ。


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。
 
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。