管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
韓国 あるべき姿ではないので撤去!
 歴史歪曲だ!!・・などと言っては最近、日本をはじめ世界各国にクレームをつけまくるようになった韓国。歴史的な事実ではなく『こうであるべき姿』を教える韓国と世界の『歴史』は乖離しており、彼らは日々対応に忙しい(?)ようです。

 一歩外の世界に出てみると、自分達が教わった歴史と世界で認識されている歴史が大きく違う・・こうなればまず自分達の国を疑うのが常道ですが彼らは違う。自分達が正しくて他全部が間違ってるということになるのが韓国流。

 特に日本・朝鮮関係の『歴史の違い』に彼らは敏感に反応し、小さなことでも大問題視して騒ぎ立てるのが常ですが、また何やらやらかしているようです。こちらをご覧下さい。(中央日報から以下引用※韓国語)

新羅王がひざまずいた日本の「任那日本府説」絵巻物が米美術館で展示され物議
  ~ 韓国系社会、「歴史歪曲」と反発
  ~ 美術館側は「遺憾」訂正文を掲示

アメリカ有数のアジア博物館に、日本の代表的歴史歪曲である「任那日本府説」を描いた絵巻物が展示され、物議を醸している。

問題の絵巻物は、サンフランシスコのアジア博物館に展示された「八幡神とこれに捧げられた神社に関する話(Stories of the Shinto Deity Hachiman and Shrines Dedi-cated to him・1389年作)」(訳注:原題は「八幡大菩薩御縁起絵巻」)だ。

これには、4世紀に日本の神功皇后が倭国軍を率いて新羅を征伐したという『日本書紀』の内容を描いた場面が入っている。絵の横には「韓国南部の新羅王国との戦争で夫を失った神功皇后が魔法の石を得て新羅との復讐戦で勝つ場面。よろいを着た皇后が新羅王をひざまずかせている。」という説明が付いている。横14m、縦30cmのこの絵巻には、日本軍が竜を先頭に立てて新羅軍を征伐する場面もある。

サンフランシスコのアジア博物館は、首都ワシントンのフリーア美術館と並んで、代表的なアジア博物館に数えられる。この博物館では日本・インドなどアジア各国の説話絵を特別展示中だ。この展示に韓国作品は無い

現地の韓国系社会では、この絵をめぐって非難が巻き起こっている。韓国系市民の情報提供を受けたサンフランシスコ総領事館は先月末、博物館に書簡を送って是正を要求した。

これに対し博物館側は、展示された絵の横の説明に「この場面は韓国人及び韓国系観覧客の怒りを買っている。博物館は、これらの方々の感情を傷つけたことを遺憾に思う。…彼らは展示された絵巻物を撤去するよう要求したが、私たちは教育的な目的のために多様な見解を示し、その見解の差を公開しようと思う」という内容の是正文を追加掲示した。

展示を担当したForrest McGill キュレーターは米州中央日報の取材に対して、「伝説など説話展示会であり問題はないことと思った。抗議を受け入れて是正文を掲示したが、展示された絵を撤去する考えは無い」と表明した。アジア説話展に韓国の作品が一点も無いことに対しては、「躍動的に話を描き出した作品が無かったからだ」と釈明した。

サンフランシスコ韓人会の李ソクチャン会長(48)は6日、「これは単なる韓日間の見解の相違の問題ではない。観覧客らが日本の新羅征伐を歴史的事実だと受け取る恐れがある」と指摘した。韓人会など韓国系諸団体は博物館側に、この絵を展示しないよう引き続き要求する方針だ。展示は10月21日までだ。

(訳文は2chから頂きました)


 絵巻物に『歪曲だ!』ね・・いやはや恐れ入りました。この絵巻物は14世紀に描かれたものだそうですが、『よろいを着た皇后が新羅王をひざまずかせている』・・これが『あるべき姿』ではないので、気にならなかったんでしょう。しかし撤去を求めるかな普通。って普通じゃなかったですねこの人達。


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。