管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
韓国 そろそろ日本に事大してきますですか?
 日韓併合当時、我々は必死に抵抗してそれを阻止しようとしたが、日帝がこの世のモノとは思えないほどの酷い事をして、無理矢理植民地にされたに『違いない!』・・これが韓国で信じられている伝説であります。

 実際には併合を求める声が大きかったり、現実的に併合されたことによって、人口が急増したり近代化が急速に進んだりと『伝説』とは違う面が多々ある日韓併合にまつわるストーリーですが、未だに『被害者史観』という殻から出てこようとしない韓国。

 そんな韓国の中にも、最近では併合時代を『冷静・客観的』に論じようという人達が出てきているようですが、何の目的でそんなことをやってるのか、管理人は訝っているところであります(笑)。その一環なんでしょうか、こんな記事が韓国の新聞に掲載されたようです。こちらをご覧下さい。(韓国日報から以下引用※韓国語)

1910年8月 22日、大韓帝国純宗皇帝が臨席した形式的な御前会議で、総理大臣李完用(イ・ワニョン)は朝鮮と日本の強制併合案を可決させた。日帝はこの事実を1週間も極秘にしておき、8月29日に純宗皇帝の玉璽を捺印させて併合条約を布告した。

庚戌の年に起きた恥辱ということで「庚戌国恥」と呼ばれる。97年前のことだ。この呆れた知らせを聞いて、錦山郡守の洪範植(ホン・ボムシク)は山に登って首を吊って自決し、梅泉黄ヒョン(訳注:「ヒョン」は王へんに玄)は「絶命詩」を残して毒を仰ぎ殉国した。その後も幾多の憂国志士が自決の道を選んだ。

今まで、教科書でそう学んだ。このため、当時の全朝鮮人が当然に悲痛な思いで嘆いたと思っていた。ところが、必ずしもそうではなかったようだ

3・1万歳義挙の際に民族代表33人中の1人として活動し、後に主張を変えた崔麟(チェ・リン)は、韓日併合が公布されたその日の鐘路通り(訳注:京城の中心街)の朝鮮人らはまるで「何事も無かったかのように」賑やかに商売をしたり飲食する「日常」を失わなかった、と述べている。

これを信じがたいと思ったある歴史研究者は、「俄かには理解できない。もしかしたらこの日は29日ではなく、李完用と寺内正毅との間で秘密裡に条約が締結された22日の風景なのかもしれない」と述べた。

しかし、崔麟の記録を裏付ける主張がいくつも出ている。中国の知識人である梁啓超は、1910年9月に書いた文章の中で、合併条約発表をめぐって周辺国の人々は彼らのために涙を堪えられないのに、当の朝鮮人たちは楽しそうにしており、高位の官吏らは毎日、新時代での栄爵を得ようと嬉々として奔走するだけだった、と主張している。

信じがたい言葉だ。ただ、当時の朝鮮人たちが「日常」を失わなかったという点は納得せねばならないようだ。実際、8月29日当日は意外に平穏で、反対デモも全く無かったという。当時の朝鮮民衆は既に諦めの知恵を持っていたのかもしれない。

今更こんな話をしたのは、我々が今日、「愛国心」を云々するのが非難される世の中に暮らしているからだ。サミュエル・ジョンソンは、「愛国心は悪党がこぼし出す最後の排泄だ。」と述べた(訳注: "Patriotism is the last refuge of a scoundrel."(注※「愛国心は悪党が最後に逃げ込む場所だ。」)のことか?)。

その主旨には共感するが共感は半分だけだ。韓国は愛国心を叫ぶ声は大きいが、愛国心は非常に弱い国だからだ。愛国心が弱いから、かえって声ばかり大きくなるのかもしれぬ。

かつて高永復(コ・ヨンボク)は、「我が国の公務員は各種教育はたくさん受けているが、国家に対する忠誠心と家族に対する愛着心を比べてみれば、驚くほど国家に対する忠誠心が弱いと見える。公務員の腹中には家族を超越した大きい社会などは無く、ひたすら自分と自分の家族だけが見えているだけだ」と主張した。社会全般に愛国心が乏しいのは大変なことだ、という慨嘆だった。

一部の先進的な知識人らが国家主義排撃の意図で「愛国心」談論を攻撃する善意に対して、共感はするものの共感は半分だけだという理由も、まさにこの点にある。愛国心が取り沙汰されるのは、韓国のエリート階級が自分と家族の利益を社会と国家の利益に優先させることが蔓延しているために起こる現象だ。共存共栄の原理さえ実現していないという意味だ。そのせいで名も無き庶民が愛国心談論に嵌まり込んで悲憤慷慨したりするのだ。

知識人の批判は、庶民のそうした行動よりも、エリート階級の貪欲に向けられるべきだ。現在の愛国心談論は、そうした貪欲に対する怒りの声に近いからだ。

エリート階級が自分たちの既得権を懸命に固守して、個人・家族次元の貪欲にばかり目がくらんでいては、どんなことが起こるか? 97年前の今日、韓国民衆が見せた物静かさは、正にそうした冷笑の表現ではなかったか。
(康俊晩(カン・ジュンマン)・全北大学新聞放送学部教授)

(訳文は2chから頂きました)


 揺れてますなあ(笑)。教科書に書かれていたんだから『こうに違いない』・・だけど、歴史的な資料からは違う面が見えてくる・・イヤイヤ、それは当時のエリート階層があまりにも酷かったので、民衆は無気力になっていたのだ・・本来なら皆そろって日韓併合に大反対していた『はずだ』・・こんな感じですかね。なんというかこの記事、韓国人の脳内回路を直接見せて頂けた気がします。


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。
スポンサーサイト
朝日新聞さん 他人のフリは無いでしょう
 最近、犯罪仲間を募るという携帯電話のサイトで知り合った男3人が、愛知県内の路上で女性を拉致、ハンマーなどで殴るなどして殺害した上、死体を遺棄したという事件が世間を騒がせております。

 犯人の中には、朝日新聞の勧誘員が含まれており、事件の残虐性とは別の視点からも、注目が集まっておりますが、管理責任を問われるであろう朝日新聞が、社説にてこの事件を取り上げているようなので、紹介したいと思います。こちらをご覧下さい。(asahi.comから以下引用)


女性殺害―闇の職安を放置できない

 あまりにも卑劣で、むごい事件が起きた。愛知県内の路上で、たまたま通りかかった女性を男3人が車に引きずり込み、現金7万円とキャッシュカードを奪って殺害したのだ。

 犯行は身勝手きわまりない。金を目当てに「力の弱い女性を狙った。だれでもよかった」と男たちは供述した。「顔を見られた」といって人の命を簡単に奪い、遺体を山林に捨てた残忍さ。いくら非難してもしきれない犯罪である

 逮捕者には、朝日新聞の購読を勧誘する男も含まれていた。胸がふさがれる思いだ

 事件には第4の男もいた。3人と行動を共にしていたが、凶行の前に警察に名乗り出ていた。その段階で、この犯罪をつかめなかったのか。愛知県警には全容の解明を求めたい。

 犯行の悪質さとともに、今回の事件が浮き彫りにしたのは、インターネット社会の危うさだ

 容疑者たちが知り合ったのは、携帯電話などから接続する「闇の職業安定所」というサイトだ。互いの素性や本名すらよく知らないまま、顔を合わせると女性を襲う計画を立てた。

 接点のない者同士を、ネットは簡単に結びつける。互いに身元を知られにくいことが、犯行へのハードルを下げた面もあるのではないか。

 今回使われたサイトは、犯罪を企てる人間が仲間を募るのにたびたび悪用されてきた。同じようなサイトはいくつもある。「もうかる仕事あります」と呼びかけ、強盗や詐欺に誘い込む。「何でもやります」と書き込んだ男に、実際に殺人を依頼した事件も起きている。

 そんな無法地帯のようなサイトに対し、警察も手をこまぬいているわけではない。民間団体とも連携し、ネットを通じた犯罪に目を向けるサイバーパトロールを進めている。麻薬の売買といった違法行為を見つければ摘発する。

 しかし、「リスクのある仕事」といった書き込みだけでは、摘発は難しい。有害情報と判断し、プロバイダーに削除を求めても、同じような書き込みがすぐに別の場に現れる。なかなか目が行き届かないのがネット社会の特徴だ。

 現実の世の中では、交番の警察官が地域を巡回し、犯罪の疑いがあれば職務質問もする。そんな防犯の手立てを、ネット上でもこれまで以上に考える必要がある。違法な書き込みがないか。事件のきっかけになっていないか。そうしたチェックの方法を工夫して強めていくことが、犯罪への抑止力になるはずだ。

 地域の防犯には、住民の目も欠かせない。ネット上にも、法に触れる内容や有害な情報を見つけた時に通報できる民間の窓口がある。こうした窓口の存在をもっと広く知らせる必要もある。

 インターネットは便利な一方で、危うさをはらむ道具だ。犯罪の温床にしないために、知恵をしぼっていきたい。


 そうですか胸がふさがれる思いですか。って、それだけ!?その後はいつも通りのネット批判。要するにちょっと遺憾に思うけれども、私達はどちらかといえば関係ないよ。悪いのはネットだよと。こう言いたいわけですか?いやまあね、朝日の勧誘員とはいえど別会社の人間なので、直接の責任はないかもしれない。

 だけれども、朝日がこれまで社説で従軍慰安婦問題を取り上げる時に展開してきた『どんなものであろうと一部関与があったのだから、日本軍そして日本政府が悪い。だから被害を主張している人達に謝罪するなり誠意見せろ』という無茶な主張からしてみると、これは朝日が悪いという事になるんじゃないの?


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。
韓国 いつでもどこでも反日騒ぎ
 坊主憎けりゃ袈裟まで憎い・・日本を憎むが故なのかどうなのか、日本海という国際的に定着した名称を『変えろ!』とアチコチで主張しまくっている韓国。(関連エントリーを参照)

 最近では、北朝鮮も韓国と一緒になって喚きだしているこの『日本海呼称』問題ですが、またぞろ何やら喚いているようです。しかも国連の場で。こちらをご覧下さい。(Yomiuri Onlineから以下引用)

「日本海」の呼称、韓国が「東海」との併記主張…国連会議

 【ニューヨーク=佐々木良寿】ニューヨークの国連本部で開催中の第9回国連地名標準化会議で、韓国代表は27日、日本海呼称問題を取り上げ、「日本海」と「東海」の併記を求めた

 また、北朝鮮も「朝鮮海」との併用を主張した

 「単一主権領域を越える地名」に関する議題で取り上げたもので、韓国、北朝鮮代表はそれぞれ、「日本海という呼称は、植民地主義の残滓(ざんし)」などとしたうえで、「関係国に合意がない現状では、併記が唯一の現実的な解決策」などと主張した。

 これに対して日本側は、「同会議は個別の地理的呼称を議論する場ではない」とし、「日本海という呼称は、19世紀初めから国際的に定着したもので、国連をはじめ国際機関でも唯一の呼称として確立されている」などと反論した。

 議論を受けて議長は、3か国に協議を促すとともに、「個別の国が特定の名称を国際社会に押しつけることはできない」などと述べ、日本の主張に理解を示す形で議論を終えた

 同会議は、地名の表記方法や用語の定義など技術的な問題を協議するために、専門家らが参加して5年に1度開催されているもので、韓国、北朝鮮は1992年の会議から同様の主張を繰り返してきた。
(2007年8月28日10時42分 読売新聞)


 ・・・ったく、TPOってモノが一ミリたりとも理解出来てないですね。ああヤダヤダ。技術的な問題を協議するために開催された会議で、自分達のワガママを通そうと喚き散らしたと。何というか、野蛮ですね本当に。こういう国は、国際社会に出てきてはいけないと思う。


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。


関連エントリー:韓国 また始まった粘着ストーカー行為
アッチ系はどうしたって批判するんだよね
 歴史的な大敗北から早いもので1カ月が経過し、ようやく党執行部の役員人事と改造内閣の人事が固まったようです。麻生外相の党幹事長起用、町村氏が麻生外相の後を受けて外相に就任するなど、注目する点はいくつもありますが、今回の人事での顔ぶれを見ていると、『お友達内閣』などと揶揄されていた状態からは脱せたのかな?・・そんな感想であります。

 しかし一部メディアからしてみると、そうは思えないようでありまして、こんな記事を書いている新聞を発見しました。ええ、もちろんアッチ系であります。こちらをご覧下さい。(東京新聞から以下引用)

自民役員人事 『親友執行部』早くも批判 首相、党立て直し不透明

2007年8月27日 夕刊

 安倍晋三首相(自民党総裁)は二十七日、自民党役員人事で、幹事長に麻生太郎氏、政調会長に石原伸晃氏、選対総局長に菅義偉氏と、いずれも信頼の厚い議員を指名した。この顔ぶれで執行部を固めて、行き違いが多かった首相官邸と党側の連携を強化する狙いがある。

 昨年七月に北朝鮮が弾道ミサイルを連射した際に、官房長官を務めていた安倍氏と、外相だった麻生氏は緊密に連携して対北朝鮮の制裁に関する国連決議の採択にこぎつけた。これを契機に両氏は信頼関係を築いた。

 昨年九月の総裁選で両氏は激突したが、信頼関係は崩れず、総裁の座を射止めた安倍氏は麻生氏の幹事長起用を検討。森喜朗元首相が「待った」をかけたため、重要閣僚の外相として処遇した。

 参院選惨敗後も、麻生氏は首相続投をいち早く支持。首相の信頼はますます厚くなり、「麻生幹事長」は今回の人事で最も早く固まった。野党との折衝の要となる国対委員長に大島理森氏が起用されたのも、麻生氏が強く希望したためだ。

 石原氏は一九九八年に首相と塩崎恭久氏、根本匠氏の四人で「NAIS(ナイス)の会」を結成し、行動をともにしてきた首相の「盟友」だ。

 菅氏は安倍政権の誕生に尽力して総務相に起用された。首相は政治手腕を高く評価しており、一時は官房長官起用を検討したとされる。

 麻生執行部は次期衆院選をにらみ、参院選で大打撃を受けた党勢の立て直しに取り組む。麻生氏は「地域間格差を埋めるのが大事」としており、地方対策の見直しに力を入れる。

 ただ、「この顔ぶれでは、『お友達内閣』どころか『親友』執行部だ」(閣僚経験者)との批判が早くも出ている。麻生氏が率いる麻生派はわずか十六人の小派閥。麻生氏が、首相続投への不満がくすぶる党内を抑えられるか不安が残る。

 参院の与野党逆転により、民主党との協議が重要になるが、麻生氏と民主党とのパイプも見当たらない。麻生執行部が民主党の攻勢をしのいで、党を再生できるか不透明だ。 (政治部・渡辺隆治)


 親友執行部ね・・で、これを言ったのが閣僚経験者ですか。まあ、おそらくあのエロ何とかさんとか、某大将あたりから出た発言なんでしょうが、二階さんが総務会長になってますけど。それに、安倍首相の盟友がどうのという話も出ていますが、一番の盟友である塩崎氏は官房長官を降ろされてます。ただ『もっと悪いイメージ』を貼り付けたい・・それだけだろうこの記事は。


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。
韓国 と、とにかく奪還だ!マンセー!!
 韓国の文化財を返せ!!!・・こう言って最近、日本にある韓国由来の文化財を日本になぜあるのかという理由の如何を問わず、『略奪された』と決め付けて返還運動なるものを開始している韓国。

 かなり前のエントリーになりますが、こういった話を取り上げたことがありましたが、またぞろ何やら喚いているようです。まずはこちらのニュースをご覧下さい。(聯合ニュースから以下引用※韓国語)

(ソウル=聨合ニュース)24日、ソウル中央地方裁判所で開かれた朝鮮王室儀軌返還の調停が被告側である日本王室と政府の不参により延期された

ソウル中央地方裁判所民事92法廷(チョン・タジュ判事)はこの日、朝鮮王室儀軌還収委員会(共同議長、月精寺チョンニョムら)が日本王室及び政府を相手に出した調停申請に対して被告不参を理由に調停期日を9月7日に延期すると明らかにした。

チョン・タジュ判事は「被告から受けて裁判所が送逹した書類を、受けとったという返事がなかった」「外国政府を相手にした調停であるため、書類送逹に多くの日時がかかるかもしれないと判断して、調停期日を延期した」と説明した。

原告側キム・ヒョンナム弁護士は「日本政府が書類を受けとっていないことはないだろう」と言いながら「日本政府が最後まで調停に不参加だったら強制調停を要求する」と明らかにした。裁判所が原告の要請を受け入れて強制調停命令を下した場合、被告は二週間以内に異意を申し立てなければならない。異意申し立てがない場合、強制調停命令は確定判決と等しい効力を持つ

キム弁護士は「韓国の裁判所から強制調停命令を受けた後、日本の裁判所に強制調停の効力を承認してくれるよう要請する計画」と明らかにした。還収委共同代表、チョンニョム和尚「日本王室と政府を韓国法廷に立てることは、実は容易ではないでしょう」と言いながら「法的な判断が出る前に、日本政府が肯定的な返事を出すことを期待する」と明らかにした

朝鮮王室儀軌は、朝鮮時代王室の儀礼を絵と文で整理した記録で今年6月ユネスコ世界記録遺産に指定された。現在、日本王室宮内庁は1922年朝鮮総督府が寄贈した72種の儀軌を保有している。


 バカかこいつらは・・お手盛りの調停やらかして、当然のごとく無視した日本の皇室や日本政府を相手に強制調停命令だあ?アホか。いちいちお前らのキチ○イ沙汰に付き合ってるヒマなどないんだよ。日本の皇室や政府はね。

 というかね、日本に『王室』なんてありませんよ。そもそも送り先を間違ってる。それで『返事がないから強制調停だ』だの、『法的な判断が出る前に、日本政府が肯定的な返事を出すことを期待する』だのとのたまう。もう逝ってしまえ。

 大体だな、以前のエントリーでも指摘したけれども、お前らは『日帝に奪われた文化財を取り戻した!マンセー!!』をやりたいだけだろうが。ゴリ押しが通って返って来たとしても、漢字読めないわ実は内容には興味ないわで、どうせうっちゃって失くしちまうのがオチだ。


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。


関連エントリー:韓国 略奪・・それは魔法の言葉
韓国 関係ないのになぜか怒る斜め上の国
 日本が嫌いだ!日本が憎い!などと言いながら、なぜかいつも日本の事を気にしている特定アジアの国々。昨日のエントリーでは、安倍首相がインドを訪問し、インド国会での演説を行った事に対して、中国紙が『中国を無視している!こっち向いて!(※管理人要約)』などと喚いていたことを紹介しました。

 関係を深める日本とインド。民主主義という価値観を共有し、安全保障面でも協力できる点が多々あるインドと関係を深めることは、これ極自然な事なわけですが、中国様はお気に召さない様子。

 まあ、中国が日本とインドの関係強化を快く思わないのには、それなりの理由がありますので、まだ理解出来なくはない。が、こいつらにいたっては、まったく理解不能。韓国政府が何やら喚いているようなので、取り上げてみたいと思います。こちらをご覧下さい。(中央日報から以下引用)


政府「安倍首相の戦争責任否認趣旨発言は遺憾」

政府は24日、安倍晋三日本首相が太平洋戦争の戦犯に対して無罪意見を出したインド国籍のパール判事を称賛する趣旨の発言をしたことに関連し、遺憾の意を込めた論評を発表した

パール判事は1948年の極東国際軍事裁判で、裁判官のうちA級戦犯25人の全員無罪を主張し、戦争責任に対する日本無罪論の法律的根拠を提供した。

政府は外交通商部報道官名義の論評で「政府は、安倍首相が、過去の日本の侵略戦争に対する法的責任を認めた極東軍事裁判の結果を否認するものと解釈されうる発言をしたことに対し、深い憂慮と遺憾を表す」と明らかにした。

論評はまた「政府は、日本政府が過去の過った行為を否定しようという試みを即時中断し、正しい歴史認識を土台に世界の平和と安定のために真摯に努力することを求める」と強調した。

安倍首相は22日、インド国会での演説で、「極東国際軍事裁判で気高い勇気を示されたパール判事は、たくさんの日本人から今も変わらぬ尊敬を集めている」と述べた。

また安倍首相は23日、パール判事の遺族と面談した際、「時を経てご子息にお目にかかれて感慨深い」と語った。

李哲煕(イ・チョルヒ)記者


 あのー、もう若干言い飽きちゃったけれど、再度確認しておきますね。日本は韓国と戦争してません。よって極東軍事裁判が云々は全くもって100%韓国には関係ありません。なのに正しい歴史認識がどうのと喚いております。常々思っていることではありますが、やっぱりこの人達どこかおかしいですね。


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。
中国 お願いだから仲間はずれにしないで!
 オリンピックという大イベントを目前に控え、どうしても世界からの注目が集まってしまって、予想外に困った事になっている中国。環境汚染だ中国製品が危険だ時代遅れの露骨な覇権主義をあらわにしているだ国内外問わず虐殺・弾圧やりまくってるだのと、どれも度を超えた問題ばかりで、最近では中国という国を警戒視する向きも増えております。

 警戒するということは、出来るだけお付き合いを控えよう、あるいは他の誰かと仲良くして、『中国が何かやらかした時』の備えをしておこう。こんな動きに繋がってまいります。もちろん日本も例外ではありません。

 これまで日中友好!というスローガンに『騙されていた』日本ですが、最近では見れば見るほど知れば知るほど友好するに値しない国であることが明らかになり、よりお付き合いし易い国との連携強化を目指している日本。これに焦ったのか、中国が何やら喚いております、こちらをご覧下さい。(毎日新聞から以下引用)


中国:安倍首相は「中国排除」訪印演説でメディアが批判

 23日付の中国英字紙、チャイナ・デーリーは安倍晋三首相が日米とインド、オーストラリアの4カ国の連携強化を呼び掛けたインドでの国会演説について「中国なしのパートナーシップを推進」との見出しで批判した。

 中国では、民主主義を共有する4カ国の連携を目指す安倍首相の「価値観外交」に強い反発がある。同紙は、民主主義国家の同盟という考えはこの地域の平和と安定に有益でないと指摘。また「中国をライバル視したり、封じ込める試みはうまくいかない」との専門家のコメントを紹介した。

 国外の報道を翻訳して転載する新華社系の新聞「参考消息」は、1面トップで「安倍首相は中国を排除して大アジア構築狙う」との見出しを付けて演説内容を伝えた。(北京・共同)


 プププ・・焦っております焦っております。ここに安倍首相の演説全文へのリンクを貼っておきますが(外務省)、確かに中国のちの字も出てこない。が、つまり裏を返せば『中国なしのパートナーシップを推進』とか『中国を排除する』などという言葉も出てきていないわけです。いつ何時でも中国の事を考えて発言しろ!とでも言いたいんですかね。気持ち悪い。


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。
韓国 証拠が無いから払えません!ってハア?
 日韓基本条約が結ばれたことによって、日本に対するいかなる賠償請求も出来なくなった・・こんな事実が『最近』になって知られるようになった韓国。

 それまで、国を挙げて日本に賠償しろだの補償しろだのと騒ぎまくっていた彼らですが、実は日本ではなく韓国政府に応じる義務があるということが分かった。(※ただし『個人の賠償請求権は別』などとのたまって、未だに日本から金を毟ろうとしている人達もいます・・)

 ということで、韓国政府は『私は被害者だ。何らかの補償をしろ!』と迫ってくる人達に対して、調査をしたうえでお金を出すことにしたのですが、いざ支払い側に回ってみると、こんなんなってます。こちらをご覧下さい。(KUKIニュースから以下引用※韓国語)

慰安婦お婆さん、10人に9人は判決不可 … 政府:「立証資料不足」

全羅北道の鎮安に暮らす金某さん(85歳、女性)の娘の李某さん(55)は2005年、国務総理傘下の日帝強制動員真相糾明委員会に慰安婦被害申告をした。全州にある紡織工場で働いていた1940年頃に同僚職工たちとともに中国の奉天に移って良い暮らしをしていたとばかり思っていたお母さんが、慰安婦出身だという事実を、一歩遅れて知ったからだ。

李さんは、「奉天に暮らしていた母が1992年の韓中交流をきっかけに入国し、韓国に住んでいた母方のおじと抱きあって泣きながら『強制的に連れて行かれた」と言うのを聞いて、初めて慰安婦出身だという事実を知った」と糾明委に表明した。

金さんは娘に、「中国で淫らな経験をした。子供が生めないところだったが、舅が薬を飲ませてくれて生むことができた」と語った。金さんはまた、折にふれて日本軍に対する怒りを顕わにしたという

真相糾明委は、奉天に日本軍慰安所があったことや陳述が相当に具体的である点など様々な情況から、金さんが慰安婦だった可能性が高いと判断したが、これを立証することができないまま調査を打ち切った。十分な関連資料を確保できなかったためだ。

真相糾明委は、2005~2006年に従軍慰安婦被害申告を受けた332件のうち156件に対して、最近調査を完了した。しかし、わずか16件に対して慰安婦被害事実を認めて補償金支給を決めただけで、136件については「判決不可能」と判断して終結処理した。残る4件は調査は終わったものの糾明委内の意見が食い違って最終判断が保留された状態だ。今月17日に改定された「日帝強占下強制動員被害真相糾明等に関する特別法」施行令は、立証困難な申告事例を判決不能として終結処理できるように規定している。

真相糾明委関係者は22日、「立証できなかった136件のお婆さんたちについては、新しい資料が発見されない限り歴史の中に埋もれることになるだろう。全332件のうち調査中の残る176件も、こうした状況では同じ境遇になる可能性が高い」と語った。

判決不能が大部分であることについて真相糾明委は、日本政府の協力不足を一番目の理由に挙げている。慰安婦動員について日帝も深刻な犯罪行為だと認識していたため公式文書をすべて廃棄したうえ、現政府も個人情報保護を理由に関連資料の提供を拒否している、というのが真相糾明委の説明だ。出国事由や身元などが記録された日帝時代の各種出入国書類は慰安婦動員事実を立証できる資料だが、日本政府は個人情報項目をすべて消した写本のみ提供しており、真相解明には全く役立っていない。

このように直接資料がまるで不足しているため、多様な傍証資料収集と現地実査だけが慰安婦被害事実を糾明する道だ。しかし真相糾明委内の慰安婦調査チームには、僅か2人が配置されているだけだ。慰安婦調査チームの関係者は、「徹底的な調査が必要なのに資料も人力も予算も不足だ。90%以上が判決不能となるしかない現実がもどかしい」と語った。申請者の一部に、補償金を狙ってありもしない事実を作ったり話を誇張している例も少数ながらある模様で、真相糾明を一層難しくしている。

(訳文は2chから頂きました。)


 あららら??普段は証拠などなくとも『証言』だけで賠償要求を繰り返してるのに、自分達が払う段になるとこれですか。まあ、もともと『日本軍が人狩りをして女性を性奴隷に仕立て上げた!』などというのは与太話なので、証拠などあるわけがないのですが、払ってあげなさいよ韓国政府は。

 さて、韓国政府にイヤミを言うのはこれくらいにして、チト気になるところにツッコミを入れておきましょうか。まず、確か韓国側では『20万人』という途方も無い数の女性が慰安婦にされたんだという話が『信じられて』いますが、実際に名乗り出た人数というのは、随分少ないですねえ。かなり昔の話だとしても少なすぎやしませんか。

 次に『強制的に連れて行かれた』と主張する自称慰安婦の方。主語がありませんよ主語が。誰に連れて行かれたんですか?世の中には悪い奴というのは居るもので、騙して連れて行って慰安婦にする、なんて話はゴーロゴロしていた時代ですからねえ。

 んで、『慰安婦動員について日帝も深刻な犯罪行為だと認識していたため公式文書をすべて廃棄した』などと断言している真相糾明委とやら。あのな、証拠が出てこないからって『すべて廃棄した』などというのはやめろ。これはただの『妄想』です。都合の悪い事はすべて日本が悪い事にするのもやめろ。


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。
中国 自業自得というやつ
 中国製品は危ない・・食品に限らず、ありとあらゆる中国製品に疑惑の目が向けられるようになってきた今日この頃。特に米国では『チャイナフリー』商品なるものが登場するなど、中国にとって、これまでになく厳しい状況になってきております。

 こういった安全性の問題が浮上すると、これまで中国は対抗プロパガンダ(お前のところも悪いじゃないか!と言って問題を『作る』)をぶって切り抜けてきたのですが、今回の『大きな波』の前には効果は薄く、とうとう泣きが入っているようです。こちらをご覧下さい。(CNNから以下引用)

製品回収は「不公平」と中国当局者

2007.08.20
Web posted at: 16:50 JST
- CNN/REUTERS

北京──中国国家品質監督検査検疫総局の李長江局長は19日、国営テレビの番組で、安全性の問題を理由とした中国製品の回収が、政治的動機に基く不公平な措置であるとの認識を明らかにした

李局長はあらかじめ選ばれた国内外の企業幹部や記者団に対し、当局が品質チェックに最善を尽くしており、米玩具大手マテルが中国製品の大規模自主回収に乗り出してからは特に努力していると強調。「中国製品を信頼してほしい。子どもたちはわれわれの未来であり、その健康や安全は非常に重要だ」と述べた。局長はまた、世界的規模の国内玩具製造業に、300万人が従事していることを明らかにした。

番組では、司会者がプラスチック製人形の眉から鉛が検出されたことを説明し、李局長が「手に持っても危険性はない」と明言するなどの場面があった。局長は、99%の中国製品が安全基準に沿っていると述べ、「中国製品を悪者扱いにしたり、中国製品を脅威として語ることは、新種の保護貿易主義だ」とコメントした。

李局長はさらに、中国製品の安全性が問題になったのがここ数カ月であることを指摘。「2004─06年と今年上半期、輸出品の90%以上は基準を満たしていた。今になってなぜ問題視されるのか」と疑問を投げかけた。局長はまた、国内企業が中国製品に現在吹いている「冷たい風」に耐えられるの見方を示す一方、中国に対する偏見や、品質に対するクレームの形を借りた中国への嫉妬に直面せざるを得ないだろう、と発言した


 中国製品を信頼してほしい。子どもたちはわれわれの未来であり、その健康や安全は非常に重要だ・・この言葉が空しく響きますね。とてもそうは思えない製品の作り方をしているから、ここまで叩かれていることに、いつになったら気がつくのか。おそらく、気づくことはないんでしょうねえ。こんな事をいってるところを見ると。

 プラスチック製人形の眉から鉛が検出されたことに対して『手に持っても危険性はない』と断言。こんなものは詭弁だ。確かに手に持っただけでは危険性は少ないかもしれない。が、子供特に小さい子供はおもちゃに限らず何でも口の中に入れようとする。口の中に入ったときに、危険性は無いんですかね?あるに決まってるだろうが。

 
banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。
民主党 国連中心主義などと寝言を抜かすな
 反対だと言ったら反対だ!・・先日、米国のシーファー駐日大使をわざわざ呼びつけ、改めてテロ特措法延長に反対する姿勢を強調した民主党の小沢代表。

 党内からは『延長反対は国益に反する』という声が上がっているものの、小沢氏はどこ吹く風で今日も元気に吼えております。こちらをご覧下さい。(北國新聞から以下引用)

特措法延長反対は党の姿勢-小沢氏、安倍内閣を批判(8/21 12:34更新)

 民主党の小沢一郎代表は21日午前、都内で開いた「小沢一郎政治塾」で講演し、テロ対策特別措置法の延長に反対する考えをあらためて示すとともに、「シーファー駐日米大使に(延長に反対との)個人の考え方を言ったように伝えられているが、党の基本原則を説明しただけだ」と述べ、反対は党としての姿勢だと強調した。

 小沢氏は同法に基づく自衛隊の支援活動などに関して「国連とは関係がない米国の戦争に物資を補給している。(自衛隊の海外派遣などに関する)基本原則をなし崩しにしている」と指摘した。

 安倍内閣については「秋の臨時国会がいつ(開かれる)かも分からない。脳死状態だ」と厳しく批判。一方で民主党に関して参院で与野党逆転を実現したことで「非常に重い使命(を担うこと)となった」と述べた。


 米国の戦争に物資を供給している・・まあ確かにこういった側面もあるでしょう。が、基本的には国連決議に基づく支援を日本は行っているんですが、それは無視して『とにかく反米』ですか小沢さん。いまどき国連中心主義って・・古すぎやしませんかね。

 日本の安全保障を考える上で、屁のツッパリにもならない国連と、日本と『同盟』を結んでいる超大国の米国。どっちが頼りになるのか考えるまでもないだろう。多国間の協調体制も大事だが、米国との同盟関係をおかしくしてしまっては、元も子もない。こういったケースが現実になった時、どうするのか小沢さんに聞いてみたいものです。(sankei webから以下引用)

中国、太平洋の東西分割提案か 米軍は拒否

 17日付の米紙ワシントン・タイムズは、キーティング米太平洋軍司令官が最近訪中して中国軍事当局者と会談した際、中国側が、太平洋を東西に分割し東側を米国、西側を中国が管理することを提案したと報じた。米側は拒否したという。提案の詳細には触れていない。

 米太平洋空軍のへスター司令官は「空間を誰にも譲らないのが、われわれの方針だ」と記者団に述べ、西太平洋地域を米軍の影響下に置く必要性を強調した。

 米政府内の親中派の間では提案に前向きな受け止めもあったが、国防当局は西太平洋の覇権を中国に譲り渡す「大きな過ち」だと主張。日本などアジアの同盟国との関係を台無しにしかねないとして断ったという。(共同)


 次の米大統領選で民主党候補が勝ったら・・親中派がウジャウジャいる民主党が政権を取ったら・・そして日本の民主党が政権交代に成功して『このままの姿勢』を続けたら・・今の段階では荒唐無稽にしか思えない中国の提案も、ヘタをすると現実のモノとなってしまうかもしれない。そうなると中国の影響下に置かれることになるわけですが、そんなものはゴメンだよ小沢さん。


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。


関連エントリー:民主党 このまま行くんですか?
中国 本当にこれでオリンピックやるの?
 来年の8月に行われることに『なっている』中国は北京でのオリンピック。平和の祭典とも言われるオリンピックの開催地として、『国内だ』と言い張る地で現在進行形で虐殺・弾圧を続けていたり、遠いアフリカの地で大虐殺に加担していたりする中国が相応しいのか、早くから疑問の声が上がり、最近はこの声が高まってきております。

 さらには、競技を行うという現実的な問題でも、深刻な大気・水汚染や『何が入ってるか分からない』ロシアンルーレット状態の食料事情があり、参加国の中には選手の体調を気遣って、直前合宿を日本で行うというところが出てきているようです。(産経)

 こういった動きは、今後さらに加速していくものと思われますが、もう決まった事とはいえ、そこまでして北京で開催する意味があるのか?と考えざるを得ません。この件にしても、オリンピック開催に当たって中国が当初約束していた話とは大きく違ってきていますし。こちらをどうぞ。(asahi.comから以下引用)

中国、批判的スクープ「禁止令」 段ボール肉まん事件で

2007年08月18日19時47分

 北京テレビによる「段ボール肉まん捏造(ねつぞう)報道」をきっかけに、中国当局が報道規制を強めている。複数のメディア関係者によると、事件直後、偽食品摘発や重大事件などマイナス面の調査報道やスクープ報道を禁止する通達が出された。当局は来年8月の北京五輪に向けて報道の規制緩和の方針を打ち出しているが、メディア関係者は「以前より社会問題の報道に対する引き締めが厳しくなった」と指摘する。

 複数のテレビ局や新聞社の関係者の証言によると、通達は肉まん事件が起きた直後の7月下旬、共産党中央宣伝部から各メディアに出された。

 通達では、肉まん事件は、北京五輪を控えた重要な時期に海外で中国産食品についての過剰な批判を引き起こし、国家の対外的なイメージやメディア界の信用を著しく失墜させたと強調。調査報道やスクープ報道は「市民を不安にさせ、社会の混乱を招く危険性がある」と警告し、各社の独自取材による批判型記事掲載の自粛を指示した。

 当局は、捏造報道を見つけ出すため、各地方の党宣伝部や新聞社、テレビ局に対し、視聴者や読者から報道内容への批判や情報提供を受け付ける専用電話を設置するように命じた。捏造報道を転載した他のメディアの責任も追及するという厳しい内容だ。

 通達後、紙面をにぎわせていた危険な食品や問題製品についての記事はほとんど見なくなり、当局が発表した安全対策や中国製品の合格率の高さをアピールする報道が目立つ。地元紙記者は、通達直後、上層部から「国家のイメージを損なう報道はいっさいするな」と厳命されたと語る

 中国では、メディアは共産党の方針や政策を宣伝する「党ののどと舌」(代弁者の意味)と位置づけられ、報道の自由は制限されている。しかし近年、環境問題や食の安全の分野で、各放送局や新聞社の記者が独自に調査して告発する報道が増加。「政府や政策を直接批判する内容以外はほぼ許されていた」(テレビ局記者)

 「肉まん事件」は、こうした緩和の流れに水を差した形だ。「五輪を控え、当局はさらに『社会の安定』を重視し、締め付けは一層厳しくなる可能性が高い」(中国の大手新聞社記者)という。


 肉まん事件をきっかけに報道規制が強化されたと。私は個人的に、あの肉まん事件騒動というのは『やらせのやらせ』だったと思っておりますが、中国当局はこれを口実に報道の自由を拡大するという約束をやぶっているわけですね。

 結局、オリンピック開催を許容する代わりに、中国という国を変えようという各国、特に欧米各国の思惑は見事に外れそうです。それどころか、あのナチス時代のドイツで開かれたオリンピックのように、国家というか中国共産党の正当性をアピールする『だけ』のクダラナイものになってしまうんじゃないでしょうか。


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。
北朝鮮 災害=各国から金を毟るチャンス
 北朝鮮が歴史的な豪雨に見舞われている・・かなり大規模な被害が出ており、なにはともあれ各国は支援に回るだろう・・そんな中で日本が北朝鮮への強硬姿勢を貫いて支援しなければ外交的に孤立する・・昨日のエントリーでは、このような意図ミエミエの記事をさらしあげました。

 災害に遭った方には、心から同情し、お見舞いを申し上げたいと存じますが、これを『政治的・外交的』に最大限利用しようと企む北朝鮮の支配層には同情できない。さっそくこんな形で災害を利用しております。こちらをご覧下さい。(中日新聞から以下引用)

南北首脳会談を10月2日からに 「北」の水害復旧を優先

2007年8月19日 朝刊

 【ソウル=中村清】韓国青瓦台(大統領府)は十八日、平壌で今月二十八日から三十日まで予定されていた盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領と北朝鮮の金正日(キム・ジョンイル)総書記との首脳会談を、北朝鮮の豪雨被害復旧を優先させるため、十月二日から四日までの日程に延期することで合意したと発表した。

 青瓦台の千晧宣(チョン・ホソン)報道官は「北朝鮮の水害は相当に深刻だと把握しており、首脳会談延期に関して(北朝鮮側に)別の意図はないようだ」と述べた。七年ぶりの南北首脳会談開催は一カ月余り先送りされるが、南北関係や北朝鮮核問題などに大きな影響はないとみられる。

 青瓦台によると、北朝鮮の朝鮮労働党統一戦線部の金養建(キム・ヤンゴン)部長が十八日午前、韓国国家情報院の金万福(キム・マンボク)院長に対し、今月上旬の豪雨で発生した水害被害の復旧が急務のため、盧大統領の訪朝を十月初めに延期するよう文書で要請してきた。

 北朝鮮は文書で「首脳会談開催の立場に変わりはない」とし、盧大統領の専用車による訪朝などを決めた実務協議での合意内容も有効であると明記。このため、韓国政府は同日午後の緊急会議で延期要請の受け入れを決め、十月二日からの日程を提案したところ、北朝鮮側も了承したという。

 韓国統一省は七十一億ウォン(約八億五千万円)相当の生活必需品の緊急支援を表明したが首脳会談の延期合意を受け、早急に追加支援策を検討するとみられる

 【北朝鮮の水害】 7日から北朝鮮を見舞った集中豪雨で、平安南道や江原道など中南部を中心に家屋の倒壊や交通網の寸断など深刻な被害が出た。朝鮮中央通信によると、これまでに数百人が死亡、行方不明となり、約8万8400世帯の家屋が倒壊・浸水し30万人以上が被災。全国で11%の農地が流失・水没したほか、炭鉱で数十万トンの石炭が流失。食糧事情や経済の悪化が懸念される。北朝鮮では昨年7月にも水害が発生、韓国の統計では死亡・行方不明者は約150人とされる。

 (共同)


 南北首脳会談が延期ですか。盧武鉉大統領が楽しみにしていたんですけどね。北朝鮮の思惑としては、延期することによって、援助金や物資をもっと持ってこさせようということなんでしょう。韓国がグズれば『じゃあ会談やらなくて良いのね?それで選挙に勝てんのかなあ?』なーんて言うに決まってますわな。

 
banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。


関連エントリー:日本が孤立?それがどうした
日本が孤立?それがどうした
 先の参院選で与党の敗北を何よりも願っていたであろう北朝鮮。選挙前から与党劣勢が伝えられ、調子に乗ってあーだこーだと投票日直前にグダグダと訳のわからないことを抜かしていた北朝鮮ですが、選挙に負けても願望通り退陣しない安倍首相に苛立ったのか、日本国内の『御用コメンテーター』と『機関紙』にこんなことを書かせています。(Yahoo ニュースから以下引用)

安倍政権 綱渡り外交

8月17日10時1分配信 日刊ゲンダイ

 北朝鮮が歴史的な豪雨に襲われている。「1967年の大洪水に匹敵する降水量」と分析する気象専門家もいるという。すでに農地の流失や道路の寸断といった被害が出ていて、これが農作物の収穫に影響が出るのは確実。もともと厳しい北朝鮮の食糧事情がさらに悪化しそうだ。

数百万人が餓死したといわれる96、97年の再来になるかもしれません。大雨、洪水の被害は深刻で、北朝鮮は関係各国に食糧などの援助を求めることになるでしょう。その結果、日本はとことん外交的に孤立していく危険性があります

 こう言うのは、コリア・レポート編集長の辺真一氏だ

 北への強硬姿勢をバネに政権を手に入れた安倍首相と違って、国際社会は「ならず者国家」に寛容だ。核施設の無能力化など「次の段階」を履行する前にもかかわらず、韓国に次いで中国まで5万トンの重油支援に乗り出そうとしている。「支援の輪」が広がる中で発生した大洪水に対しても、各国が食糧支援を実施するのは間違いない

 それでも安倍が支援を拒否すれば、日本は窮地に追い込まれる

「これまでの日本政府の作戦は、北朝鮮が食糧難に陥り、助けを求めてきたら、拉致問題の再調査と引き換えで援助するというものでした。安倍政権は、小泉首相が再訪朝で約束した25万トンの食糧支援のうち半分を経済制裁でストップさせた。この12万5000トンを切り札に、北朝鮮から拉致問題での譲歩を引き出す狙いだったのです。しかし、この大洪水で各国が食糧支援をしたら、日本の出番はなくなり、拉致問題進展も遠のくばかりです。“お願いだから支援させて下さい”と頭を下げるコッケイな姿になりますよ」(辺真一氏=前出)

 改憲論議はもちろん、集団的自衛権の行使をめぐる憲法解釈の変更もできない今、北との対決は最後に残った安倍カラー。
 それを残しながら孤立を避ける綱渡りに失敗すれば、安倍は素直に看板を下ろし店じまいするしかない。


 言い方を変えた『バスに乗り遅れるな!』ですね。というかね、何度も何度も当ブログで指摘してまいりましたが、こと北朝鮮問題に限っては、周り全部が強硬姿勢という場合からの孤立でない限りは、孤立上等なんですよ。北朝鮮の人民が死ぬ?約10年前のように?だから何?という話です。冷たいようですが、あの『政体』である限りは、こういった問題は必ず再発する。

 私は被害を過大に言い立てるという北朝鮮の『死ぬ死ぬ詐欺』だと思っていますが、仮に本当の話だとしても、各国が食料支援をして人民が本当に助かるのか。大いに疑問だ。どうせ各国からせしめた食料を転売して核・ミサイル開発に使ったり、優先的に生命線である軍に回すのがオチだろう。もうウンザリなんだよ。結末は見えてる。


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。
韓国 三度のメシより恫喝行為が好き
 米国のある美術館の『伝説など説話展示会』に展示されていた『絵巻物』を巡って、韓国人たちが『歴史歪曲だ!!』などと大騒ぎしている・・こんなニュースを先日のエントリーで紹介しました。(関連エントリー1,2を参照)

 この絵巻物は14世紀に日本で描かれたもので、神功皇后の新羅征伐をテーマにしたもの。伝説など説話展示会ということで、決して『これが正しい歴史だ!』などと意気込んだモノではなかったのですが、なぜか韓国人たちは大激怒。

 そんな彼ら、美術館側に絵巻物の展示をやめるよう恫喝したり、なぜか日本大使館・領事館に抗議するなど無茶苦茶をやっておりましたが、続報があったので紹介したしたいと思います。こちらをご覧下さい。(中央日報から以下引用※韓国語)

「日本の新羅征伐は虚構です」 … 日本の絵巻物の説明文を訂正~ サンフランシスコの美術館:「韓国系市民などの感情を傷つけたことを反省」

サンフランシスコのアジア美術館(AAM)に展示されている「歴史歪曲日本絵巻物」に対して韓国系社会の抗議が続いた結果、美術館側が「韓国系市民を含めて観覧者たちの感情を傷つけたことを深く反省しております」との内容の追加説明文を掲示した。

美術館側は、今週から新たに掲示したこの説明文で、「『神功皇后の伝説』絵巻に描かれた、日本が昔の新羅王国を征伐したという説話内容について、全世界の歴史学者たちは虚構と見ており、日本の新羅征伐がこの当時にあったという証拠はどこからも見出せない」、とした。

韓国系社会の関係者らは、美術館の今度の措置は本紙を含めた米州・韓国メディアによる相次ぐ指摘と韓国系社会の持続的な是正要求の賜物だ、と評価した。<後略>

(訳文は2chから頂きました。)


 あららら・・謝罪させれられております。お気の毒に。よっぽど酷い吊るし上げをくらったんでしょうかね。まあ、記事の最後に誇らしげに書かれている通り、韓国系メディアが煽り、反応した在米韓国人(韓国系米国人を含む)らが、いつものように大量のファックスを送りつけたり、抗議に出向いて喚き散らしたのは間違いないでしょう。

 で、謝罪させるだけでに止まらず、キッチリ『韓国式歴史認識』を注入。美術館側はこう言わされてるだけなのかもしれませんが、『日本が昔の新羅王国を征伐したという説話内容について、全世界の歴史学者たちは虚構と見ており、日本の新羅征伐がこの当時にあったという証拠はどこからも見出せない』ってこれはどうだろう?

 全世界の~なんて『大げさな』言葉が入ってる時点で、胡散臭さ全開なわけですが、じゃあ『広開土王碑:参考wiki』の記述に『新羅・百済は高句麗の属民であり朝貢していたが、倭が4世紀に海を渡り新羅・百済を破り、臣民にしてしまった(※管理人要約)』とあるのはどう説明するんですか?広開土王碑は『日本の』歴史資料ではなく『そちら』のものですが。

 
banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。


関連エントリー1:韓国 あるべき姿ではないので撤去!
関連エントリー2:韓国 これはもう病気です重症の
河野洋平 調子に乗るのもたいがいにしろよ
 8月15日・・ここ数年間、この日に首相が靖国参拝するかどうかで前後約1ヶ月の間、マスコミを中心に世間が騒がしくなっていましたが、今年は首相をはじめ殆どの閣僚が参拝をしないという方針が前もって明らかになっており、それほど騒がしくなりませんでした。

 8月15日という日に、戦没者への哀悼の念を心に静かに過ごす・・騒がしくならないことは良いことだとは思いますが、首相以下殆どの閣僚が靖国神社に参拝しないという状況はチト悲しい。そんな複雑な心境で昨日はおりましたが、同じ日に行われる『全国戦没者追悼式』にて、ある男が私の悲しみを怒りに変える発言をしました。(Yomiuri Onlineから以下引用)

河野衆院議長、戦没者追悼の辞で「戦後レジーム脱却」批判

 河野衆院議長は15日、政府主催の「全国戦没者追悼式」での追悼の辞の中で、「(日本国民は)海外での武力行使を自ら禁じた『日本国憲法』に象徴される新しいレジーム(体制)を選択して今日まで歩んできた」と述べ、安倍首相が掲げる政権のスローガン「戦後レジームからの脱却」に対する批判をにじませた。

 議長は今月3日の講演でも「戦争をしない、経済を立ち直らせるという方針はもういらないのか」などと首相の路線に疑問を呈していた。議長はまた、慰安婦問題を念頭に「日本軍の一部による非人道的な行為によって人権を侵害され、今なお苦しんでおられる方々に、心からなる謝罪とお見舞いを申し上げる」と式辞で述べた
(2007年8月15日19時49分 読売新聞)


 こいつは・・昨年の追悼式でも妙なことをのたまって(関連エントリー1を参照)、私は怒りを覚えましたが、参院選で安倍首相がダメージを受けてるのをいいことに調子に乗ってますね。この機会に諸悪の根源である『河野談話』を正当化しとこうってか。

 日本軍の一部が・・などと言って批判を回避することも忘れない卑怯者ぶりをみせてくれている河野さんですが、『一部が』と思ってるんだったら、まるで日本軍全体で酷い事をやらかしたかの如く世界中で嘘が流布されてる状況に何か言ったらどうだ?いわゆる従軍慰安婦問題の『根拠』とされてる河野談話を発表したご本人がさ。


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。


関連エントリー1:土下座外交を主導した責任取れよ河野洋平
関連エントリー2:中国様が嫌がることはヤメテ!by 河野洋平
台湾 私は台湾の国連加盟を応援します
 中国、韓国、北朝鮮・・反日を是とする日本の近隣諸国群。何かあると、いや何はなくとも日本を非難し続ける非常に鬱陶しいこれらの国ですが、日本の近くには反日を是とせず友好的な目で眺めてくれている国もあります。それは台湾。

 台湾は中国の一部だ!と叫び、台湾と関係を持とうとする国全てに恫喝をしかけるという中国のキ○ガイじみたイジメに遭いながらも、台湾は自分達の足で立ち続けようと努力を続けていますが、なかなかその道は険しい。

 日本としては、同じ民主主義国家として、同じ自由な国として、台湾を応援してあげたいところでありますが、中国だけでなく、中国に『配慮』して台湾の努力を妨げようとする奴らが後を絶ちません。例えばこれ。(Yomiuri Onlineから以下引用)

台湾・黄外交部長、「台湾」名で国連加盟推進

 【台北=石井利尚】台湾の黄志芳外交部長(外相に相当)は14日、読売新聞と会見し、9月の国連総会に向けて、台湾と外交関係を持つ国連加盟国の協力を得ながら、台湾名での国連加盟を推進していく考えを表明した。


 また、黄部長は、初めての新規加盟申請を門前払いした国連事務総長を強く批判した

 今年から、「台湾」名での新規加盟に方針転換した陳水扁総統は7月、加盟申請書を国連事務総長に送付したが、国連事務局は「一つの中国」の原則を規定した1971年の国連総会決議に基づき、受理しなかった。

 黄部長は、「事務総長に申請を拒否する権限はない。新規加盟を話し合えるのは安全保障理事会と国連総会だけだ」と批判。71年の国連総会決議について、黄部長は「決議は台湾が中華人民共和国の一部だとは言及していない。間違った解釈をしている」と反論した。

 その上で黄部長は、外交関係を持つ中南米諸国などを通した加盟申請を進めたいとの希望を示した。また、台湾名での国連加盟をめぐり、日本と米国が「不支持」を表明していることに対し、黄部長は「日米の多くの国民が台湾加盟を支持していると信じている」と述べ、理解を求めた。
(2007年8月15日3時4分 読売新聞)


 国連事務総長が門前払いですか・・ああ、例の元韓国外交通商相の潘基文さんですね。何をやってるんだと。権限がないのに門前払いとはこれ如何に。確かに現状では台湾の国連加盟は難しいでしょう。しかし主張の機会は与えるべきじゃないのか?

 あのキチ○イ北朝鮮が国連に席を持って好き放題喚いてるのは良くて、台湾はダメなんて理屈は通らないぞ。そういえば事務総長の出身国は、最終的に北朝鮮の国連加盟を容認しましたよね?朝鮮半島唯一の合法政府は韓国政府だ!とか言ってたのに。台湾の気持ちが理解出来ても良さそうなもんだ。


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。
 
韓国 だって反日が最上位だもの
 開設から早いものでそろそろ3年を迎えようとしている当ブログ。ふと見ると書いたエントリーはいつの間にか1000本を超え、アクセスカウンターがいつの間にか500万を超えてるわけですが、よくもまあこれまで書き続けてこれたものだと手前味噌ながら感心している管理人でございます。

 毎年この時期になりますと、靖国神社をテーマにしたエントリーが続くところでありますが、ここ数日韓国ネタが続いております。まあなんと言うか首相が変わったんだから仕方ないのかもしれませんが、連日熱を込めて靖国関連のエントリーを書いていたあの頃を思うと、チト寂しい気がしないでもありません。

 まあ色々といいたいことはありますが、それはまた別の機会に書くとして、また韓国から大きなニュースが届いているようなので紹介したいと思います。こちらをご覧下さい。(中央日報から以下引用)


親日派財産257億が国家帰属…「親日清算の具体的成果」

親日反民族行為者財産調査委員会は13日、第24回全員委員会を開いて閔泳徽(ミン・ヨンヒ)ら親日反民族行為者10人所有の土地156筆地、102万60平方メートル(時価257億ウォン=約32億円、公示地価105億ウォン相当)に対し、国家帰属の決断を下した。

財産還収決定が下った対象者は、日帝から子爵の爵位を受けた閔泳徽と丁未七条約締結を率いた李載崑(イ・ジェゴン)、韓日併合当時、侍従院卿を務めた尹徳栄(ユン・トクヨン)を含め、閔丙奭(ミン・ビョンソク)、閔商鎬(ミン・サンホ)、朴重陽(パク・ジュンヤン)、李根湘(イ・グンサン)、李根澔(イ・グンホ)、任善準(イム・ソンズン)、韓昌洙(ハン・チャンス)らだ。

現価基準で最も多い財産が国家帰属された親日反民族行為者は中枢院参議を務めた閔商鎬で110億128万ウォン相当の土地10筆、43万1千251平方メートルを還収された。

閔泳徽が現価56億8千756万ウォン相当の土地(31万7632平方メートル)を還収され2位に上がった。その後を李載崑43億577万ウォン(16万9794平方メートル)、朴重陽36億7110万ウォン(8万2082平方メートル)と続いた。

特に閔泳徽の子孫が保有し、国家帰属対象となった土地のうち、百済(ペクチェ)時代に作られたと推定される清州上党山城(チョンジュ・サンダンサンソン、史跡212号)一帯の土地も含まれている。

委員会による親日反民族行為者たちの財産還収決定は5月2日の1次決定に続き、今回が2度目だ

当時、委員会は李完用(イ・ワンヨン)、宋秉(ソン・ビョンジュン)ら9人の土地154筆、25万4906平方メートル(公示地価36億ウォン相当)を国家に帰属すると発表した。

これによって1、2次にわたり、現在まで国家帰属決定が下った親日財産は現価320億ウォン、公示地価142億ウォン相当の土地310筆、127万4965平方メートルに増えた。

還収対象になった親日財産は日露戦争開始(1904年)から1945年8月15日まで日帝に協力した対価として取得したか、これを継いだ財産、親日財産であることを知りながら遺言による贈与された財産などであり、第三者が「親日反民族行為者財産の国家帰属についての特別法」施行以前にこの事実を知らずに取得した場合は除かれた。

帰属の決まった財産は国名義の所有権移転登記手続きを経て独立有功者および遺族の礼遇と生活安定のための支援金、独立運動関連記念事業などに優先的に使われる予定だ。


 まーだやってんのねこれ。選挙も近いし、政府与党系は反日やって点数かせいどこうといったところでしょうか。しかしなあ、これは遡及立法禁止の原則違反、先祖の過去の罪を理由に私有財産を子孫から没収するなど香ばしい点が多すぎるんだが、その辺はまだケンチャナヨですかそうですか。モロ憲法違反だと思うんだけど。


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。


関連エントリー:韓国 これぞ全体主義国家 
韓国 伝統文化『全て日帝のせい!!』
 何か都合の悪い事があると、全て日本のせいにして切り抜けるという大変卑怯な手を使う国というのがあります。当ブログにお越しの皆様にとっては、もはやわざわざ言うまでも無い事ではありますが、その国の名は韓国。

 個人レベルの小さな問題から社会、文化、そして国家レベルの諸問題まで、何でもかんでも『日帝が悪い』と言っておけば、それで万事OKという彼らにとっては便利極まりなく、一方で利用される日本にとっては迷惑この上ないこの話。またぞろ何やら喚いているようです『日帝が悪い!』と。(聯合ニュースから以下引用※韓国語)

国連人種差別撤廃委で、韓国の「混血問題」が俎上に
  ~ 政府代表団、「単一民族性」の歴史的背景を説明

国連人種差別撤廃委員会が、我が国政府の統合移行報告書を対象に今月9・10日の両日行なった審査で、我が国の「混血」問題が俎上に上がった。

韓国の報告書を担当する特別報告官であるアンワル・ケマル委員を含む数人の委員は、韓国文化の「純粋な血統」概念について問題提起し、これに対して政府代表団は韓国の歴史的背景を挙げて理解を求めた

ある委員は、「その概念は、一部の人は『不純な血統』を持っているという意味を内包している。結果としてその概念は、人種差別撤廃条約が無くそうとしている『人種の優越性』という観念に非常に近付く」と指摘した。

また他の委員は、人種の優越性を宣伝する団体を特別に禁止する立法が必要だ、と求めた。

これに対して政府代表団は、差別的意味が込められた「混血」という用語の使用禁止を推進していると表明したうえで、我が国が強い「単一民族性」を維持するようになった歴史的背景について説明した。

歴史的に民族と人種とが分化されなかった韓国では、20世紀初頭に日帝の侵略に直面して「単一性アイデンティティー」を構築し、解放以後韓国民族の統一は当然だと思われた、と代表団は紹介した。

特に、強い単一民族意識と民族主義は韓国の近代化過程で韓国民を鼓舞する主たる源泉となり、強大国の間に挟まった状況においてそのような文化的同質性は、攻撃の手段ではなく強大国が優越性を強要するのを退けるための防御的機制として作用してきた、と比較的詳細に歴史的背景を取り上げた。

とはいえ政府代表団は、そうした単一民族性が文化的優越性という危ない観念につながる可能性を認めたうえで、「混血」「純粋血統」のような概念は韓国が民主的な多民族社会に進む過程で克服さるべき問題であることを韓国政府は認識していると表明した、と委員会側は伝えた。

政府代表団のこのような回答に対して、ある委員は「固定されたアイデンティティー」の危険性を指摘して、韓国は他の民族性を持った人々の肯定的寄与を認める用意が必要だ、と促した。

また、外国人との婚姻や彼らの子弟に関する人口調査が必須だとの指摘が出たほか、今日の世界化された社会では、もはや単一アイデンティティー側面から語ることは出来ない、との指摘もあった。

(訳文は2chから頂きました)


 歴史的背景を挙げて『理解を求めた』ね。本当は日本が悪いのであって、我々は『仕方なく』こうなったんだと。そして周りの状況がそう『仕向けた』んだと。こう言いたいわけだ。まあ、状況云々は分からないでもない。確かに韓国は大国に囲まれて、ともすれば飲み込まれかねない不安を常に抱えているでしょう。が、これは『むかしむかし』からの話。

 民族主義というのは、近代に入ってから出来た概念なので、民族主義という概念を取っ払った上で、この問題を眺めてみるとアラ不思議。日帝云々のかなーり昔から『小中華』を自称して(つまりは優位性を強調している)、根拠など何もないのに周辺国を見下してきたのが韓国。日帝云々は関係ない。本当は100%自分達の問題なんじゃないの?



banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。
韓国 いつまで続く反日連鎖
 朝日新聞が作って煽り、大問題へと仕立て上げたいわゆる『従軍慰安婦』問題。日本軍が朝鮮半島で人狩りをして女性を性奴隷にした!という嘘話が韓国で一人歩きし、自称『従軍慰安婦(本当は売春婦)』も登場して、現在韓国では『事実』として定着しているこの話。

 真実を知る戦前戦中派の韓国人は数少なくなり、ゴリゴリの反日教育を受けた世代ばかりとなった韓国。未来を担う学生には、こんな大昔の事、それも嘘話を吹き込まないで欲しいと願う管理人でございますが、そうはいかないのも韓国。こんなんなってます。こちらをご覧下さい。(ハンギョレ新聞から以下引用※韓国語)

(ハンギョレ)六十周年の光復節を迎え、韓国青少年たちが日本を直接訪問して日本軍慰安
婦問題に対する日本政府の謝罪と賠償を促す。

『平和を愛する韓国青少年の歴史の集い』(代表、金ミンハ、京幾城南外国語高等学校1)は12日、小学校4年生から高校2年生まで11人で構成された抗議訪問団が今月15日、日本の東京上野公園に集まって「日本政府と安倍晋三総理に送る公開手紙」を朗読して、<アリラン>と<ふるさとの春>などを演奏する簡易音楽会を開くと明らかにした。

歴史の集い青少年たちは、公開手紙を通じて「日本政府と安倍総理が日本軍慰安婦問題に対する公式謝罪と責任移行で私たちのお婆さんたちの血涙を止めるようにしてほしい」「このことを通じて日本が経済大国だけではなく、良心大国、平和大国の主軸になって世界から尊敬されるように願う」と述べた。

彼らはまた「政治家たちがむしろ日本帝国主義戦争と侵略の歴史を隠して否認している。韓国と日本の青少年たちに無惨な戦争犯罪と日本軍慰安婦被害問題などを伝えて」と言った。彼らは13日出国して14日には靖国神社を訪問し、15日東京上野公園と市ヶ谷ルーテルセンターの前で抗議デモをした後、日本キリスト教教会協議会が主催する日本軍慰安婦写真展示会と靖国神社国営化反対集会に参加する予定だ

集まり代表である金さんは「小学校の時から台湾に連れて行かれて日本軍の被害を被ったシン・ギョンペンお婆さんと知り合って一緒に過ごしたが、今年5月にお婆さんが亡くなった後には、直接日本に抗議訪問をしなければならない決心した」「人々に苦痛だけ与えて、すべてのものを破壊する戦争が再び起こらないためには、過去の過ちに対する反省がなければならないということを、日本の同じ年齢の人たちに積極的に知らせたい」と述べた。

金さんは自分の意志をお父さんである金ヘゾン外国人労働者の家代表に明らかにし、金代表が外国人労働者の家でボランティアする学父兄たちに娘の計画を伝えて11人の抗議訪問団が結成された。

(訳文は2chから頂きました。)


 気の毒になあ・・こうして量産型韓国人が出来上がっていくわけですが、靖国がどうの戦争被害がどうのと言ってるところを見ると、この子達は韓国が日本と戦争したとか思ってるんでしょうねえ。それも『本気』で。まあ、周りの大人が皆そろって『信じてる』ので無理もないですが、いやはやそれにしても気の毒だ。

 こうした真実とは『かけ離れた』歴史をすり込まれ、日本に対する憎しみを燃やし、日本に謝罪を要求するも嘘話に謝罪する理由はないので日本は拒否するというか無視する。そうとなれば憤慨し、さらに日本に対する憎しみを増幅させ、純度100%の反日マインドを持った韓国人の一丁上がり。ああ、コレあと何年続くんだろう・・orz


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。
米国はつくづくバカなことをしましたね
 先日、米国の下院本会議で可決した日本を非難する内容の『慰安婦決議案』。自分のことは棚に上げっぱなしで、一方的に日本を非難するという暴挙に出た米国の下院には呆れ果てました。

 当ブログでは、この米国下院での決議案採択に向けた動きを長い間追ってまいりましたが、その中で、米国以外にも慰安婦問題で日本を非難しようとしている国の議会があることを紹介しました。

 その国は米国のお隣さんであるカナダ。この国も特アからの移住者が多くなり、今では彼らは議会にも相当の影響力を行使できるまでの勢力になっているようで、こういったことが背景となって対日非難決議採択に向けた動きが活発になっていましたが、その後どうなったでしょうか。こちらをご覧下さい。(中央日報から以下引用※韓国語)

従軍慰安婦問題に対して日本の公式謝罪と補償を促す連邦決議案と関連、連邦下院の国際人権小委員会ジェイスン・ケニー(保守党)委員長が8日、アジア系メディアとの記者会見で与党保守党政府の微温的な立場を現わした。

複合文化政策の責任を負った政務長官職を引き受けているケニー委員長は「第ニ次世界大戦当時に起きた日本とアジアの問題で、カナダは直接的な関連がないし、ピーター・マッケイ外相が日本はもう十分な謝罪を行ったという返事を聞いた」と強調、「慰安婦決議案」採択に大きな関心を持っていないことを示唆した。

この日、ケニー委員長は韓人社会人士とアジア連帯をトロント、ダウンタウンにある連邦政府地域事務室(Ministers Regional Offices)に招待して政府の立場を説明し、意見を傾聴した。引き続き本報を含むアジア系メディアと記者会見を持った。ケニー委員長は「マッケイ外相が日本外務相に第二次大戦当時、アジア女性を性奴隷にしたことに対して、抗議すると河野洋平前総理(※ママ)が1993年(当時官房長官)謝罪を表明したと返事した」と言った。

彼は「これは日本とアジアの問題でカナダは直接関与しにくい点がある、ということを知らせてくれ」「アメリカで慰安婦決議案が通過したからといって、カナダでも採択しなければならないということはない。参考にはなるはずだが、決定は私たちがするのだ。委員会はずっと関連情報を収集している」と付け加えた。(中略)

ある共同議長は「日本が公式謝罪をした事がないのに、そのように理解していることが問題、という点を強調した」「謝ったかは加害者ではなく被害者に問うて見ることが正しい、と指摘した」と述べた。また「アジア連帯が各自の立場と関連資料を送る事にした。それで、委員長が閣僚会議でもう一度説明するはずで、最善の努力をつくすという前向きな返事をした」と伝えた。

(訳文は2chから頂きました。)


 まあ、こういった態度が『普通』でしょうな。『日本とアジアの問題で、カナダは直接的な関連がない』・・ええそうですね。おい米国下院の議員共聞いてるか?なにをわざわざテメエの関係ないことに口挟んでしかも偉そうに人様を非難してやがるんだと。常識が無いんですか?という話なんです。

 
banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。


関連エントリー:中国様、『ま』が抜けてますよ
この期に及んで強制連行とかヌカす新聞って何?
 我々は強制連行されてきた被害者だ!!・・このように主張『していた』人達がおります。なぜに『していた』なのか。それは強制連行されてきたというのが嘘であることがバレたから。

 最近では、強制連行という嘘が通じなくなってきたので、土地を奪われただの何だのと言って、とにかく『100%被害者』の立場を確保しようと躍起になっているこの人達。

 しかし日本には奇妙なマスコミもあるようでして、未だに強制連行説を流布している新聞もあるようです。気持ち悪いですが、とりあえず紹介しておきたいと思います。こちらをご覧下さい。(毎日新聞から以下引用)

わが町にも歴史あり・知られざる大阪:/58 旧木野村 大阪市生野区 /大阪

 ◇歴史ある街から共生の道を

 キョンチャルアパートを出て、韓国家庭料理のアリラン食堂で一服し、旧平野街道の本通りを南へ。車道を越えると、商店街から民家が建ち並ぶ集落へと街は姿を変える。

 そぞろ歩けば、白壁に板塀の古民家がいくつも現れた。大阪案内人の西俣稔さんが「明治時代からある旧木野(この)村です」。渡された「生野区の変貌」と題した地図を見ると、1885(明治18)年の生野区の人口はわずか約1000人。集落が点在しており、猪飼野村のすぐ西に木野村の名が見える。蔵があるでっかいお屋敷は、昔の庄屋さん。

 集落の中にある弥栄(やえ)神社(桃谷2)の東の道が旧平野街道。「文化住宅 空有ります」の張り紙があったりする。平成のにおいはまったくしない。そんな街を歩いていると、妙に安らぐ。

 西俣さんが、ふいと細い路地に入った。何の変哲もない路地やけど? 「ここは川の中やってん。百済川と呼ばれた旧平野川の川筋です。そこに段差があるのは、土手やったから」。旧平野川はえらく蛇行していて、氾濫(はんらん)の元になった。そこで1923(大正12)年、新平野川が開削された。新平野川は定規で引いたようにまっすぐになっているのは、そのためだ。

 「旧平野川の埋め立てと、新平野川の開削には、朝鮮半島の済州島の人たちが労働力として使われたんです」。先の「生野区の変貌」によると、1925(大正14)年の人口は約8万5000人に増えている。人口増の一因が朝鮮半島からの移住者だと考えられる。

    ◇

 以下、猪飼野保存会が97年に発行した「猪飼野郷土誌」によって、生野区が在日コリアンの町となった経緯をみてみよう。

 朝鮮半島からの移住が本格的に始まったのは大正半ば。日本が植民地支配し、土地所有を明らかにする調査を実施したが、所有を登録していない農民が多く、土地を奪われて生活に窮した農民が日本に生活の場を求めて移住した

 なぜ生野区に多いのか。新平野川開削工事を因とする説が一般的だが、同誌は開削工事以前に大阪の紡績工場や造船所などが朝鮮半島で工場労働者を募っており、既に朝鮮集落が点在していたとする。平野川開削工事は他より賃金が良く、労働者が集まって来て集落が大きくなっていった。

 済州島出身者が多いのは、1922(大正11)年に大阪-済州島間に君が代丸が就航したのが最大要因。「済州島出身者を雇う零細工場が猪飼野にあったこと、風俗習慣を同じくすること、助け合いの風習が強いことが済州島出身者の猪飼野集住になったと考えられる」と結論付けている

 日本全体の在日朝鮮人は、大正14年が13万4000人▽昭和5年が30万人▽昭和10年が62万5000人▽昭和15年が119万人--と、ものすごい勢いで増え続ける。戦時下に入った日本でその数が激増する原因は、強制連行にほかならない

 つまりは、日本の植民地支配にすべての原因があるわけだ。同誌は「在日朝鮮人のこうした厳しい長い歴史を理解し、ともに猪飼野に住み、より良き猪飼野の町づくりを考えて行かなければならないと思う」と記している。

 西俣さんはこう語る。「生野周辺も、古代から農耕や機織、土木建築、漢字、仏教など先進技術や文化を伝えた渡来人によって築かれた土地です。ところが、約1500年後の1910年から日本の朝鮮半島支配が始まり、多くの朝鮮人が出稼ぎに来て、過酷な労働に携わる。その後も創氏改名や強制連行、戦後もひどい差別が続きます。お世話になった民族にこの仕打ち。ヨン様もいいですが、歴史と現状を広く知ってもらい、大阪から本当の国際化を目指していきたいですな」【松井宏員】

毎日新聞 2007年8月10日


 おい毎日の松井とやら。貴様は自分で書いた文章に違和感を感じんのか。これ、どう考えても『自由意志』で来たやつらだろう。それを『強制連行に他ならない』ってなんだよ。バカも休み休み言えよ。ご自分で書いておられるように、仕事が沢山あって、地元出身の同胞が沢山住んでる。だから生野区を目指した。これだけの話だろうが。コッソリ卑怯な言い回しを使うな!


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。


関連エントリー:強制連行説はどうした? 
韓国 これはもう病気です重症の
 歴史歪曲だ!・・いつもどこかで韓国人達が喚いているこのフレーズ。今回は米国のある美術館で開催されている『説話』展にて、『14世紀』に書かれた絵巻物が展示されたことに彼らは怒り心頭。

 世界中で韓国で『だけ』否定されている『任那日本府説』に絡むテーマの絵巻物だったのが気に入らないらしく、在米の韓国人団体らが『大人げなく』も美術館側に絵巻物の展示をやめるよう抗議している・・こんなニュースを以前のエントリーで紹介しました。

 美術館側はインネンをつけられて一応の対応はとったものの、彼らの要求である展示物の撤去には応じなかったのですが、これくらいで諦めるような韓国人ではありません。こんなんなってます。こちらをご覧下さい。(中央日報から以下引用※韓国語) 

「歴史歪曲の日本絵巻物」本紙報道に、「直ちに撤去せよ」と米州・韓国で怒り拡大
  ~ 韓国系諸団体、展示会開催中のサンフランシスコの美術館に強力抗議

本紙を通じて、歴史歪曲素地がある日本の絵巻物をサンフランシスコのアジア美術館が展示している事実が伝えられると、南カリフォルニア地域のみならず韓国でも、美術館に対する非難世論が拡大している(訳注:「絵巻物」とは14世紀に描かれた「八幡大菩薩御縁起絵巻」のこと。

特にロサンゼルス地域の韓米連合会(KAC)など諸団体は抗議書簡を送って、絵巻物の撤去を要求するなど強力対応する方針だ。

米州地域にある約200の韓人会の連合体である米州韓人会総連合会は、各地の韓人会に対して今回の歴史歪曲事件に関する公文書を発送して米州韓国系社会の総意を取りまとめたうえで、日本大使館・領事館およびサンフランシスコ・アジア美術館(AAM)
に抗議書簡を送り、今回の事態に対して強力に対処することを決めた。


総連合会側は、「常にそうしてきたように今回も、日本がこんなやり方でで歴史を歪曲している。既にサンフランシスコ韓人会の会長と緊密に連絡を取っており、今後の対策を検討中だ」と明らかにした。

韓米連合会(KAC)のロサンゼルス支部は、サンフランシスコ支部と連携して対応する方針だ。グレース・ユ事務局長は、「是正文言を入れたというが、歴史的な事実を歪曲する恐れが大きい」と声を高めた。

また在米同胞愛国行動本部も、「まずファックスで韓国系社会の怒りを博物観測に伝えた。国家の威信がかかった問題であることから、領事館や文化院などがより積極的に乗り出すべきだ」と語った。

一方韓国では、中央日報、世界日報、KBSなどを通じて絵巻物の展示事実が報道されると、これを正すべきだという雰囲気が拡大しており、インターネットサイトでは憤慨したネチズンたちの書き込みが殺到している

問題となっている絵巻物は、今年10月21日まで開かれる「説話特別展」の展示品の一つであり、日本の代表的歴史歪曲である「任那日本府説」に基づいて新羅王が日本の神功皇后にひざまずいて赦しを請う様子が描かれている。

(訳文は2chから頂きました。)


 えーっと・・目が点になってしまいました。日本大使館と領事館に抗議書簡を送る??なんで?ああ、こういうことか。『常にそうしてきたように今回も、日本がこんなやり方でで歴史を歪曲している』に違いないから、この件にも日本大使館や領事館が絡んでいるはずだと。こういうことでしょうね。

 これはもう完全に妄想の類なわけですが、彼らは大真面目なんでしょう。が、よく見ろよキ○ガイ。この絵巻物は14世紀に描かれたものだ。どこかの誰かみたいに、最近適当に描かれたものを『14世紀に描かれた!』などとぶち上げた捏造話じゃないし、今回の展示会は『説話』展だ。説話の意味が分かるか?別に『これが真実の歴史です!』などと銘打った仰々しいモノでは無い。ファビョりすぎ。

 
banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。


関連エントリー:韓国 あるべき姿ではないので撤去!
盧武鉉大統領 一世一代の晴れ舞台!
 数々の妄言、奇行でウォッチャーを楽しませてくれる韓国の盧武鉉大統領。『釣り師』小泉純一郎氏が首相の時代には、頻繁に面白発言を繰り返し、日々私を笑わせてくれた盧武鉉大統領ですが、真面目一本やりの安倍首相に代わってからは、メッキリ出番が少なくなってしまいました。

 政権運営のマズさを覆い隠すための『反日』があまり使えないとあって、もともと超低空飛行であった盧武鉉大統領の人気は、さらにうなぎ下がり。目前に迫った大統領選では、対立勢力のハンナラ党の候補の勝利が有力視されている中、起死回生の一発逆転を狙ったのか、盧武鉉大統領はこんな暴挙(?)に打って出ました。こちらをどうぞ。(asahi.comから以下引用)

大統領選控える韓国、米と関係改善望む北朝鮮 利害一致

2007年08月08日12時11分

 南北対話をアピールし政権末期の求心力低下を打破したい盧武鉉(ノ・ムヒョン)・韓国大統領と、米朝関係の進展を背に朝鮮半島の平和体制確立の意思をちらつかせ、韓国から新たな「実利」確保を狙う金正日(キム・ジョンイル)総書記。7年ぶりとなる南北首脳会談の開催は、双方の利害が一致して実現する運びとなった。

 南北首脳会談の実現は6者協議の進展にも好影響をもたらすとみられるが、北朝鮮は順調な米韓との関係を背景に、対日関係で一層強硬な姿勢をとる可能性が高い。

 金大中(キム・デジュン)前大統領の太陽政策を継承した盧大統領は03年の就任以降、「可能であれば時期、場所を問わず受け入れる用意がある」として首脳会談に意欲を表明、水面下で開催を打診し続けてきた。今回の会談は北朝鮮側が具体的な日程を提案してきた形だが、任期切れまで半年余りの盧政権が影響力を発揮できる「最後の機会」と見て最大のカードを切ったのが実情だ。

 盧政権は「南北関係進展が核問題の解決を側面から支援する」(韓国政府筋)と判断したほか、年末の大統領選で野党ハンナラ党に先行を許す与党系を後押しすることも狙った。

 一方の金総書記が韓国との首脳会談を受け入れた最大の要因は米国との関係改善だ。昨年の核実験の強行後、ブッシュ米政権は強硬姿勢を改め、米朝直接対話が繰り返されるようになり、かなりの自信を深めているとみられる。

 韓国政府は既に寧辺の原子炉停止に伴う重油5万トンを提供し、食糧支援も再開している。食糧・エネルギー事情が恒常的に悪化している北朝鮮は、今回の首脳会談を新たな支援を引き出す場に活用したい思惑がある

 ただ、政権末期の駆け込み的なイベントとの印象はぬぐえず、南北和解の大きな節目となった初回会談のような効果は期待できない。韓国側からは「会談が北に一方的に政治利用される恐れがある」との指摘も多い


 朝日にしては珍しくマトモな分析つきの記事です(笑)。まあそれはともかく、いよいよ南北首脳会談カードを切りますか。またあの気持ち悪く(失礼)暑苦しい抱擁を見せられるわけですね。いくら払ったか、あるいはこれから払うのかによるとは思いますが、大歓迎をしてもらえるといいですねえ(棒読み)。

 朝日の記事には『会談が北に一方的に政治利用される恐れがある』と書かれていますが、私もそう思います。というか間違いないでしょう。おそらく盧武鉉大統領は、莫大な支援の約束をさせられて、自らが得るものは将軍様のキスのみ・・なーんて結果になりそうです。ではでは、今月末を楽しみにしています。がんばってね盧武鉉大統領!


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。
韓国 あるべき姿ではないので撤去!
 歴史歪曲だ!!・・などと言っては最近、日本をはじめ世界各国にクレームをつけまくるようになった韓国。歴史的な事実ではなく『こうであるべき姿』を教える韓国と世界の『歴史』は乖離しており、彼らは日々対応に忙しい(?)ようです。

 一歩外の世界に出てみると、自分達が教わった歴史と世界で認識されている歴史が大きく違う・・こうなればまず自分達の国を疑うのが常道ですが彼らは違う。自分達が正しくて他全部が間違ってるということになるのが韓国流。

 特に日本・朝鮮関係の『歴史の違い』に彼らは敏感に反応し、小さなことでも大問題視して騒ぎ立てるのが常ですが、また何やらやらかしているようです。こちらをご覧下さい。(中央日報から以下引用※韓国語)

新羅王がひざまずいた日本の「任那日本府説」絵巻物が米美術館で展示され物議
  ~ 韓国系社会、「歴史歪曲」と反発
  ~ 美術館側は「遺憾」訂正文を掲示

アメリカ有数のアジア博物館に、日本の代表的歴史歪曲である「任那日本府説」を描いた絵巻物が展示され、物議を醸している。

問題の絵巻物は、サンフランシスコのアジア博物館に展示された「八幡神とこれに捧げられた神社に関する話(Stories of the Shinto Deity Hachiman and Shrines Dedi-cated to him・1389年作)」(訳注:原題は「八幡大菩薩御縁起絵巻」)だ。

これには、4世紀に日本の神功皇后が倭国軍を率いて新羅を征伐したという『日本書紀』の内容を描いた場面が入っている。絵の横には「韓国南部の新羅王国との戦争で夫を失った神功皇后が魔法の石を得て新羅との復讐戦で勝つ場面。よろいを着た皇后が新羅王をひざまずかせている。」という説明が付いている。横14m、縦30cmのこの絵巻には、日本軍が竜を先頭に立てて新羅軍を征伐する場面もある。

サンフランシスコのアジア博物館は、首都ワシントンのフリーア美術館と並んで、代表的なアジア博物館に数えられる。この博物館では日本・インドなどアジア各国の説話絵を特別展示中だ。この展示に韓国作品は無い

現地の韓国系社会では、この絵をめぐって非難が巻き起こっている。韓国系市民の情報提供を受けたサンフランシスコ総領事館は先月末、博物館に書簡を送って是正を要求した。

これに対し博物館側は、展示された絵の横の説明に「この場面は韓国人及び韓国系観覧客の怒りを買っている。博物館は、これらの方々の感情を傷つけたことを遺憾に思う。…彼らは展示された絵巻物を撤去するよう要求したが、私たちは教育的な目的のために多様な見解を示し、その見解の差を公開しようと思う」という内容の是正文を追加掲示した。

展示を担当したForrest McGill キュレーターは米州中央日報の取材に対して、「伝説など説話展示会であり問題はないことと思った。抗議を受け入れて是正文を掲示したが、展示された絵を撤去する考えは無い」と表明した。アジア説話展に韓国の作品が一点も無いことに対しては、「躍動的に話を描き出した作品が無かったからだ」と釈明した。

サンフランシスコ韓人会の李ソクチャン会長(48)は6日、「これは単なる韓日間の見解の相違の問題ではない。観覧客らが日本の新羅征伐を歴史的事実だと受け取る恐れがある」と指摘した。韓人会など韓国系諸団体は博物館側に、この絵を展示しないよう引き続き要求する方針だ。展示は10月21日までだ。

(訳文は2chから頂きました)


 絵巻物に『歪曲だ!』ね・・いやはや恐れ入りました。この絵巻物は14世紀に描かれたものだそうですが、『よろいを着た皇后が新羅王をひざまずかせている』・・これが『あるべき姿』ではないので、気にならなかったんでしょう。しかし撤去を求めるかな普通。って普通じゃなかったですねこの人達。


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。
民主党 このまま行くんですか?
 先日行われた参院選挙で大勝し、参院第一党に躍進した民主党。『唯一』の目標である政権交代に向かって、勢いに乗る民主党ですが、これから問われるのは本当に政権担当能力があるのかどうか。先日のエントリーでは、民主党が参院選の公約で掲げていた『農家への戸別所得補償』を具体化するため、民主が参院に法案を提出するというニュースを紹介しました。

 合わせて民主党は、2008年度の予算で1兆円規模の関連予算をつける政府に求めていくとのことでしたが、民主党の公約あるいはマニフェストには、~無料、~補償など胡散臭い話が多いため、もし政権を取ったとして本当に実行できるのか。また問題にならないのか。そんな心配があります。

 心配があるといえば日米関係をどうするのかということ。建前では日米関係を重視すると言ってるものの、以前から現政権に対抗するために、対米関係の姿勢も現政権とは逆をはってきた民主党。今秋の臨時国会では、テロ特措法の延長に反対する方針を明らかにしています。

 これまでの党の方針だから変えられない・・あるいは党に数多いる旧社会党系(要は反米)の議員が大反対だから変えないのか、その辺はよく分かりませんが、外交上もっとも重要な国との関係が大きく変化するかもしれないとすれば、国民としては心配だ。そんな中、民主党内からこんな声が。(時事通信から以下引用)

2007/08/04-12:12 テロ特措法、延長反対に異論=「政権担当能力問われる」-民主・前原前代表

 民主党の前原誠司前代表は4日午前の読売テレビの番組で、11月1日に期限が切れるテロ対策特別措置法の延長について「必要だと思う」と述べ、反対する方針を表明した同党の小沢一郎代表に異論を唱えた

 同法の延長問題は、参院の与野党逆転下で迎える秋の臨時国会の最大焦点。前原氏は「(延長反対で)米国との関係をまずくするのは、まさに政権担当能力が問われる」として、対米関係重視の観点から前向きに対応すべきだとの考えを示した。

 一方で前原氏は、民主党が過去の与野党協議で国会の事前承認を求めた経緯を説明するとともに「(自衛隊活動に)どういう効果があったのか、政府は説明責任を果たしてこなかった」と指摘。「与党も今までのように、ポンと出して認めろということではなく、知恵を出してもらいたい」と譲歩を求めた


 久しぶりに前原さんの登場です。前原氏は代表時代にしきりに言っていました。政権交代可能な2大政党政治とは、国家の基本線である外交、安全保障政策で大きな差を作ってはならない、と。現政権が親米だからといって反米になったりしていては、政権交代の度にコロコロと外交姿勢が変わってしまうことになる。これではどこからも信用されない。

 政権担当能力があるというのは、つまりは国民が安心して政権を任せられるかということ。今のままの民主党に『それ』があるかといえば大いに疑問だ。選挙後の世論調査にはこんなものもある。『民主党の勝因を「自民党への批判票を集めた」と見る人が8割近くを占め、政権交代を求めるよりも自民党にお灸(きゅう)を据えた有権者の心理がうかがえた(毎日新聞)』

 世論調査で回答した多くの人も、私と同じような考えでいるようですね。民主党に政権交代させようと思っていたわけじゃないと。これから民主党は大変です。ヘタに参院で第一党に躍進してしまったばかりに、これまでの絵餅政策や単に何でも反対していたツケを払わされれる時がいずれ必ず来る。さあどうするのか、見モノであります。


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。


関連エントリー:民主党 お手並み拝見とまいりますか
関連カテゴリー: 民主党 
強制連行説はどうした?
 日本軍が人狩りをして女性を性奴隷に仕立て上げた!・・それも20万人も!!・・なーんていうトンデモない嘘話が本気で信じられている韓国。

 日本にいるザイニチは朝鮮半島から強制連行されたのだ!などという与太話も昔は良く聞きましたが、最近では嘘がバレバレになってしまってトーンダウン。

 この強制連行説と同じように、我々日本人は根気良く、いわゆる従軍慰安婦問題にまとわりつく嘘を嘘として世間様に理解して頂けるよう努力していかねばなりませんが、敵はこんなやつらなので道は険しい。(asahi.comから以下引用)

生野で在日の歴史学ぶ 韓国の平和使節団

東アジアの平和をともに築こうというメッセージを日本に届けるため、韓国の大学生や市民団体でつくる「平和使節団」の一行約50人が来日した。多くの在日コリアンがすむ大阪市生野区を2日に訪れ、住民から在日の歩んだ歴史を聞いた。

 延世大、ソウル教育大などソウルの学生ら。2日は「コリアNGOセンター」事務局長で在日3世の金光敏(キム・グァンミン)さん(35)の案内で、「コリアタウン」と呼ばれる御幸通商店街の周辺を歩いた。

 金さんは、周辺に住む在日の約7割のルーツが韓国の済州島にあること、植民地支配下で土地を奪われ、生きるために海を渡ってきたが、最初は養鶏場の一角を寝床にして日本人から「朝鮮人くさい」と差別されたことなど、祖父母の世代から聞いた体験談を紹介。「韓日の問題を考えるとき、異郷で生きてこざるを得なかった在日の立場にも立って考えてほしい」と訴えた。

 韓国・慶熙大のキム・ソンギョンさん(22)は「市民同士が直接会い、ともに平和を考える場を積み重ねていけば、韓日間の懸案も解決すると思う」と話した。

 立命館大の学生も同行して、韓国人学生と交流した。鎌田賢一さん(21)は、韓国の学生が、靖国問題をあげて日本を「右傾化」と断言するのに少し戸惑った様子。「もう少し日本を幅広くみてほしい。価値観や文化の違いを互いに認めることで、理解も深まるはず。そのためにも、僕はもっと韓国のことを知りたい」と話した。

 一行は7日まで日本に滞在。韓国人の合祀(ごうし)取りやめを訴えるため靖国神社も訪れる


 はいはい。強制連行説が使えなくなったので、今度は土地を奪われた被害者であるとアピール。絶対に『日帝の被害者』という立場は捨てませんってか。というかね、こう言っちゃなんだがお前ら土地持ってなかっただろうがと。持ってないのに奪われるわけがないだろうがと。
 
 それにしてもおかしな話だ。土地を根こそぎ奪うような酷い日帝の本国に、どうして行こうなどと思ったのか。そして今まで帰ることもなく延々と住み続けてるのは何なのか。真実はこうだ。より良い暮らしが出来る日本に行きたかった。これだけ。今もこうした目的で日本に来る韓国人が後を絶ちませんが、この人達はその先駆けであるという話。

 こういった嘘を堂々とつける人達・・これを易々と信じる現代の韓国人・・そこに気の毒なことに無垢な日本の学生がつき合わされているという構図が今回のイベントでありますが、『価値観や文化の違いを互いに認めることで、理解も深まるはず』と話す大学生の君にひとつアドバイスを。

 韓国の学生が日本を『右傾化』と断言したことに少し戸惑ったということは、もう薄々感づいてるかもしれないけれど、こうであったに『違いない』(日本は酷い事をした)とか、こうで『あるべき』(韓国人は100%被害者)という決め付けを全身に纏い、相手に理解を『強要』する。これを彼らは『相互理解』と呼んでる。

 つまり相手は君や日本のことを理解する気など毛頭無く、自分達の言い分や要求を丸呑みしろと言ってるんだ。これが出来なければ『右傾化した若者』のレッテルを貼られる。自分が相手をよく理解し、相手にも自分の事を理解してもらい相互理解を目指す・・これは大変良いマインドだとは思うけれど彼らには通用しない。悪い事は言わないから、他の国の人達との相互理解を目指すよう方向を変えて方が良い。


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。
中国でオリンピック開催ねえ
 先日、米国の下院で『慰安婦決議案』が可決したことに、むかっ腹が立ちまくりの管理人。さてどうやって米国さんに『お返し』てやろうかと日々無い頭に鞭打って考え中でございますが、お返しをしなければならない対象というのは、実は他にもあります。

 それは中国。もともとは韓国を対象とした『騒動』であったこの慰安婦問題。金になると踏んだのか外交カードとして使えると踏んだのか、なぜか途中から中国も参戦。今回の米国下院での決議可決に向けて、在米中国人団体などを使い動いていたようです。

 そんな中国、可決の報を受けて外交部が『日本は適切に国際社会の正義の叫びを重視し、歴史に責任を負う態度で歴史が残したこの問題を真実で妥当に処理しなければならない・慰安婦問題'は日本軍国主義が第ニ次世界大戦中の被侵略国家人民に行った重大な犯罪の一つ(聯合ニュース※リンク先2ch)』などと論評。
 
 国際社会の正義の叫びを重視し・・などと自分達は国際社会の正義の叫びを無視しまくってるくせに、どの口が抜かしやがりますか?と呆れるほかありませんが、そう言うなら私はこの問題で中国にこれから『お返し』して差し上げよう・・このように考えております。まずはこの記事をご覧下さい。(ZAKZAKから以下引用)

中国当局、駐在記者4割に拘束&呼び出し&脅迫&暴力

 北京の「中国外国人記者クラブ」(メリンダ・リュウ会長)は1日、北京五輪を約1年後に控えた中国で、海外メディアに対する取材妨害や当局による干渉がことし百五十七件発生、中国政府が五輪取材で求められる報道の自由の保証などの国際的基準に応えていないとする調査報告を発表した。

 調査は北京、上海などに駐在する二十数カ国、163人の記者が回答。全体の約40%に当たる記者が、当局による拘束や呼び出し、取材源に対する脅迫、身体的暴力などを報告した

 この中には、中朝国境を取材した英テレビクルーが武装警察に拘束された例や、チベット自治区で取材したドイツの記者のインタビュー相手が罰金を科された例などが含まれる。

 調査では、回答者の67%が中国が五輪に向け保証した取材の自由を実現していないと指摘。95%は「中国の現状は報道の国際的基準を満たしていない」と答えた。

 記者クラブは昨年6月にも約200人を対象に同様の調査を実施。2004年以来、72件の取材妨害が報告された。

 北京五輪には約3万人の海外メディア取材団が訪中する見通し。リュウ会長は、外国人記者の旅行規制緩和など改善も見られるとしながらも「海外メディアに話した市民が報復や脅しに直面する状況は五輪開催国にふさわしくない」と改善を求めている。(共同)


 あらあら。相変わらず言論弾圧全開ですか。オリンピックに向けて『取材の自由を保障する!』なーんてブチ上げていた中国ですが、そんなことが出来るはずもなく海外メディアから不満が噴出しております。見られては知られてはマズイことが多すぎますもんねえ、中国には。

 最近話題になっているダルフール虐殺への加担や、チベットやウイグルなんかでやってる虐殺・弾圧、こちらも最近話題沸騰中の中国製品のヤバさなどなどなどなど挙げていけばキリがない。こういったことで『国際社会の正義の叫び』が巻き起こっているのですが、当の中国は知らんフリ。これではいけません。ということで、これからしばらくは北京オリンピックに向けて中国をイジリたおして参りたいと思います。よろしく。


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。


民主党 お手並み拝見とまいりますか
 先日行われた参院選で、地すべり的(勝手に転がり込んだとも言う)な大勝利をおさめた民主党。選挙期間中、無責任野党としてのいつもの調子で、財源をあまり考えない空手形を乱発しておりましたが、参院で第一党となった今、振り出した手形に何らかの形をつけていかなければなりません。

 今回の選挙では、地方特に農村部で民主党に風が吹いたそうですが、その原動力となったのがこの手形『農家への戸別所得補償制度』です。民主党は、制度の具体化に向けて参院で何かアクションを起こすようなので、取り上げてみたいと思います。こちらをご覧下さい。(Yahoo ニュースから以下引用)

民主党が農家への戸別所得補償で法案提出へ…予算も要望

8月2日18時55分配信 読売新聞

 民主党は2日、参院選で公約に掲げた農家への戸別所得補償制度を具体化するため、秋の臨時国会で参院に関連法案を提出する方針を固めた。

 2008年度予算には1兆円規模の関連費用を盛り込むよう求め、政府が応じなければ来年の通常国会で予算案の修正を要求する。政府・与党はこうした要求に直接は応じないと見られるが、参院選では農村部でも惨敗を喫しただけに、予算編成などで農業対策の強化を迫られるのは確実だ。

 菅代表代行は2日午前のテレビ朝日の番組で、「農家の戸別所得補償制度について、臨時国会に法案を出す。民主党が政権を取ったらこういうことをやると(示す)。与党がそれを否決できるかどうかだ」と語った。

最終更新:8月2日18時55分


 さてさて、具体的な内容が見えてこないので、何とも言えませんが1兆円ですか・・スゴイ額だなあ。単にバラ撒きになってしまわないか非常に心配であります。まあ、この制度については法案の中身を見てからいずれ機会があれば再度取り上げてみたいと思いますが、民主の政策は『~無料』など胡散臭い話が多すぎる。

 仮に民主が政権をとったとして、振り出した手形を全て現実のものにしようとすると、支出がトンデモなく増えるような気がしてならないんですが。財源については無駄使いを徹底的に減らして云々と言ってはいるものの、今回の選挙で明らかになったように、民主党は公務員とズブズブべったりで改革なんて期待出来ないし。

 
banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。
東京新聞よ、異論はないなどと決め付けるな
 先日、米国の下院で可決した日本を非難する内容の『慰安婦決議案』。昨日のエントリーでは、この決議案が可決したことを受けて、読売新聞が反論記事を書いていたことを紹介しました。

 合わせて、いわゆる従軍慰安婦問題を作って煽り、大問題に仕立て上げた朝日新聞が、何やら『アメリカ様がこう仰ってるんだから謝らんかい!』的な社説を書いていた事も紹介しました。

 自分でバラ撒いた嘘を何としても『歴史的事実』というやつにしたい朝日新聞には、心底反吐が出る思いでいる管理人ですが、本日のエントリーでは、朝日と同じようなスタンスを持つ新聞社が書いた社説を紹介したいと思います。こちらをご覧下さい。(東京新聞から以下引用)


従軍慰安婦決議 歴史は学べ何度でも

2007年8月1日

 後世に裁かれる歴史というものがある。米下院が日本政府に公式謝罪などを求めた第二次大戦中の従軍慰安婦問題は、日本と日本人にとっても不幸な歴史だったともいえる。直視していくべきだ。

 米下院本会議で採択された従軍慰安婦決議は「従軍慰安婦制度は二十世紀最大の人身売買制度の一つ」「日本政府は歴史的な責任を認め、公式に謝罪すべきだ」「日本政府は現在および将来の世代にこの恐ろしい犯罪を伝え、元慰安婦に対する国際社会の声に耳を傾けるべきだ」などの内容である。

 六月、下院外交委員会で対日謝罪要求決議案が採択されて以来、日本政府と日本に理解を示す共和党関係者を中心に本会議での採択回避の働きかけが行われてきた。

 しかし、下院の主導権を握る民主党は議長をはじめ採択に積極的だったとされ、ラントス下院外交委員長は日本の取り組みに非難の言葉を浴びせている。

 決議には「日米同盟はアジア太平洋地域の平和と安定の要」との文言が添えられ、採択は日本の政治事情から参院選後に先送りされる配慮はあったものの、決議そのものが極めて残念だ。

 決議に法的拘束力はなく、米議会でよくある採択の一つとの見方がある。背景には韓国、中国系有権者を意識しての選挙絡みの思惑や決議に歴史事実の誤解があることも伝えられるが、決議は米国民を代表する議員の意思表示で、重い。重要な同盟国からの忠言のニュアンスもあり、真剣に受けとめるべきだ。

 従軍慰安婦問題で、日本政府は一九九三年の河野談話で「心からおわびと反省の気持ちを申し上げる」と謝罪し、民間によるアジア女性基金を設け、歴代首相がおわびの手紙を出すなど可能な限りの活動と誠意を示してきた。

 河野談話をめぐって一部の反発はあるが、軍による強制の有無以前にその意思に反して強いられた大量の従軍慰安婦が存在し、慰安婦システムそのものを黙認したこと自体が人道に反し、後世に裁かれるべき歴史の暗部であったことに異論はないはずだ。時代のせいにはできない。

 就任前の安倍晋三首相の河野談話への批判や就任後の「狭義の強制性」否定が反省なき日本という誤解を与えたといわれる。日本の反省が受けとめられず、対日非難が蒸し返されることに真の問題がある

 日中戦争の盧溝橋事件から七十年、加害の歴史は忘れがちだ。歴史は何度でも学ぶ必要がある。建設的未来のために。


 なぜか最後にサラッと盧溝橋事件のことが入っているのに『?』が浮かびましたが、まあそれは置いといて、慰安婦システムを黙認したことが人道に反し、後世に裁かれるべき歴史の暗部であったことに『異論はないはずだ』って断言しちゃってますけど、異論ありまくりですがなにか?

 あのね、そもそも『従軍慰安婦制度』なんて無いの。従軍慰安婦という言葉そのものが戦後の造語。慰安婦という名の売春婦は居たし、慰安所という名の売春所もあった。これは誰も否定しない。で、昨日のエントリーで紹介した読売の社説にも書かれていましたが、こういった『状況』というのは世界各地にあったし、今も『売春』という商売は存在する。あちこちに。

 これが問題だというなら、そうですねと言うほかありませんが、なぜに日本だけが名指しされて酷い事をした!みたいな話になってるんですかということ。日本を非難してる当の米国だって、名前は違えど『慰安婦』を利用してるじゃないか。この問題を先頭きって喚き散らしてる韓国だってしかり。お前らが言うな!という話に他ならないわけですよ。分かりますか?東京新聞の中の人は。


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。
慰安婦騒動 忘れるな朝日の嘘から始まった
 先月30日、米国の下院本会議で採決にかけられ、可決した日本を一方的に非難する内容の『慰安婦決議案』。嘘話をもとにしたデタラメな内容で日本を非難するという、かなり斜め上の暴挙に出た米国下院ですが、さっそく特アの国や日本のアッチ系マスコミは、鬼の首を取ったように『米国様がこう言ってるんだ!謝れ!』なーんてやっております。

 リンクを貼るのも鬱陶しいので、それぞれの反応は各種ニュースサイトで確認して頂きたいと思いますが、本日のエントリーでは、この慰安婦決議騒動で日本側から疑問の声を投げかけ続けていたある新聞社の社説を紹介します。こちらをご覧下さい。(Yomiuri Onlineから以下引用)

慰安婦決議 誤った歴史の独り歩きが心配だ(8月1日付・読売社説)

 明らかな事実誤認に基づく決議である。決議に法的拘束力はないが、そのまま見過ごすことは出来ない。

 米下院本会議は、いわゆる従軍慰安婦問題について、日本政府に対して公式な謝罪を求める決議を採択した。

 決議は、旧日本軍が、アジア各地の若い女性たちを慰安婦として「強制的に性的奴隷化」したと非難している

 当然のことながら、日米同盟は、日本の国益上、きわめて重要な意味を持つ。日米両国は、軍事的、経済的に緊密な関係にあるだけでなく、民主主義、人権といった価値観も共有している。

 しかし、事実誤認には、はっきりと反論しなければならない。誤った「歴史」が独り歩きを始めれば、日米関係の将来に禍根を残しかねない。

 慰安婦問題では、1990年代初め、戦時勤労動員だった「女子挺身(ていしん)隊」が日本政府による“慰安婦狩り”制度だったとして、一部の新聞が全く事実に反する情報を振りまいた経緯がある。

 さらに93年に発表された河野官房長官談話には、官憲によって慰安婦が「強制連行」されたかのような記述があり、国内外に誤解を広めた。

 だが、慰安婦の強制連行を裏付ける資料は、存在しなかった。日本政府も、そのことは繰り返し明言している

 他方で日本国内にも、全体として「強制性」があったとする主張もある。しかも、「強制性」の具体的内容の説明をしないまま、米議会の決議を当然視するような論調を展開している

 決議は、「慰安婦制度は20世紀最大の人身売買の一つ」としている。

 そうした“慰安”施設は、旧日本軍に特有のものではなかった。戦後、米占領軍は、日本の“慰安”施設を利用した。朝鮮戦争当時、韓国軍もその種の施設を持っていたことが、今日では明らかにされている

 第2次大戦中、ドイツ軍にも“慰安”施設があり、占領された地域の女性が組織的・強制的に徴集された。

 なぜ、日本だけが非難決議の対象とされるのだろうか。

 決議の背景には、提案者のマイケル・ホンダ民主党議員を全面的に支援する中国系の反日団体の活発な動きがあった。ドイツについては同様の運動団体がないせいだろう。もちろん、米軍の“道義的”責任を追及する団体はない。

 民主党優位の米議会では、今回のような決議が今後再び採択されかねない。日本の外交当局は、米側の誤解を解く努力が、まだまだ足りない。
(2007年8月1日1時23分 読売新聞)


 はい。社説の中に出てまいります『一部の新聞』というのは、皆様ご存知『騒動師』朝日新聞であります。朝日が嘘話をぶち上げて韓国に火をつけ、ファビョった韓国が当時の日本政府に粘着ストーカーをしかけて、ひるんだ当時の政府は河野官房長官名による談話で、何とやってもないことをやったと認めるようなことを書いて発表した。ここから話はこじれまくり。

 談話を発表することによって騒動は収まる・・はずでしたが、水に落ちた犬は棒で叩くという特ア文化を忘れていた。過ちを認めたんだからケツの毛まで毟ってやる!とばかりに、さらに過激な粘着ストーカーを開始。話はドンドンおどろおどろしく進化し、騒動は米国まで飛び火して今回の慰安婦決議案採択まで行き着くわけです。

 読売は日本国内で『米議会の決議を当然視するような論調を展開している』輩がいると書いておりますが、これも朝日をはじめアッチ系マスコミのこと。朝日はどの面さげてか『河野談話の継承を疑われているのならば、同じような内容を安倍首相の談話として内外に表明してはどうか(朝日:8月1日付社説を参照)』などと訳のわからないことを書いております。

 おい朝日新聞よ、なんで貴様らの嘘を取り繕うために『河野談話と同じような内容の談話』を再度表明せねばならんのか。仮に談話を出したところで、貴様らはどうせ河野談話の時と同じように『日本政府が問題を認めた証拠』として使い、さらなる謝罪・賠償を引き出そうとするんだろう。見え透いてるんだよ。


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。