管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
慰安婦決議 よく分かったよアメリカさん
 自民党が大敗した参院選。安倍首相の続投宣言に『やめろ!』の大合唱をしていたアッチ系マスコミ。参院選から数日が経過し、そろそろアッチ系もテンションが下がってくるころかな?などとニュースウォッチをしながら茶を飲んでいる管理人でございます。どーもです。

 本日のエントリーでは、参院選がらみで民主党について書こうと思っていたのですが、そういえば参院選にからんでウォッチしていた対象がありました。そうです。例の米国下院の『慰安婦決議』であります。参院選後に本会議での採決にかける、という話でしたが、どうなったでしょうか。(sankei webから以下引用)

慰安婦決議案採択 米下院

 【ワシントン=有元隆志】米下院は30日の本会議で、慰安婦問題に関する対日非難決議案を採択した。決議に法的拘束力はないが、日本政府に公式謝罪を求めている。決議案の共同提案者は下院議員総数435人のうち167人に上ったものの、決議案が採決された際に本会議場にいたのは、わずか10人程度。発声による投票の結果、出席者から異論は出なかったため採択された。

 ペロシ議長ら下院指導部は、参院選に影響を与えることを避けるため、採決の日程を選挙後の30日に設定した。上院には提出されていない。

 この日、ラントス外交委員長(民主党)が趣旨説明を行った後、決議提案者のホンダ下院議員(民主)らが演説した。共和党からもロスレイティネン外交委筆頭理事らが賛成演説を行った。反対演説はなかった。

 ホンダ議員は採択後の記者会見で、「決議は日本政府に対し、公式で明確な謝罪を慰安婦に行うよう求める強いメッセージだ」と述べ、日本政府の公式謝罪を求めた

 慰安婦問題をめぐっては、安倍晋三首相が4月末に訪米した際、ペロシ議長ら議会指導者との会談で、「人間として首相として心から同情している。そういう状況に置かれたことに申し訳ない思いだ」と語った。

 ブッシュ大統領は首脳会談後の共同記者会見で、「首相の謝罪を受け入れる」と首相の対応に理解を示しており、日米政府間では事実上解決済みとなっている。

 これまで慰安婦決議案は4回提出され、昨年秋には外交委で可決されたものの、本会議では採決されず廃案になった。

 一方、下院外交委員会は31日、アジア・太平洋地域の安定強化や、テロとの戦いにおける日本の役割について謝意を示す決議案を採決する。ラントス委員長やホンダ議員も共同提案者となっている。慰安婦決議で日本非難をしたため、日本への謝意を示すことでバランスをとるねらいがあるとみられる。

(2007/07/31 09:15)


 あららら・・とうとうやっちまいましたか。反対者0で可決ね。よーく、よーく分かったよアメリカさん。お前らはそうやって嘘八百をもとにしたデタラメ決議で同盟国である日本を非難するんだな。日本への謝意を示す決議案を採決にかけてバランスをとる?アホか。そんなもんでバランスなんて取れるか。

 米国『的』にはこれでOKかもしれんが、前者(慰安婦云々)の決議は今後、中韓が永遠にフル活用することになる。またぞろ粘着ストーカーどもにエサをくれてやったわけですよ。米国下院も日本を非難している!なんて言い立てるのは目に見えてる。これで粘着されて鬱陶しい思いをするのは誰か?日本だ。全く余計な事をしてくれたよ。

 
banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。


関連エントリー:参院選の翌日に慰安婦決議案採決ね
関連カテゴリー:『慰安婦』ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。