管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ザイニチは特別な存在ではありません
 日本人と全く同じ権利をよこせ!!・・と国内で叫ぶ特定外国人の団体があります。この団体、最近では調子にのって『日本国民固有の権利』である参政権まで要求する始末。

 外国人でありながら、日本国民と全く同じ権利を有するとなると、国民としての義務が無い分、日本人よりも優遇された立場になる。そんなバカな話は絶対に許してはなりませんが、この団体。またぞろ何やら勝手な事を要求しているようです。こちらをご覧下さい。(民団新聞から以下引用)

再入国「許可制」適用免除を 東京入管に要望書

 民団東京本部(李時香団長)は12日、品川区にある東京入国管理局(高橋邦夫局長)を訪ね、永住資格を持つ在日韓国人を再入国許可制度の適用から免除するよう求める要望書を提出した。

 これは法務省による法改正を求めて全国の民団本部が地元の地方入国管理局に対して展開している要望活動の一環。要望書では法改正時までの暫定措置として1回のみの許可申請とし、手数料の免除を求めている。

 国連規約人権委員会が98年10月に示した最終見解では、日本に生活基盤のある在日韓国・朝鮮人のような永住者が日本という「自国」(居住国)に戻るにあたって日本国籍者と異なる差別的取り扱いを受けることは、規約第12条2及び4項にもとるとし、「見直し及び適切な改正」を勧告している。これに先立ち、日本弁護士連合会では同年9月、再入国許可制度の「適用除外」を求めている。

(2007.7.18 民団新聞)


 日本という自国に戻る??あのー、お宅らの自国は大韓民国でしょ?なんだかなあ・・最近、マスコミなどで紹介される在日韓国人らの言動を見ていると、自分達は韓国人でもない日本人でもない『在日』という特別な存在なんだ、と考えてるような節があるように思うのですが、日本から見ればあなた達はれっきとした外国人なんですよ。

 国民と外国人は日本の法の枠組みの中で『区別』される。こんなのは当たり前。が、日本は彼らに『特別永住』という名前からして誤解を招くような表現の許可をあたえているので、ここまでつけあがってしまったんでしょうかねえ。やっぱり何につけてもそうですが、特例とか特別扱いというのはいけません。

 あ、そうそう。在日韓国人または在日朝鮮人が日本に居ることを許可されている理由と言いますか原因と言いますか、朝鮮戦争が未だ休戦状態のまま終結していない事が挙げられます(本当はもっとややこしい話なんですが)。実は最近、北朝鮮の核問題解決の先を見据えて、この朝鮮戦争を終結させようという動きがあります(朝日新聞)。

 まあ、そう簡単に事が進むとは思えませんが、在日の人は朝鮮戦争が終わるということについて、考えていたほうが良いですよ。え?なぜだって?それは特別永住許可というイレギュラーな話に対して、見直しの声が『必ず』高まるから。強制連行されてきたというウソ話もバレてるし、実態が広く知られれば、如何に『特別』扱いをしている事が不当かってのが明るみになり、許可取り消しになってしまうかもしれませんから。


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。