管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
田中真紀子 どうにかならんかその下品さ
 憲法改正をするなら徴兵制にするべきだ!・・参院選挙を目前に控え、全国を飛び回っている議員から飛び出したこの発言。一見、どこの右翼かと思うような発言ですが、これは田中真紀子氏のモノ。

 徴兵制を敷く事が目的ではなく、徴兵制を『ハードル』にして憲法改正を阻止しようというのが田中氏の思惑だと思われますが、『国を守る』という根源の部分をおもちゃにされたようで、私は大変嫌な思いをしました。

 私の感覚が世間様からズレているのかどうなのか、その辺はよくわかりませんが、田中氏の発言は問題視されることは無く、氏は今日も元気に電波を放出しまくっているようです。こちらをご覧下さい。(Nikkann Sportsから以下一部引用)

真紀子議員、新潟地震で政府の対応批判

新潟県中越沖地震から一夜明けた17日、田中真紀子衆院議員(63)が地元入りした。 父・田中角栄元首相の墓石が倒れるなど被災した新潟県柏崎市内(旧西山町)の実家に戻った。ショックを受けながらも、西山町内の避難所などを訪問、政府の対応のまずさを批判した。

地元の被災者が避難している公民館や小学校を回った。避難所では被災者と車座に座り「何がほしい」と要望を聞いた。家に帰りたくても片づけさえままならない状況に「人手が必要。パパには『与党なんだからすぐやってよ』と言ったが、民主党政権ならすぐやる」と政府の対応の遅さを批判。

「国のひまな役人に手伝わせたほうがいい」と話した。自衛隊を個人宅の片づけにも投入できないかなど、要望はすぐに自動車電話で柏崎市長に直接伝え、行き届かない政府、行政の対応を批判した。

午後7時からは、長靴をパンプスに履き替え、民主党の森氏の演説会で約1時間半にわたって応援演説。自宅の被災状況を報告後「米国の新聞に豆が腐ったみたいな顔が小さく出ていた。安倍と書いてあった」と安倍首相をこき下ろして笑いを取った。

さらに自民党が比例代表候補に擁立した中山恭子首相補佐官(67)の口まねで「金正日が選挙を見ていて『自民党が負けると拉致問題は解決しません』というが、そんなに親しいなら、今すぐ被害者全員連れて帰ってきてほしい」と激しく批判。

「自民党はもう終わった。52年もやってるんだから、風呂なら冷めるし、あかも浮く。汚い水は流して、きれいな水を入れましょう」と民主党支持を訴えた


 豆が腐ったみたいな顔って・・これが公衆の面前で自国の首相を指して使う表現かね。人の顔の事をどうこう言えるようなご立派な顔をお持ちだとは到底思えませんが、あんまり言い過ぎるとブーメランになって返ってくるんじゃないの?ってそれは無いか。ここまで下品になれる人というのは、そうそういませんから。

 で、中山首相補佐官の『自民党が負けると拉致問題は解決しません』という言葉に『そんなに親しいなら、今すぐ被害者全員連れて帰ってきてほしい』などと意味不明な批判をしている田中氏ですが、拉致問題の解決に『親しさ』は関係ありませんよ。強硬姿勢を貫ける政権が問題を解決できるという意味合いで中山氏はこう言ったんでしょう。

 というかね、北朝鮮と親しい議員は田中氏が応援する民主党の方が圧倒的に多いでしょう。朝鮮総連から献金を貰っていた議員がゴロゴロいたり、民主党自体も総連にパーティー券を買ってもらってましたよね?そんなに親しいなら、今すぐ被害者全員つれて帰ってきて欲しいってのは、そっくりそのままお返しするよ。やれるもんならやってみろ。

 
banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。 


関連エントリー1:北朝鮮・総連とズブズブの民主党
関連エントリー2:田中真紀子さんてまだ居たんですね
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。