管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
慰安婦決議案 有志議員達が抗議文送付
 日本軍が人狩りをして女性を性奴隷に仕立て上げた!・・このようなデタラメな認識が土台になっている『慰安婦決議案』なるものが先日、米国下院の外交委員会を通過しました。

 この決議案は今月中にも下院本会議で採決にかけられることになっているようですが、その前に日本から『ちょっと待った』の声が。こちらをご覧下さい。(sankei webから以下引用)

地方議員ら、米下院慰安婦非難決議に抗議

 地方議員、学識経験者らでつくる「慰安婦問題の歴史的真実を求める会」(代表・水島総日本文化チャンネル桜社長)は13日、駐日米国大使館を訪れ、米下院外交委員会が先月可決した慰安婦問題をめぐる対日非難決議案に対する抗議書を大使館員に手渡した。14日に米下院議員全員にこの抗議書を送付する。

 抗議書は「決議案は、歴史的事実とは全く異なる誤った情報に基づき可決された。性奴隷などという存在は全くなかった」と指摘。国会議員13人、自治体首長2人、地方議員128人、学識経験者ら80人の計223人が賛同者となった。

 これに関連し、同会賛同者のノンフィクション作家、クライン孝子氏、日本財団特別顧問の日下公人氏、上智大名誉教授の渡部昇一氏らは13日、都内で記者会見した。渡部氏は「(対日非難決議案にあるように)朝鮮半島で20万人もの女性をかき集め、トラックで運べば暴動が起きる」と述べ、決議案の荒唐無稽(むけい)ぶりを指摘した。

(2007/07/13 20:09)


 下院議員全員に抗議文を送付か・・さてさてこれがどのような反応を引き出すのか。最近、米国の議員の『質』というものに、疑いの目を向けるようになった私。抗議文で指摘された『荒唐無稽ぶり』を理解できる方がどれほどいるのか、ちょっと心配であります。

 もし、この荒唐無稽なストーリー展開のまま本会議で決議案が可決されたら、米国下院議員というのはバ○揃いであると断言しちゃっても差し支えないと思いますが、それで良いんですかね?米国下院議員の皆様は。よく考えもせずテキトーに決議案に賛成なんかしちゃったら、後で恥ずかしいことになると思いますよ。
 

banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。


お知らせ:皆様ご存知『極右評論』の瀬戸さん、『よーめんのブログ』のよーめんさんなどが呼びかけ人となって、『河野談話の白紙撤回を求める署名活動』が始まっています。未だいわゆる従軍慰安婦強制連行という嘘話の根拠に使われる河野談話など不要。当ブログ管理人もこの活動に賛同します。署名はこちらからどうぞ↓

河野談話の白紙撤回を求める署名サイト
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。