管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
総連 まさかの逆転被害者に?
 東京千代田区の朝鮮総連中央本部の土地・建物を巡った騒動。当ブログではこれまで、この騒動を追ってまいりました。朝銀の不良債権を引き継いだ整理回収機構(RCC)は、総連が朝銀から借りた分の返済を求めて提訴。

 先日、東京地裁にてこの訴訟の判決が言い渡され、総連は全額返済を求められました。またRCCには判決確定前の仮執行が認められ、総連は中央本部という象徴を失うことになる・・ここまでが追ってきたひとつの話。

 もうひとつは、中央本部の土地・建物を巡って怪しい動きをしていた元公安調査庁長官の緒方氏、元日弁連会長にして現役の大物反日活動家である土屋氏がどうなるのか、ということ。なんらかの形で立件されるという話でしたが、どうなってるんでしょうか。続報がありましたので、取り上げてみたいと思います。こちらをどうぞ。(時事通信から以下引用)

詐欺入念に計画か=先行登記迫り、契約急ぐ-緒方容疑者-総連本部詐取・東京地検

 在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)中央本部(東京都千代田区)の土地・建物をめぐる詐欺事件で、逮捕された元公安調査庁長官緒方重威容疑者(73)が、売買交渉に関与した当初から先行登記を総連側に迫り、契約時にはすぐに手続きができるよう司法書士を同席させるなど詐欺を入念に計画していた疑いの強いことが29日、分かった。

 東京地検特捜部は、総連から提供された4億8400万円を分け合った緒方容疑者らが、総連に取引を中止させないよう、契約を急いだとみて調べている。


 うーん・・ちょっと妙な話になってますね。総連が強制執行から逃れるため第3者(緒方氏が代表を務める会社)に中央本部の所有権を移転したというのが最初の話で、誰がみても総連が事件の中心にいることは間違いなかったわけですが、この記事を見ると緒方という詐欺師に総連は騙された、という形に見えてきます。

 一連の騒動の発端となったスッパ抜き記事を世に送った毎日新聞も同様に、まるで緒方氏や仲介役とされる元不動産会社社長(満井忠男氏)だけが悪い!といわんばかりの記事を書いております(毎日)。まあ、検察が詐欺容疑で逮捕したので、こういう書き方になってしまうのかもしれませんが、どうにもしっくりこない。

 とりあえず詐欺容疑で逮捕して芋づる式・・ということなのか、それともこのまま緒方氏ら『手足』が悪いことにして総連は『被害者』で何もなし・・なんてことになったら、みんなして一斉にツッコミますからね。『んなわけねーだろ!』って。とにかく続報を待つとします。


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。


関連エントリー1:総連 要は潰れちまえということです
関連エントリー2:総連の飼い犬に成り下がった元公安調査庁長官
関連エントリー3:公安調査庁 上から下まで総連とズッブズブ
関連エントリー4:総連敗訴! 悪巧みは失敗しましたとさ
関連エントリー5:総連は一度解体すべきだ
関連エントリー6:総連よ、いい加減日本国民の冷たい目に気付け
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。