管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
朝日新聞よ、過ちに向き合えてないのはお前だ
 今月27日(日本時間)、米国下院の『外交委員会』で可決した、日本を非難する内容の慰安婦決議案。昨日のエントリーでは、いわゆる従軍慰安婦問題を『作って煽り大問題に仕立て上げた』騒動師『朝日新聞』の掲載記事を紹介しました。

 旧日本軍が朝鮮半島で人狩りをして女性を性奴隷にした!・・このひとつの嘘から始まった慰安婦騒動。嘘に嘘が重なって、今ではトンデモない話(関連エントリー1を参照)になってしまっているわけですが、火元の朝日新聞は今回の決議案の可決をどう思っているのでしょうか。昨日付の社説を取り上げてみたいと思います。(asahi.comから以下引用)


慰安婦決議―首相は深刻さを認識せよ

 「日本政府は……歴史的な責任を公式に認め、謝罪し、受け入れるべきだ」

 米下院の外交委員会が、旧日本軍の慰安婦問題についての決議案を可決した。39対2の圧倒的多数だった。7月にも本会議で採択される見通しだ。

 日本が過去の過ちを反省していないと、米議会が国際社会の面前で糾弾している。その意味は重い。

 私たちは、首相の靖国神社参拝や慰安婦など歴史認識がからむ問題に、政治家が正面から取り組むべきだと主張してきた。戦前の行動や価値観を正当化するかのような言動は、日本の国際的な信用にもかかわることだからだ。

 それがこんな事態に立ち至ったことに、やりきれない思いである。日本がそんな国と見られているのかと思うと残念であり、恥ずかしい

 決議案に疑問がないわけではない。歴代首相が元慰安婦におわびの手紙を出してきたことが触れられていないし、軍の関与を認めて政府として謝罪した河野談話の位置づけも不十分だ。

 しかし、決議案にあるように、河野談話を批判したり、教科書の記述を改めたりする動きがあったのは事実だ。慰安婦の残酷さを非難する決議案のメッセージは、真摯(しんし)に受け止める必要がある。

 今回、決議案が採択の方向となったことについて、戦術的な失敗が指摘されている。今月、ワシントン・ポスト紙に決議案に反論する意見広告が掲載された。それが、沈静化していた問題に再び火をつけたという批判だ。

 確かに、40人あまりの与野党の国会議員とともに、安倍首相のブレーンの外交評論家まで名を連ね、決議案を「現実の意図的な歪曲(わいきょく)」などと批判した全面広告は異様だった。4月の初訪米でおわびを述べた首相の言葉は台無しになったと言えるだろう。

 だが、問題の本質は、自らの歴史の過ちにきちんと向き合えない日本の政治自体にある

 安倍首相は「米議会ではたくさんの決議がされている。そういう中の一つ」「コメントするつもりはない」と述べた。とんでもないことだ。日本に重大な疑念と非難が向けられているのである。河野談話やアジア女性基金などの取り組みを説明し、改めて認識を語るべきだ。

 首相は日米同盟の土台として「共通の価値観」を強調する。だが、決議案はその価値観にかかわる問題であることを、首相は分かっていないのではないか。

 日本は戦後、自由と人権を重んじる民主主義国として再生し、侵略と植民地支配などの過去を深く反省した。「過去の反省」が揺らいでいる印象を与えれば、価値観への疑念を招く。

 小泉前首相の靖国参拝以来、日本の歴史への取り組みに対する国際社会の目は厳しい。日本の民主主義は大丈夫なのか。今回の決議案はその警告として受け止めるべきである。


 なーにが『首相は深刻さを認識せよ』だよ。テメエのついた大嘘が元でこんなことになってるんだろうが。で?真摯に受け止めろ?バカ抜かせ。どうして嘘八百をもとにしたお門違いの非難を受け止めねばならんのだ。恥ずかしい?日本=悪としたい・・これだけの理由で嘘こいてさらに嘘を重ね、話が大きくなる過程で嘘とバレても訂正も謝罪もせず、知らん顔でこんな社説を書いてる朝日がですか?

 『決議案に疑問がないわけではない』などとすっとぼける朝日新聞、アイム・ソーリーとなぜ言えない・・日本がこれまで何度も何度も謝罪してきた事を知らない下院議員を昨日のエントリーで紹介しましたが、日本が謝罪してきたことを言わないどころか、韓国などと一緒になって『日本は謝罪してない!』なーんてやらかしてきたのは一体誰なんだ。

 
banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。


関連エントリー1:韓国 妄想は果てしなく~
関連エントリー2:朝日新聞 よっ!騒動師!


お知らせ:皆様ご存知『極右評論』の瀬戸さん、『よーめんのブログ』のよーめんさんなどが呼びかけ人となって、『河野談話の白紙撤回を求める署名活動』が始まっています。未だいわゆる従軍慰安婦強制連行という嘘話の根拠に使われる河野談話など不要。当ブログ管理人もこの活動に賛同します。署名はこちらからどうぞ↓

河野談話の白紙撤回を求める署名サイト
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。