管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
総連よ、いい加減日本国民の冷たい目に気付け
 東京千代田区の中央本部の土地・建物の所有権を第3者に移転し、差し押さえを回避する『強制執行妨害』の疑い。そして所有権を代金の支払いがないままダミー会社に移転する『仮装売買』の疑い・・

 整理回収機構(RCC)が総連に627億円の返済を求めて提訴し、今月18日に行われた東京地裁での判決の言い渡しを前に、『事』が露見してしまい、上記の疑いがかけられている総連側の弁護士である土屋元日弁連会長、所有権の移転を受けいれた会社の社長である緒方元公安調査庁長官(etc)、そしてこういった人達を手足に使っている総連。

 毎日新聞によりますと、検察は電磁的公正証書原本不実記録・同供用容疑(要は仮装売買の方)で土屋、緒方両氏を立件する方針を固めた(毎日)そうで、また東京地検特捜部は総連の実質上の最高権力者と言われる『許宗萬』責任副議長から事情を聴取したそうであります(産経)。

 元日弁連会長と元公安調査庁長官・・日本側の大物ふたりが立件されるとなれば、このふたりを使っていた許宗萬氏も当然のことながら立件されなければおかしい。が、この許宗萬氏、政界に大変太いパイプをお持ちのようで、政治家からの圧力がかかって立件などは出来ないんじゃないか、と一部ではささやかれております。

 当局が許宗萬氏に事情聴取以上のことが出来るか。これがこの件の重要なポイントになるかと思われますが、当局の奮闘に期待すると共に、裏で蠢く総連の犬どもはクタバレ!とお祈りしながら、当ブログは今後も事の推移を見守ってまいりたいと思います。

 さて皆様、これだけの騒ぎになっているのに、今回は総連がとても静かだはと思いませんか?いつもであれば『不当弾圧!』とか『差別だ!』なーんて喚き散らしているところですが、この件に関してはあまりそういった声が聞こえてきません。が、我慢できなくなったのか、こんなん出てます。(朝鮮新報から以下引用)

18日、東京地裁は、整理回収機構(RCC)への債務の返済に関するわれわれの主張を認めず仮執行処分まで付けた判決を下した。

朝鮮総連は2003年2月、返済の義務を負うべき債務を確認したあと、RCCとの和解協議に真摯な姿勢で臨み、問題解決のために最大限の努力を傾けてきた

にもかかわらず、RCCはその過程で積み上げてきた努力と信頼を無視して、とうてい実行することが不可能な要求を突きつけることによって和解交渉を難航させた

和解を困難な状況に追い込んだRCCの高圧的な姿勢が、安倍政権の発足を前後して強まったことは偶然ではない。

RCCが本来の責務である債務の回収ではなく、朝鮮総連中央本部会館そのものを処分することに目的をおいたことが和解交渉を難航させた原因である。

朝鮮総連は朝鮮総連中央本部会館の売買問題が、代理人が述べたように競落代金を上回ると確信する金額をRCCに支払うための適法な方法であると認識しており、販売代金の全額をRCCに返済するわれわれの意思は確固としたものである

にもかかわらず日本政府首脳と捜査当局は、それがあたかも
違法行為であるかのように決め付け、事件化し破綻させるに至った。

RCCの債権回収問題が政治問題に変質し、朝鮮総連中央本部会館を駆逐せよと言わんばかりの異様な状況が作られたことは、現政権の朝鮮総連敵視政策と在日朝鮮人に対する排外主義に起因する

朝鮮総連が在日同胞の生活と権利を守るとともに、朝・日友好親善を促進するための活動を幅広くおこなってきたことは周知の事実である。また朝・日間に国交が正常化されていない現状下で、ビザの発給と日本の政党を含む各界人士との交流を進める、朝鮮民主主義人民共和国の海外代表部的な役割も担ってきた。

しかし、日本政府は歴史的に認められてきた朝鮮総連の活動を意図的に否定し、安倍首相自身が何らの根拠もなく朝鮮総連を犯罪団体視する発言をくり返す中で、RCCの債権回収問題が大々的な反朝鮮総連キャンペーンに利用されている。

これは、朝鮮総連の正当かつ合法的な活動と在日朝鮮人の尊厳を著しく傷つけるものであり、朝鮮総連のイメージを失墜させる行為で決して容認できない。

われわれは、朝鮮総連を犯罪団体視し際限なく反朝鮮総連、反朝鮮人感情を煽り、日本社会から排除しようとする理不尽なキャンペーンに断固抗議する。

われわれは、日本当局が朝鮮総連に対する不当な政治的弾圧と、合法的な売買問題を犯罪視する行為を即時中止することを強く要求する。RCCは、政治的偏見をもつことなく公正な立場で問題の処理にあたるべきである。

朝鮮総連は、これからも債務の弁済に誠意をもって対処する所存である。

広範な日本国民のみなさんが、在日同胞の生活を守り権利を擁護する朝鮮総連の活動に変わらぬ理解と支援、協力をよせてくれることを望む


 相も変わらず『俺達は全く悪くない!悪いのは他のやつら!』ですか。本当に呆れてしまいますね。呆れるといえばこれ。『朝鮮総連が在日同胞の生活と権利を守るとともに、朝・日友好親善を促進するための活動を幅広くおこなってきたことは周知の事実である』ってハア??何が周知の事実だって?

 あのな、朝鮮総連は本国、もっといえば将軍様のために存在する北朝鮮の出先機関で、日本の法なんて知るか!的な態度を貫く傲慢極まりない団体で、また日本人を拉致するなど極めて危険な団体であること。これが日本国民周知の事実です。

 で?『歴史的に認められてきた朝鮮総連の活動』って何だよ。誰も認めちゃいねーよ。いくらなんでも同胞を拉致されて温かい目で総連を見ているようなお人よしじゃねーぞ日本人は。とどめに日本人に向かって『理解と支援、協力をよせてくれることを望む』なーんて言っちゃってるのにはもうお手上げ。笑えないよ、この冗談は。

 
banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。


関連エントリー1:総連 要は潰れちまえということです
関連エントリー2:総連の飼い犬に成り下がった元公安調査庁長官
関連エントリー3:公安調査庁 上から下まで総連とズッブズブ
関連エントリー4:総連敗訴! 悪巧みは失敗しましたとさ
関連エントリー5:総連は一度解体すべきだ
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。