管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
朝鮮日報 もうちょっとマシな反論出来ないの?
 政治評論家の屋山太郎氏、ジャーナリストの櫻井よし子氏など著名な言論人、自民や民主、そして無所属の議員らで作る超党派の議員グループなどが賛同人となって米国のワシントンポスト紙(WP)に出した、いわゆる従軍慰安婦問題についての全面広告。

 『The Facts』と題されたこの全面広告は、世間で流布されている誇張・歪曲・捏造なんでもありの『いわゆる従軍慰安婦』話への反論として出されたものであり、ギャアギャアと大きな声で喚く反日人士の声『しか』届いていなかった米国に、本当の日本の声を届けてくれました。

 全面広告が出されたのは今月14日。米国下院での『日本非難決議案』採択推進の主導者マイク・ホンダ氏のメディア担当補佐官は同日、韓国紙とのインタビューに『「ホンダ議員は答える価値もないことだと思い、公式論評も出さないほどだ」として「広告の主張などはもう数十年間繰り返されて来た嘘」と一蹴した』などと答え、さっそく面白い反応を見せてくれております。(参照→2ch)

 『答える価値もないこと』・・マイク・ホングダじゃなかったマイク・ホンダ氏は、つまり具体的に何一つマトモに答えられないということだと思われますが、続けて広告の内容が『数十年間繰り返されてきた嘘』だと断言しつつ一切根拠を示さないでいるところなんかは『韓国の』東亜日報が社説で示している態度とクリソツで笑えます。(参照→2ch)

 笑えるといえば、普段はマトモなのに日本が絡むと途端に電波ゆんゆんになってしまう、韓国の朝鮮日報もさっそく楽しい社説を書いておりますので、紹介したいと思います。こちらをご覧下さい。(朝鮮日報から以下引用)

【社説】日本の知識人の道徳水準をさらした慰安婦広告

 日本の国会議員45人や大学教授・政治評論家・言論人ら14人が日本軍による慰安婦動員に日本政府や軍部が介入した事実はなかったと主張する全面広告を14日、米国のワシントンポスト紙に掲載した。

 一同は、米下院で審議が中断している「日本軍が若い女性に性奴隷となることを強要したのは20世紀最大の人身売買だった」とする決議案は「真実ではなく、信念に基づく歪曲(わいきょく)」であると主張した。さらに一同は広告の中で反証として「慰安婦を募集する際、拉致や強制を禁ずる」とした日本軍の文書や、1939年8月に韓国のある新聞に掲載された「女性らを満州に誘拐した悪徳ブローカーを日本の警察が処罰した」という新聞記事を提示した。しかしこのブローカーたちは私娼窟に女性を連れ込んだものであり、日本軍の慰安婦とは何の関係もない。

 一方、一同はインドネシアに駐屯していた日本軍がオランダ女性を慰安婦として連行した事実を認めた。日本がこうした対応をとるのは、オランダの文書保管庫に裁判記録をはじめとする証拠資料が存在するからでもあり、また被害者がオランダ人であるため、欧州諸国の世論が悪化することを恐れたからだ。

 ところがこの広告は、慰安婦の強制動員による最大の被害国である韓国・中国・インドネシア・フィリピンなどのアジア国家については、完全に無視を決め込んだ。そのくせ「これらの(オランダ女性を連行した)軍人は重罰を受けた」とし、あたかも軍の方針に反して処罰を受けたかのように強調した。しかし実際に彼らを法廷に立たせたのは日本軍ではなく、連合軍であったことには一言も触れなかった。また当時インドネシアで日本軍が道を行く女性を無差別に略取した事実についてもまったく言及されていない。

 日本は首相や外務相をはじめとする不道徳な日本政府関係者に、不道徳な国会議員、さらには知識人までが加わり、犯罪の歴史を闇に葬り去ろうとあがいている。だが彼らがそうした行動をとればとるほど、日本国民の誇りが地に墜ちるばかりだということにもはや気づくべきだろう。


 嘘だ嘘だ!と喚くだけの阿呆とは違って、こちらは一応、反論『らしき』ことを書いておりますが、穴だらけであります残念ながら。まずはこれ→『しかしこのブローカーたちは私娼窟に女性を連れ込んだものであり、日本軍の慰安婦とは何の関係もない』ですって。

 あのー、慰安所は表現の仕方を変えますと売春所です。民間の業者によって運営されていた、ね。したがって私娼窟と言っても差し支えないと思われます。で、この私娼窟に『業者が強制的に女性を送り込んでいた』ことに対して、警察当局は動いた。つまり『そんなことは許さない』という意思を示しているわけです。この意味わかりますか?朝鮮日報の中の人は。

 まあいくら言っても分からんでしょうから、次いきます。オランダの女性が慰安婦にされたという、例の『白馬事件』を引っ張ってきてますが、散々パラ『これが強制連行の証拠だ!』などと騒いでいたのはどこの誰だったのかキレイサッパリ忘れて、『これはアジア人蔑視だ!』などと言いたげな朝鮮日報。でもね、軍はこの事件を受けて女性が入れられていた慰安所を即刻『閉鎖』したの。意味分かりますか?分からないんだろうなあ・・

 次に、アジア人蔑視だ!という主張と共に、日本がこの事件を『認める(※一部軍人の暴走)』のは『証拠があるから』としている朝鮮日報。そうなんですよ。あなた方が主張することを裏付ける『証拠』があれば、認めるんですよ日本は正直だから。が、出てくるのはコロッコロ変わる怪しい証言のみ。あれ?そういえば朝鮮日報さんは確か、3月19日付の社説で『数え切れないほどの証拠がある(関連エントリー1)』って書いておられましたけど、あるのか無いのかどっちなんですか(笑)?

 
banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。


関連エントリー1:朝鮮日報 日本が絡むと電波ゆんゆん
関連エントリー2:朝鮮日報 やっぱり日本が絡むと電波ゆんゆん


お知らせ:皆様ご存知『極右評論』の瀬戸さん、『よーめんのブログ』のよーめんさんなどが呼びかけ人となって、『河野談話の白紙撤回を求める署名活動』が始まっています。未だいわゆる従軍慰安婦強制連行という嘘話の根拠に使われる河野談話など不要。当ブログ管理人もこの活動に賛同します。署名はこちらからどうぞ↓

河野談話の白紙撤回を求める署名サイト
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。