管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『従軍慰安婦問題』の問題に有志議員達が反論!
 今年4月の安倍首相の訪米前まで、米国政界で若干の盛り上がりを見せていた、いわゆる『従軍慰安婦問題』で日本を非難する決議案を下院で通そうという動き。

 安倍首相が訪米してからは、日米関係悪化を懸念する声が高まった事もあり、動きは鎮静化に向かい、下院では日本を非難する決議案を採決にかけない代わりに、韓国に感謝の念を表明する『韓国決議案』を通そうという話になっていた・・ここまでの流れを当ブログでは紹介してまいりました。

 採決にかけない・・とはいっても未だ諦めていない人達は多く、またぞろ来年あたりに日本非難決議案が浮上してくるかもしれませんが、それまでにいわゆる『従軍慰安婦』を巡って叫ばれる誇張・歪曲・捏造に満ち満ちた話に対して、反駁を加えるいい機会だ・・ということで、日本の有志議員達がやってくれました。こちらをご覧下さい。(聯合ニュースから以下引用※韓国語)

日本の議員ら、「慰安婦強制は無かった」とWP紙に全面広告

日帝従軍慰安婦問題に対する日本政府の謝罪を求める決議案が米下院で審議中のなか、日本の議員約40人が14日、ワシントンポスト紙に全面広告を出し、慰安婦動員における日本政府や軍隊の強制は無かったと主張した。

自民党・民主党及び無所属の議員45人は、教授・政治評論家・ジャーナリストらと共同で出した「事実(THE FACTS)」というタイトルの広告の中で、日帝当時に日本政府や軍が慰安部動員に介入したという文書は見つかっておらず、「日本軍が若い女性たちを性奴隷になるよう強いた」というマイク・ホンダ議員の決議案の内容は歴史的事実と異なる、と反駁した。

日本政府と軍は当時むしろ、女性を拉致して慰安婦にしてはいけないという命令を下しており、女性を慰安婦にしたブローカーらが警察に摘発されて処罰されたという韓国メディアの報道まである、と広告は指摘した

それでも一部の軍人が規律を破って女性たちを捕らえて売春行為を強要したケースがあり、インドネシアでオランダ人女性らが連行されて慰安婦にされたのはその代表的な事例だが、関連者は後で全員重罰に処せられた、としている。

日帝慰安婦は通常「性奴隷」と描写されているが、実際は許可を受けて売春行為をした人々で、大多数の収入は日本軍将校や、場合によっては将官よりも多かった、と広告は強調した。

また、このような売春行為は当時全世界的に普遍的なことであり、米軍も1945年の日本占領以後米兵による強姦を防ぐため衛生的で安全な「慰安所」の設置を日本政府に要請した、と付け加えた。

米議会に提出された決議案など慰安婦問題に関する主張の大部分は生存者の証言に基づくものだが、慰安婦のお婆さんらは当初は「ブローカーに連れて行かれた」と言っていたのに後になってから「『警察のように見える制服』を着た人によって拉致された」と主張するなど、証言に一貫性が無い、と広告は述べた。

したがって、今年4月末にワシントンポスト紙に掲載された「慰安婦に関する真実」という広告は決して事実ではない、と広告は主張した。

そして末尾に、「 悲しいことに第二次大戦中に多くの女性が極度の苦難に遭ったことは極めて遺憾」ではあるが、「同時に、若い女性を性奴隷にしたという20世紀最大の人身売買事件の一つを日本軍がやらかしたという下院決議案は、重大で故意的な事実歪曲である」と強調した。

また、「実際に起こったことに対する批判は謙虚に受け入れるべきだが、根拠の無い中傷や名誉毀損に対して謝罪を行えば、大衆に歴史的事実についての誤った印象を与えるのみならず、日米親善関係にも悪影響を及ぼすおそれがある」と強弁している。

日本の議員や教授らによるこのような広告は、米下院で審議中の慰安婦決議案の通過を阻止するための多角的な努力の一環と見られる。しかし、日本議員らのこのような広告内容は、アメリカ国内の歴史教科書を初めとする各種の慰安婦関連記述に反するのみならず、太平洋戦争当時の従軍慰安婦動員の過程で日本軍と官吏が関与したことを認めて謝罪した1993年の「河野談話」を受け継ぐとしている日本政府の公式立場にも反することから、論難が予想される。<後略>

(訳文は2chから頂きました)


 ちょっとお名前が載ってないのでアレですが(有志議員一覧→特定アジアニュース様)、とにかくGJ!でした。ありがとう。いわゆる『従軍慰安婦問題』を巡る『問題点』について、しっかりポイントを押さえた良い広告を出しましたね。私のような一般人が声を上げても、影響力などたかがしれていますが、議員は重みが違う。国民の代表として、これからもドンドン声を上げて頂きたいと思います。

 
banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。


関連エントリー1:従軍慰安婦問題 そろそろ気付かないと恥ずかしい
関連エントリー2:従軍慰安婦問題 いよいよ自爆ブーメラン炸裂か
関連エントリー3:韓国 思い通りにならない時は~
関連エントリー4:中国様、『ま』が抜けてますよ
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。