管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
総連の飼い犬に成り下がった元公安調査庁長官
 東京千代田区にある朝鮮総連の中央本部。総連のシンボルともいえるこの中央本部の土地・建物が借金の型にハメられそうだ・・ということで、必死こいて策をめぐらせていた総連。

 昨日のエントリーでは、総連が最高検公安部長、公安調査庁長官まで務めたある人物を使って事態打開を図ろうとするも、工作の途中で表沙汰になってしまい、何もかもオジャンになってしまいそうだというニュースを紹介しました。

 この人物のお名前は緒方重威氏。総連は日本人拉致に関与するなど極めて危険な組織・・これを監視する側の組織が公調ですが、緒方氏は公調のトップまで務めていながら、ある種の敵対関係にあるはずの総連を『助ける』ために動いていた・・

 いやはやなんとも嫌な話でありますが、この件でナニやら新しい動きがあったようなので、取り上げてみたいと思います。こちらをご覧下さい。(NIKKEI NETから以下引用)

東京地検、元公安庁長官宅を捜索・総連本部売却絡み

 在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)が中央本部(東京・千代田)の土地・建物を売却する契約を弁護士の緒方重威・元公安調査庁長官(73)が社長を務める投資顧問会社と結んだ問題に絡み、東京地検特捜部は13日、電磁的公正証書原本不実記録の容疑で緒方元長官の自宅と事務所を家宅捜索した。土地売買の実態がないのに、総連から同社に所有権移転登記をした疑い

 特捜部は緒方元長官から任意で事情聴取した。14日未明、目黒区内の自宅前で取材に応じた緒方元長官は「外出中に捜索を受けた。13日夜に特捜部から土地売買の経緯について説明を求められ、事情を説明した。取引の途中で家宅捜索するのは取引をやめさせようとする行為で許せない」などと語った。 (02:09)


 また寝言こいてやがるな・・『取引をやめさせようとする行為で許せない』ってあんたまだ取引する気でいるの?正常な取引ならともかく、総連は借金の型に取られるのを防ぐために、緒方氏が代表を務める会社に所有権を移転した。整理回収機構に強い影響力を持つとされる検察の、最高検公安部長、公調の長官まで務めた人間を使うという念の入れ方でね。

 朝鮮総連が返済要求されている金は、もとはといえば朝銀からの融資金。朝銀には莫大な公的資金つまり国民の金がつぎ込まれている。それを返そうとせず逃げ回るなんざ言語道断。この悪事に緒方さん、あんたは加担しているんだ。許せないってのはこっちセリフだよ!


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。


関連エントリー:総連 要は潰れちまえということです
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。