管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
東京新聞 こんなコラム載せちゃって大丈夫なの?
 朝日新聞を筆頭に、未だ盲目的な中韓すなわち特定アジア擁護を繰り返したり、無理矢理『日本=悪』説をばら撒き続けるアッチ系マスコミ。

 最近では、アッチ系の親玉格といっていい朝日新聞への風当たりが強くなり、朝日はなかなか『本心』を書けないでいるようですが、比較的注目度が低めのアッチ系地方紙は、自由気ままに『中韓マンセー・日本ダメ』式の記事を書きまくる。

 本日のエントリーでは、そんなアッチ系地方紙の中から、東京新聞(中日新聞グループ)に登場していただきます。それでは6月7日付の筆洗という『名物コラム』をご覧下さい。(東京新聞から以下引用)

筆洗

2007年6月7日

ドイツのハイリゲンダムで始まった主要国首脳会議(G8サミット)にはせ参じた安倍首相、参院選目前に急落した支持率をなんとか回復しようと懸命だ▼五千万件の“消えた年金”に加え、松岡前農相自殺のダブルショックを強行採決の連発でしのぎ、サミットでは地球温暖化対策の独自案を提出して、これを追い風に来年の北海道洞爺湖サミットまで生き延び、議長を務めたいのだろう

▼だが、来月の参院選の苦戦が予想される安倍首相と同様、サミットに集まる各国首脳は、退陣が決まったブレア英首相や、任期あと一年半、支持率最低のブッシュ米大統領ら、旗色の悪い人が多い。安倍首相のドイツ現地での認知度は17%で七位、好感度も六番目とか

▼サミットといえば、世界制覇をもくろむ“東インド貿易会社”の攻勢に対抗しようと、世界中から“伝説の海賊”九人が“世界の果て(ワールド・エンド)”に集まるのが、ハリウッド映画『パイレーツ・オブ・カリビアン』完結編『ワールド・エンド』だ▼五月末から世界同時公開で、興行記録を塗り替える人気。安倍首相もあやかりたいところだ。映画ファンとして寂しいのは、この大航海時代に活躍する伝説の海賊たちの中に、日本人が含まれていないこと。アジアの国々といまだに歴史を共有できないこの国は、エンターテインメントの仲間には入れてもらえない

▼十六世紀、ボリビアのポトシ銀山と並び、世界の銀産出量の三分の一をまかなった島根県の石見銀山がことし、世界遺産登録から漏れたのはそのせいかも


 イタタタタ・・痛すぎるよ東京新聞。たかが一本の映画に日本人が出てこなかったというだけで、『アジア(管理人注:中韓のこと)の国々といまだに歴史を共有できないこの国は、エンターテインメントの仲間には入れてもらえない』と断じてしまうことが出来る、執筆者の頭の中を見てみたい。ドロドロに腐ってるんじゃなかろうか。

 白髪三千丈よろしく誇張が大好きで、政治に利用するために『歴史』が存在するような中国と、韓国は対日戦勝国だ!というような妄想が大好きで、妄想をそのまま『歴史』だ!とか言っちゃうキ印の韓国・・こいつらと歴史が共有できると思っている、そして共有しなければならないと思い込んでる・・かなりの重症です。

 で、なんですか?『島根県の石見銀山がことし、世界遺産登録から漏れたのはそのせいかも』・・うーん、手の施しようがない。全ての事象に中韓との歴史が共有できないため云々をくっつけてしまう病気も併発。この人に天気予報欄なんかを任せたら怖い事になりそうです。明日9日は中韓との歴史が共有出来ていないため雨・・とかやりそう(笑)。


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。