管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
民主党 追求する方がこれじゃあねえ
 今月23日の衆議院予算委員会にて話し合われた『政治とカネ』の問題。与野党共に問題を抱えている中で、野党はどのように問題に切り込んでいくのか、また与党はどのように対処するのか注目しておりましたが、こんなんなってます。こちらをご覧下さい。(sankei webから以下引用)

松岡農水相「適切に対応」 光熱水費、法改正後も過去分開示せず

 衆院予算委員会は23日午前、安倍晋三首相らが出席して政治資金問題など「政治とカネ」をめぐって集中審議を行った。松岡利勝農水相は、議員会館の事務所で無償の光熱水費に年間500万円以上支出していた問題について「法の定めに従い適切に対応している」と改めて述べ、内訳は明らかにしない考えを示した。安倍首相も「松岡氏は法に従っていると説明している」と擁護した。

 民主党は高山智司、岡田克也両氏が質問に立ち、「松岡氏は説明責任を果たしていない」などと執拗(しつよう)に追及した。松岡氏は、与党が今国会に提出を予定している1件5万円以上の光熱水費などに領収書の添付を義務づける政治資金規正法改正案が成立した場合でも「法に従って対応する」と述べ、実施以前の事項にさかのぼって適用されない「法の不遡及(そきゅう)原則」により、過去の分は公開する必要がないとの認識を示した。

 一方、安倍首相は民主党の角田義一前参院副議長について「朝鮮総連から(違法な)献金を受けていたとの疑惑がある」と指摘。さらに小沢一郎代表が事務所費で高額の不動産を取得していた問題についても「政治活動に本当に複数の不動産を所有する必要性があるのか」と述べ、反転攻勢に出る場面もみられた。

 集中審議は、3月に国会審議が停滞した際、事態打開の条件として平成19年度予算の成立後に行うことで与野党が合意していた。


 うーん・・松岡大臣の問題に比べると、民主党が抱える問題の方が遥かに大きいので、民主がどんな追求をしようがシラケちゃいますね。脱法行為ではないかと指摘されている小沢代表の約10億円といわれる不動産取得問題、角田議員他、民主党の議員が日本の敵である北朝鮮の傘下団体からカネを貰っていた(今のところ疑惑)など、デカイネタがゴーロゴロしてますからねえ。

 朝日新聞は予算委員会の与野党のやり取りを社説にて取り上げ、松岡大臣を批判する一方で、小沢氏を持ち上げて露骨に民主を応援するという、かなり無理のあることを書いておりますが(朝日新聞)、これによって、いつもいつも朝日に踊らされて突撃→自爆!という恥ずかしい行為を繰り返してきた『街灯にたかる虫』のごとき習性を持つ民主党は、またぞろ自爆ブーメラン炸裂に向かって一直線か。

 説明責任を果たしてない!・・と松岡大臣を攻撃するも、怪しい書類を出してきて『俺は説明責任を果たした!』とふんぞり返ってる小沢氏が説明責任を果たしたとは言えないし、角田氏なんかにいたっては、民主党自らが『献金問題について説明責任を果たしてない』として角田氏を処分してます。そしてその後、角田氏が何かアクションを起こしたという話は聞こえてこない。今回のブーメランは痛そうだなあ(笑)。

 
banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。


※これまでの経緯を知らない、あるいは忘れちゃったという方は下の関連エントリーをご覧下さい。

関連エントリー1:朝日にマトモな事を言わせる民主はスゴイ
関連エントリー2:民主党 さっそく自爆の第一弾~
関連エントリー3:北朝鮮・総連とズブズブの民主党
関連エントリー4:民主党 タイマー式自爆装置作動
関連エントリー5:民主党 他人に厳しく自分に大甘
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。