管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
国民投票法案成立 ようやくですよようやく
 先月、衆院において可決され、参院に送られていた国民投票法案が昨日、参院本会議において成立しました。これによって憲法に規定されている改憲への手続法がないという『異常事態』がようやく、ようやく正常化されることになりました。

 さて今回のエントリーでは、憲法を改正するか否かを『国民』が投票権を行使することによって決める・・この極めて民主主義的な話を完全否定し、同法案に絶対反対の姿勢を示していた『アッチ系』の皆様が、何やら喚いておられるようなので、ご覧頂きたいと思います。(中国新聞から以下引用)

胸張る与党、野党「汚点」 「怒り感じる」と傍聴人 '07/5/14

 「審議は尽くした」と胸を張る与党、「憲政史上に重大な汚点を残す」と批判する野党。憲法改正手続きを定める国民投票法案が十四日、野党議員の抗議と与党議員の拍手の中、参院本会議で成立した。傍聴人は「怒りを感じる」と話し、国会周辺では、市民団体のメンバーらが反対する行動を展開した。

 正午前、扇千景議長が投票ボタンでの採決を促し「賛成一二二、反対九九。よって本案は可決されました」と宣言。

 傍聴していた埼玉県新座市の谷森桜子さん(60)は「六十年守ってきた憲法を一気に変えようとするのか。世界に誇る九条がなくなってしまうのではないかと怒りを感じます」と憤った。

 また国会前では、労働組合や市民団体のメンバーら数百人が法案成立に反対。「国民投票法案粉砕」「九条改憲を許さない」などとシュプレヒコールを繰り返した。

 憲法調査特別委員会の委員として議論してきた仁比聡平氏(共産)は「憲法違反の指摘もあるのに、採決に踏み切ったのは問題。重大な汚点」と憤慨。近藤正道氏(社民)も「最重要法案なのに、こんな形で審議を打ち切るのは納得できない。問題点が浮上しており、議論を続けなければいけない」と不満をぶちまけた。

 法整備には基本的に前向きで、法案の修正を求めていた民主党。大久保勉氏は「最初からXデーが決まっていて、与党は強硬だった。形式的要件は整えたが、内容が評価に値するものかは疑問」と与党の対応を批判。

 一方、与党は「審議を尽くした」と胸を張った。山本順三氏(自民)は「与野党間の論点の差はすべて埋められないが、議会制民主主義にのっとった手続きだった」と強調。沢雄二氏(公明)は「問題点も出尽くした。(憲法改正までに)細部を詰めなくてはいけないが、憲法で規定されている権利がようやく国民に戻った」と話した。


 ああクセエクセエ。香ばしい面々が騒いでおりますなあ。『粉砕!!』などと古臭いシュプレヒコールを連呼していたんですか。いつの時代の人だよ(笑)。気分は今でも大学生、ダサいヘルメット被ってゲバ棒を片手に『今日も元気に闘争!』ってか。年を考えなさいよ年を。

 で、法案成立を受けて『重大な汚点』などと言ってる共産の議員がいますが、改憲への手続法が無いという異常な状況を放置してきたことこそが重大な汚点なんだよ。何も責任を感じないの?国会議員として。次に社民の議員が『議論を続けなければいけない』などと言ってますが、何をどうしようとも最後まで反対するくせに、ふざけたことを抜かすな、と言いたい。

 まあ、こういった輩共は自分達が少数派であることを自覚しているので、改憲に繋がるような動き全てに反対してるわけですが、法案成立によって憲法はノイジーな少数派の手から国民の手に戻った。これからが本番ということになりますが、やっと手にしたこの権利を、またぞろアッチ系に取られてはなりません。


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。

 
関連エントリー1:国民投票法案可決 反対してる人のイカレっぷりが凄い
関連エントリー2:朝日新聞 気に入らないから廃案にしろ!
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。