管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
浅野史郎 俺に投票しない奴はバカ
 先月行われた東京都の都知事選挙。現職の石原氏の勝利という結果で幕を下ろしたこの選挙でしたが、当ブログが注目していたのは石原氏の対抗馬としてアッチ系の皆様に担ぎ上げられていた元宮城県知事の浅野史郎氏。

 香ばしい面々に支えられ、なぜか選挙には関係のない外国人団体である韓国の民団に応援要請するなど、なかなか楽しい動きをみせてくれた浅野氏ですが、選挙から1ヶ月の時が流れ、先の都知事選を振り返って何か発言をされているようなので、ご覧頂きたいと思います。こちらをご覧下さい。(Yahoo ニュースから以下引用)

<浅野史郎氏>都知事選後初の講演会…敗北に「恨み節」も

5月12日20時53分配信 毎日新聞

 東京都知事選で現職の石原慎太郎知事に敗れた前宮城県知事の浅野史郎氏(59)が12日、仙台市内の、AED(自動体外式除細動器)の普及に取り組むNPO法人キューオーエル(横山英子理事長)が主催した講演会にゲストで出席し、講演した。選挙後に地元の仙台で公の場で話したのは初めてで、「都民はマニフェストを読まないことが分かった」などと“恨み節”を交えて選挙を振り返った

 講演は仙台市青葉区の市シルバーセンターで行われた。浅野氏は石原氏の知名度や石原氏を支援した自民や公明の組織力の強さ、マニフェスト選挙が盛り上がらなかったことなどをあげ、「予想外だったのは石原さんの『反省しています』という発言。高額出張や側近政治などについて説明不足であることを反省したのに、都民はあれにみんなやられてしまった」などと分析した。

 そのうえで、「都民にとって都政は関係ない」「格好良いか良くないかという個人の人気がほぼすべてとおもっている都民が多い」と話し、「石原都知事が不出馬宣言を撤回して4年後に出馬するとでも言い出さない限り、次回都知事選に出馬することはない」と述べた。【山寺香】


 あらあら。敗戦直後は『私が敗因。不徳のいたすところです(関連エントリー3を参照)』と殊勝な事を言ったり、『石原都政の実害を受けている人は限られた層だということ。それが一般に広がらなかったのがこの結果だと思う(毎日新聞※googleキャッシュ)』と案外まともな敗因分析をされていたので、ちょっぴり見直していたんですが、地金が出ちゃいましたかそうですか。

 ナニナニ?『都民はマニフェストを読まない事が分かった』・・うーん、私は浅野さんのマニフェスト(参照:浅野史郎氏HP)を読ませていただきましたが、むしろ読まれなかった方がかえって良かったのではないかと思います大変失礼ながら(笑)。多くの都民が読んでいたら、あれだけの得票は出来なかったんじゃないでしょうか。

 内容を見て特にウーンと唸らせられた政策はありませんでしたし、浅野氏の昔からの看板である福祉と情報公開の政策のほかは、ハッキリ言って石原都政を否定するため『だけ』に書かれたような印象を受けました。これで『読んだら俺に投票するだろう』と言うのはチト無理があると思われます。

 で、『格好良いか良くないかという個人の人気がほぼすべてとおもっている都民が多い』なーんて都民をバカ扱いしてますが、こんな民主党の菅直人氏のような無茶な分析の仕方をしていると、ますます有権者に嫌われますよ。有権者をバカだと蔑んでいるような輩に、一体誰が投票するんです?


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。


関連エントリー1:浅野史郎 アッチ系の希望の星!
関連エントリー2:浅野史郎 なぜか民団に支援要請
関連エントリー3:浅野史郎 今時アッチ系を味方につけるなんて
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。