管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
北海道新聞は電波強すぎ
 今年4月に行われた靖国神社の春季例大祭に真榊を奉納した安倍首相。別に問題視するようなことではありませんが、靖国と聞いただけでファビョってしまう韓国、日本の野党からは強い電波が発せられた・・こんなニュースを昨日のエントリーで紹介しました。

 このエントリーの中では、日本の野党がこの調子で騒ぐということは、アッチ系マスコミもまたぞろ大騒ぎすると書きましたが、さっそくきました。北海道新聞の社説をご覧下さい。(北海道新聞から以下引用)

靖国への供物*道理のない宗教的行為(5月9日)

 安倍晋三首相が靖国神社の春季例大祭で「真榊(まさかき)」と呼ばれる供え物を奉納していたことが分かった。「内閣総理大臣」の肩書を添えて、である。

 首相は就任以来、靖国に参拝するかしないかは明らかにしない、あいまいな態度をとり続けている。中国や韓国との外交関係への配慮からだ。

 参拝ははばかられるが、靖国にまつられた「英霊」を尊崇する気持ちは変わらない-。そんな思いを、靖国関係者をはじめ信条を同じくする人たちに具体的行為で示したかったのだろう。

 しかし、供え物の奉納も参拝も宗教的行為であることに違いはない。もし首相が「この程度だったら中国も韓国も反発するまい」と考えているのなら、浅慮である

 案の定、韓国、中国両政府は警戒感を強めている

 せっかく改善に向かっている両国との関係がまた悪化すれば、これまでの首相の努力を自分で台無しにする愚かな行為だったということになる。

 首相は周辺に「私人」として奉納したと話しているそうだが、公私の別を強調してもあまり意味はない

 首相の言動は、どんなにささいなものであっても政治性をもって受け止められる。それは政治指導者の宿命ともいえる。五万円の真榊代をポケットマネーで払ったからいい、ということにはならないのだ。

 たとえ供え物の奉納であっても慎むべきなのは、隣国の反発を招くからということだけが理由ではない。

 参拝にしろ奉納にしろ、憲法の政教分離原則を無視するような行為なのだ。小泉純一郎前首相の靖国参拝をめぐる各地の訴訟でも、違憲判断はあるが合憲とする判決はまだないことを、わきまえてもらいたい

 首相は記者団に対し、真榊奉納について「靖国が外交問題化している」として説明を拒否した。これも不誠実な態度だ

 靖国に関しては国民の間にさまざまな考え方がある。侵略戦争を正当化するような靖国の歴史観に共鳴する首相に不信感を抱く国民も少なくない。

 そもそも外交問題化が懸念されることをなぜしたのか。首相には説明責任がある

 最近、靖国へのA級戦犯合祀(ごうし)に昭和天皇が不快感を示したことを裏付ける資料が相次いで見つかった。日本遺族会ではA級戦犯の分祀が可能かどうか検討する勉強会がスタートした。

 自民党内には分祀論に根強い抵抗があるが、仮に分祀が実現したとしても靖国が宗教法人である限り、政教分離の問題はついて回る。

 小泉前首相が約束した国立の追悼施設建設構想は、ずっと宙に浮いたままだ。靖国問題の根本的な解決のためにも真剣に取り組む必要がある


 相変わらず酷いですね北海道新聞は。何はなくとも日本を非難しっぱなしの韓国はともかく、今回、中国の反応は抑制的なものだったのに、韓国の反応と一緒くたにして『案の定、韓国、中国両政府は警戒感を強めている』ときました。中国を煽っております。もっと反日やってくれよ!ってか?『もし首相が「この程度だったら中国も韓国も反発するまい」と考えているのなら、浅慮である』・・ああそうだろうよ、お前らアッチ系が煽るからな。

 で、公私の別をしつこくしつこく聞いて回ってきたくせに公私の別を強調しても意味はないなどと書いたり、意味はないなどと書いてるくせに『公人か私人か』も争点のひとつとなった靖国訴訟を引っ張ってきて首相を批判。もう無茶苦茶。無茶苦茶といえばこれ。『小泉純一郎前首相の靖国参拝をめぐる各地の訴訟でも、違憲判断はあるが合憲とする判決はまだないことを、わきまえてもらいたい。』・・お前らいつまで現実から目を背け続けるつもりなの?

 あのな、確かに裁判官が『傍論』で『違憲じゃないかな』といったことはあるし、『合憲』であるという判決も出ていない。しかし最高裁では違憲かどうかを『判断するまでもない』として訴えを却下している。どういう意味か分かるか?それ以前の問題だと言ってるんだよ最高裁は。そしてこの最高裁の判決以降、各地で起こされてる同様の訴訟でも最高裁の『判断するまでもない』という判断は踏襲されている(関連エントリー1を参照)。

 にもかかわらず時間を最高裁の判断がなされる以前で止めて批判に利用する。この神経が分からん。神経が分からんといえば、真榊を奉納した『だけ』なのに話を大きくして国立追悼施設の建設が必要だ、みたいな結論にもっていくこの強引さ。反吐が出るよ本当に。


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。


関連エントリー1:靖国訴訟 最高裁の重み
関連エントリー2:毎日新聞はいつまでデマを流し続けるの?
関連エントリー3:靖国を巡る野党の反応がヤバすぎる件
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。