管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
朝鮮日報よ、無いものは認められないんだよ
 首相就任後はじめてとなる訪米を目前にした安倍首相が、米国メディアとのインタビューに応じ、いわゆる『従軍慰安婦問題』などについて語った・・こんなニュースを最近のエントリーで紹介しました。(ご覧になっていない方は関連エントリー4を参照)

 安倍首相はインタビューの中で、首相就任からこれまで繰り返し表明してきた『立場』をすこし丁寧に説明しながら再度表明した、と私は同エントリーの中で書きましたが、安倍首相が慰安婦について口を開くたびに噛み付いてきた朝鮮日報が、何やら『大変恥ずかしい』イチャモンをつけてるようなので、さらしあげておきます。(朝鮮日報から以下引用)

社説】安倍首相は真実を直視し、強制連行を認めるべき

 安倍首相が先日、第2次世界大戦中の日本軍慰安婦問題について、日本の首相として謝罪する必要があると語った。これは、今月26日に予定されている就任後初の米国訪問を前に、ニューズウィークおよびワシントン・ポストのインタビューに答えたものだ。安倍首相はその中で「当時の慰安婦の方々に心から同情する。日本の首相として大変申し訳ないと思っている」と語った。

 「謝罪」と「責任」に言及した安倍首相の発言は、一見したところこれまでの発言より改善したように映る。しかしこの発言は、日本政府と日本軍が直接関与し、慰安婦を強制的に連行したかどうかを聞く質問への回答を避ける中、仕方なく行ったものだ。安倍首相は問題の核心である、日本軍による強制連行については最後まで返答を避けた

 安倍首相があやふやながらも「責任」を認めたのは、日本軍慰安婦問題をめぐって米国の対日世論が悪化していることを意識したためだ。日本は現在、北朝鮮による日本人拉致問題に関して米国の支援を受けたいという立場だ。現在米国では占領地内の数万人の女性を慰安婦として連行したにもかかわらず、その事実を認めず、謝罪もしない日本が、十数人の日本人拉致被害者の問題にだけ大騒ぎをするのはおかしいという意見が上がっている。そのため安倍首相はそうした米国世論の沈静化を図る必要があった。

 ロイター通信は今回の安倍首相の発言について、「これまでの発言に対する米国内の批判をかわそうという努力」と評し、共同通信も「これまでの発言を完全に撤回しないかぎり、今回の発言も結局はその場しのぎとの印象を与えかねない」と指摘した。

 安倍首相が今すべきなのは、政府と軍が慰安婦強制動員に関与したことを正直に認めることだ。慰安婦問題については、日本政府や日本軍の介入を示す数多くの証言や証拠が登場している。

 最近では、1943年にボルネオ島で日本軍の海軍憲兵隊が、一般女性を連行し、慰安婦として強制動員したというオランダ軍情報部隊の報告書が韓国人研究者によって発見された。また第2次世界大戦後にオランダによる戦犯裁判で、ある日本人が「占領地の日本軍部当局からの指示を受けて慰安所を設置した」と証言したという判決文の記録も公表された。

 日本の慰安婦問題の専門家らは記者会見を開き、客観的な資料を否定し、慰安婦の強制動員を行った証拠がないと主張する日本政府の姿勢を非難した。安倍首相はいったいいつまで真実から目を背け、耳をふさいでいるつもりなのだろうか。
朝鮮日報/朝鮮日報JNS


 あらあら・・もう気の毒なくらいに穴だらけの社説をお書きになりましたね。ツッコミどころが多すぎて、どこから手をつけていいのやら迷ってしまいますが、とりあえず行ってみましょうか。まずはこれ。『安倍首相は問題の核心である、日本軍による強制連行については最後まで返答を避けた』ってやつ。

 産経新聞の記者である阿比留氏のブログに、安倍首相が今回受けたインタビューの全文が掲載されているのですが、その中にちゃーんとありますよ。(阿比留瑠比氏ブログから一部引用)

Q:私の記憶が正しければ軍が関与した証拠はないと述べたように記憶しているが。

A:これは官房長官談話のときの政府の調査についてであり、私が初めて述べたものではなく、今までの政府の見解(平林外政審議室長答弁など)を述べたものである。つまり事実関係について述べたのは私が初めてではないということである。ここで事実関係について述べることにあまり意味はないということである。


 先日、政府は社民党の辻元議員の質問主意書に対する答弁書を閣議決定しましたが、その内容は強制連行だなんだと言われる事に関する『証拠は見つかっていない』というものでした。安倍首相のスタンスも以前からこれと同じで、今回のインタビューでも同様のことを述べておられますが、いつもなら『安倍がまた強制連行を否定した!』などとやるところなのに、どうして今回は『避けた』なーんて言ってるんですか?朝鮮日報さんは。(関連エントリー2を参照)

 では次。『現在米国では占領地内の数万人の女性を慰安婦として連行したにもかかわらず、その事実を認めず、謝罪もしない日本が、十数人の日本人拉致被害者の問題にだけ大騒ぎをするのはおかしいという意見が上がっている』などと書いちゃってる朝鮮日報さんですが、これって北朝鮮や韓国の方が『よく使う』言い回しですね。米国の『誰が』言ったのかは知りませんが、米国議会調査局はこんな報告書を出してますけど。

いわゆる慰安婦問題の主要争点とされる「日本軍による女性の強制徴用」について同報告書は「日本軍はおそらくほとんどの徴募を直接に実行はしなかっただろう。とくに朝鮮半島ではそうだった」と述べ、いま下院に提出されている慰安婦問題での日本糾弾の決議案が「日本軍による20万人女性の性の奴隷化」という表現で非難する日本軍による組織的、政策的な強制徴用はなかったという趣旨の見解を示した。 (関連エントリー3を参照)


 はい残念!第3者である米国議会調査局が強制徴用は無かったと言ってます。朝鮮日報の中の人も、この報告書を読んでるはずですが、あまりにも『あるべき姿』からかけ離れてるので、見えないフリ聞こえないフリをしてるんでしょうかね?で、目を背け耳をふさいでるから、こんな『超』恥かしいことを書いちゃうんです。

 ナニナニ?『1943年にボルネオ島で日本軍の海軍憲兵隊が、一般女性を連行し、慰安婦として強制動員したというオランダ軍情報部隊の報告書が韓国人研究者によって発見された』・・ってあのー、この『新発見した!とブチ上げた韓国人研究者の方、この報告書が日本で既に数年前に書籍に掲載されていたことを知らずに会見まで開いて『大恥』をかいてるんですけど(笑)。(参照:こちら→その1:もういっちょ→その2)

 この報告書ってのは、例の『白馬事件(こちらを参照→産経)』関連のものだと思いますが、参照記事を見て頂ければ分かるように、『軍として』強制連行したわけではありません。というか数年前に発見されて未だ『証拠』として認められてないんだから、『お門違い』だってのは誰にでも分かる話だと思いますが朝鮮日報にはわからない。なぜなら真実から目を背け耳をふさいでいるから。一体いつまでそうしてるつもりなんでしょうかねえ?朝鮮日報は。


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。


関連エントリー1:朝鮮日報 日本が絡むと電波ゆんゆん
関連エントリー2:朝鮮日報 やっぱり日本が絡むと電波ゆんゆん
関連エントリー3:従軍慰安婦騒動の終わりの始まり
関連エントリー4:従軍慰安婦問題 そろそろ気付かないと恥ずかしい
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。