管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
韓国 テロリストやキ印が英雄になる国
 今月16日に米国バージニア工科大学で発生した米国史上最悪といわれる銃乱射事件。当ブログでは、この事件に関連する話題を連日取り上げてまいりました。

 関連する話題とは言いましても、ほとんどが犯人の出身国である韓国、そして韓国人(韓国系米国人含む)の事件に対する反応なわけですが(苦笑)、本日のエントリーでも、彼らの事件に対する興味深い反応を紹介したいと思います。こちらをご覧下さい。(Yahoo!Korea Newsから以下引用※韓国語)

■チョ・スンヒが烈士(?) … 非常識なネチズン

バージニア工科大での銃器乱射事件の犯人が韓国人のチョ・スンヒ(23)だと判明した後、大部分のネチズンは哀悼に参加しているが、一部の非常識なネチズンがチョ・スンヒを「アメリカに対して復讐した烈士」と称賛するなど常識以下のレスを書き、眉をひそめさせている

全世界が今度の事件について切なさと衝撃を感じている状況で、インターネット掲示板には、「チョさんが堂々たる韓国人の姿を見せてくれた」と評価する呆れたレスが続々と付いているのだ。専門家らはネチズンのこうした行動に対して、「気を引くための悪性レスなので評価する価値を感じない」と一蹴しながらも、一部階層に浸透している歪んだ反米意識が一般人に及ぶことを警戒している

ID「baseballabc」はあるポータルサイトで荒唐無稽にも今度の事件を、米軍装甲車に女子中学生2人が轢かれて死んだ「ヒョスンさん・ミソンさん」事件と関連づけて、「チョさんはアメリカに、彼女たちの復讐をした」と誇らしがった。ID「heresy00」はまた、「これが韓国の力だ。(アメリカは)我々を見下すな」と書いた。

「babe8405」は別のサイトで、「チョ・スンヒは真の愛国者だ。まだ韓国をよく知らない国に韓国を紹介した」と評し、「941707」は「30年後になったら、もしかすると安重根義士と同級の評価を受けるかも」としてチョ・スンヒの行為を正当化した。

「jang33000」は、「我が国のことを、他国を侵略したこともなくいつもビクビク縮こまっている民族だと思っていたが、チョさんは堂々たる韓国人を見せてくれた。誇らしい面がある」とチョ・スンヒを羨んだし、「sorimart」はチョ・スンヒを「民族の闘士」とまで称した。

自由主義連帯の申志鎬(シン・ジホ)代表はこうした現象について、「調べる必要も感じられない馬鹿げたもの」としたうえで、「言い返す価値も感じないことだが、こうしたことが繰り返されるのは危険なことだ」と、一部ネチズンの行動に憂慮を現わした。

高麗大の林インジン教授(社会学科)は、「芸能人に対する悪性レスが繰り返されるのと同様、インターネット特有の荒れた文化が反映された行為」に過ぎないとして、「気を引きたくて悪性レスを書く人たちにいちいち対応するのは針小棒大にすること」と、一部ネチズンの反米意識の過大評価を戒めた

ネチズンたちも、このような非常識な一部ネチズンに対して、「一部の人の行為が国際的恥さらしになる」と強く批判した。

(訳文は2chから頂きました。)


 もしかすると安重根義士と同級の評価を受けるかも・・わははは・・あるある(笑)。ただのテロリストが一夜にして英雄になったり、救国の英雄が一夜にして売国奴になったりするお国柄なので、十分あり得ますね。記憶に新しいところでいえば、国連軍を指揮して韓国を滅亡の淵から救ったマッカーサー将軍の銅像を引きずり倒そうという輩が大勢いましたしね。救国の英雄から一転、民族分断の元凶だ!みたいな話になってたからなあ。
 
 この大変鋭い指摘をした人は『30年後になったら』と言ってますが、時期はいつであれかなり高い確率で犯人から英雄になると私は予想します。今は米国の怒りを鎮めようと必死になってる彼らですが、ひと段落したら『親北朝鮮・反米派』あたりから『彼は英雄』などという主張が出され、必死こいて米国に頭を下げていた人達はそんなことはすっかり忘れて、それに簡単に乗ってしまうような気がする。それが韓国という国。


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。


関連エントリー1:米国史上最悪の銃乱射事件 あの国の対応
関連エントリー2:韓国 犯人は死んだので同姓同名の人間を攻撃!
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。