管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
米国史上最悪の銃乱射事件 あの国の対応
 16日、米国バージニア州のバージニア工科大学において発生した銃乱射事件。32名もの犠牲者を出したこの事件は、米国内に大きな衝撃を与えております。まずは犠牲者となった方のご冥福をお祈りすると共に、犠牲者のご家族、関係者の方々に心から哀悼の意を表したいと思います。

 私がこの事件を知ったのは、事件発生からかなりの時間が経ってからだったのですが、その後は2chや各種マスコミのサイト、米国CNNなどで情報を集めておりました。

 銃乱射後に自殺した犯人は身分証などを携帯しておらず、当初はアジア系男性の犯行であるという報道がなされ、2chなどでは国籍を巡って様々な憶測が乱れ飛んでおりましたが、しばらくして犯人は米国永住権を持つ韓国人であることが判明。(この報を受けて2chではもの凄い勢いでスレッドが消費されていきました)

 アジア系とは言ってもアジアは広い。まさか自分達の同胞が・・ということで、韓国内には衝撃が走っているようですが、米国に住む韓国人または韓国系米国人、そして韓国政府は、この問題にどのように対応するつもりなのでしょうか。まずはこちらをご覧下さい。(朝鮮日報から以下引用)

米大学乱射:報復恐れる韓国人留学生
米大学乱射 | チョ・スンヒ

 米国史上最悪の銃乱射事件を引き起こした犯人が韓国系との事実が広く知られると、韓国人留学生会は大きな衝撃を受け留学生全体が犯罪者と見られないか非常に心配している。当初米国の一部マスコミは犯人が中国人留学生と報じていたことから少し安心していた韓国人留学生たちは、犯人が韓国人という意外なニュースに大きな衝撃を受けた

 事件が起きたバージニア工科大学には大学院生を含み約2万6000人の学生が在籍しており、そのうち韓国人留学生や韓国系米国人を含む韓国系は合計500人ほどで、中国系は400人から500人、日系は二十数人だとAFP通信は報じた。しかし犯人のチョ・スンヒ容疑者のような学部生には韓国系米国人2世・3世や留学生の双方が数多く在籍しており、大学院生とは異なり特別な横のつながりはないという。

 同大学に在籍する韓国人たちで組織する韓人学生会は17日午前に対策会議を開き、今後の対応について協議した。ある学生は電話インタビューで、「今後は韓国から来た韓国人とは言えなくなった。誰かが尋ねれば当分は中国人か日本人と言うしかない」と語り、韓国人に対する偏見が高まることを心配した。さらに他の学生たちも「こんな大惨事を引き起こしたのが韓国系という事実に驚いた」「今後は米国人学生の冷たい視線に苦しむだろう」「偏見のためにアジアからの留学生が不利益を受けないか心配だ」などと語った。経営学科に通う同大学3年生のキム・ミンウさんは「銃乱射事件について最初は何かの間違いと思っていたが、こんなにひどい事件だとは思わなかった。犯人が韓国人という事実は本当に胸が痛いが、誰であっても誤りは誤りだ」と述べた。

 韓国人会の前の会長だったキム・ヨングン氏はこの日午前、緊急に韓国人会事務所を訪れ韓国人会レベルでの対策会議を開いた。キム氏は「これまで築きあげてきた韓国人への信頼が一気に崩れ去ってしまった。昨日の報道では犯人は中国系とされたのである意味安心していたが、今後は韓国人に対する冷たい視線にどう対応すればいいか分からない」とため息をついた。

 駐米韓国大使館の李泰植(イ・テシク)大使は電話インタビューで、「今回の事件の犯人が韓国人という事実に衝撃を禁じ得ない。現時点では大使館としてあらゆる対策を取りながら対応していくとしか言いようがない」と述べた。駐米韓国大使館は緊急の対策チームを構成し、現地に領事を派遣するなど韓国人学生の被害状況などの把握に努めている。

 一方事件発生直後、韓国人留学生たちは韓人学生会に集まりお互いの安否などを確認し合っている。

 その結果韓国人の被害者は腕に弾が貫通したパク・チャンミンさん(土木工学科博士課程)一人で、命には別状がないことが明らかになった。パクさんは銃弾が胸をかすめ腕を貫通したが、幸い骨には命中せず命にも別状はないという。パクさんは近くの病院で治療を受けている。この日の午後パクさんと十数分にわたり面談したワシントン駐在のチェ・スンヒョン韓国領事は、「幸いパクさんのけがは軽いが、精神的衝撃が大きいようだ。現在二人の友人が世話をして安定を取り戻しつつある」と韓国人取材陣に説明した。

 韓国人留学生たちによると先週も2回にわたり爆破予告があり、この日も試験シーズンでストレスを感じた学生の仕業と思っていたという。

ワシントン=許容範(ホ・ヨンボム)特派員


 留学生全体が犯罪者と見られないか非常に心配している・誰かが尋ねれば当分は中国人か日本人と言うしかない・・か。で、韓国政府の対応はと言いますと、外交通商部は『米国内で反韓感情が高まることはもちろん、韓国系住人に対するテロの可能性についても憂慮している(朝鮮日報)』んだそうで、韓国観光公社は16日から米国CNNで流していたCMを打ち切り(朝鮮日報)。

 続いてハッキリとした政府筋ではありませんが、米国で例の慰安婦騒動に関わっている韓国系の団体は『韓国出身の学生による銃乱射事件を受け、4月下旬の安倍首相の訪米時に予定していた集会などの活動を自粛する方針を固めた(朝日新聞)』んだそうです。つまり政府としても個人としても、なるべく『韓国という名前を表に出さない方針』で行くという事ですね。

 確かに、一部では韓国人をひと括りにして憎悪をぶつけてくる人もいるでしょうが、私からみればちょっと心配のしすぎではないのかと思ってしまいます。あくまでも個人の犯罪なわけですし。むしろ官民揃って妙にコソコソすることが、後々になって問題になる気がするんですが、どうでしょう?

 さて、この過剰とも言える反応は、彼らが普段どのように物事を捉えるのかを端的に表していて興味深いですね。自分達がこう考えるんだから相手もこう考えるに『違いない』というやつ。一部を全体とみなし、相手の非を極大化して責め立てる。これを普段からやってるので、自分達もそうされるに違いないと皆して思い込んでるんでしょう。

 日本人や中国人に成りすます前に、自分達への影響ばかり心配する前に、しばらくは犠牲者に対して冥福を祈り、平身低頭していれば、韓国全体がどうのという話には決してならないと思いますが、いつもの彼らの行動パターンからすれば『お前の方がもっと酷い式の相対化』、『韓国に目が向かないよう別問題を争点化』などを仕掛けて行くでしょうから、彼らの意に反して韓国そのものが問題視されることになるかもしれません。『なんだこいつらは!?』って。いずれにせよ今後に注目です。


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。