管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
国民投票法案可決 反対してる人のイカレっぷりが凄い
 一昨日、衆院の憲法調査特別委において採決にかけられた国民投票法案。法案は圧倒的多数を誇る与党の賛成で可決されました。一方、野党やアッチ系の皆様はエライ勢いで反発しているようです。こちらをご覧下さい。(asahi.comから以下引用)

「むちゃくちゃ」 抗議の声相次ぐ 国民投票法案採決

2007年04月13日08時03分

 施行60年。憲法記念日を前に、改憲手続きを定める国民投票法案が12日、衆院憲法調査特別委員会で可決された。傍聴席や国会周辺では、慎重審議を求める声があがった。

 「こんなやり方があるか」「むちゃくちゃだ」。採決の瞬間、傍聴席から怒りの声が相次いだ。

 00年に衆参両院に作られた憲法調査会当時から傍聴を続けてきた平和遺族会全国連絡会代表の西川重則さん(79)は「最初から、狙いは戦力を持たないと決めた憲法9条2項を変えることだった。強行採決は、その本音がついに出たということ」と語った。

 同日夕、日比谷野外音楽堂で開かれた抗議集会では、共産党の志位委員長は「拙速を避けて徹底審議を求める国民の多数の声を与党は踏みにじった」と批判。社民党の福島党首も「民主主義を踏みにじり、憲法を変えるための国民投票法の成立を許してはいけない」と訴えた。

 弁護士らでつくる「国民のための国民投票法を考える会」は同日、全国30カ所の街頭で実施した意識調査の結果を公表。約1800人の回答のうち「審議が尽くされていない」との答えは63%で、「審議が尽くされた」は4%だった。

 改憲に必要な賛成数については、60%が「総有権者の過半数」とし、与党案の「有効投票総数の過半数」より厳しい成立要件を求めた。

    ◇

 故湯川秀樹博士らが結成した「世界平和アピール七人委員会」は12日、「投票率に関係なく有効投票数の過半数という決め方は適切でない」とする声明を発表した。

 民放労連も「政府や政党の思惑によって法案を拙速に成立させてしまうことは必ず将来に大きな禍根を残す」との抗議声明を出した。


 何が拙速だよ。何をどうしようが賛成する気など無い輩に限って、拙速だのもっと議論しろだのと喚く。ハナから断固反対絶対反対の社民・共産や、対案を出して前向きなフリだけして、結局は社民・共産と同じように振舞う民主党とこのまま協議を続けたって、いつまで経っても埒が明かないんだよ。

 仮に10年、20年の時間をかけて議論を続けたとしても、おそらくこいつらは同じように拙速だ何だと喚くでしょう。『憲法で規定されている』改憲への手続法が『無い』という異常な状況を異常と思えないキ印どもは放っといて良いですもう。これ見てください。『民主主義を踏みにじり、憲法を変えるための国民投票法の成立を許してはいけない』という福島さんの発言。完全にイってます。

 民主主義を踏みにじってるのはお前だよ。国民投票では主たる民が投票権を行使して憲法を改正するか否かを決める。これモロ民主主義。それを許さん!と喚いてるあんたは反民主主義者だよ。それに、権利はあるが行使できないという従来の集団的自衛権の政府解釈よろしく、本当は憲法改正出来るのに、手続法がないから出来ないなんて意味不明なんだ。

 意味不明といえばこいつ。民主党の鳩山幹事長は『将来、憲法改正が現実となった時、今回の手続き法で強行採決されたことが何らかの汚点として残るのではないかと心配している。強硬姿勢に転じることで安倍政権の評価が上がると錯覚しているのではないか(朝日新聞)』などと批判したそうなんですが、ハア?ですね。あのな鳩山、汚点はお前の存在だ。


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。


関連エントリー:民主党 どこまでも無責任な政党
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。