管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
従軍慰安婦騒動の終わりの始まり
 日本軍が人狩りをして性奴隷に仕立て上げた!・・という酷い嘘から始まって、今では『ざんごうの中にまで慰安婦を連れ込んでいた!(関連エントリー1を参照)』などというトンデモない話まで飛び出している、いわゆる『従軍慰安婦』問題。

 この問題を利用して、日本を貶めようと躍起になっているのは、反日国家である韓国、そして中国。中国は米国内の中国系を動かして、日系の米国下院議員であるマイク・ホンダ氏(※成りすまし疑惑あり)を操り、米国の下院で日本を非難する内容の『慰安婦決議案』なるものを採択させようと画策しておりますが、ここにきて風向きが変わってきたようです。こちらをご覧ください。(sankei webから以下引用)

「組織的強制徴用なし」 慰安婦問題 米議会調査局が報告書

 【ワシントン=古森義久】米国議会調査局は日本の慰安婦問題に関する決議案に関連して議員向けの調査報告書をこのほど作成した。同報告書は安倍晋三首相の一連の言明を「矛盾」と批判しながらも、焦点の「軍による女性の強制徴用」については軍や政府が全体としてそうした政策をとってはいなかったことを認める見解を明らかにした。同報告書はさらに決議案の日本側へのこれ以上の謝罪要求に懐疑を示し、賠償を求めれば、日本側から原爆の被害者への賠償請求が起きかねないという懸念をも表明した

 議会調査局の専門家により3日付で作成された「日本軍の『慰安婦』システム」と題する同報告書は議員の審議用資料で23ページから成る。

 いわゆる慰安婦問題の主要争点とされる「日本軍による女性の強制徴用」について同報告書は「日本軍はおそらくほとんどの徴募を直接に実行はしなかっただろう。とくに朝鮮半島ではそうだった」と述べ、いま下院に提出されている慰安婦問題での日本糾弾の決議案が「日本軍による20万人女性の性の奴隷化」という表現で非難する日本軍による組織的、政策的な強制徴用はなかったという趣旨の見解を示した。

 しかし同報告書は安倍首相らの強制徴用否定の言明について(1)慰安婦システムの一部分である「徴募」だけの否定の強調は軍が大きな役割を果たした慰安所の設置や運営、慰安婦の輸送、管理などを矮小(わいしょう)化する(2)一部の言明は徴用にはいかなる軍の強制もなかったと受け取られ、日本政府自身の調査をも含む元慰安婦らの証言に矛盾する-と批判し、「強制性」の最大の論拠としては2002年に米英両国で出版された「日本の慰安婦」(田中ユキ著)という英文の書を挙げた。

 同報告書はその一方、日本政府が慰安婦問題に対して1990年代前半から「アジア女性基金」の設立などで謝罪や賠償の努力を重ねてきたことを詳述し、「同基金は元慰安婦たちに償い、助けるための日本政府の真実の努力だ」して、女性たちによるその基金からの賠償金の受け取りを韓国政府が事実上の脅しにより阻んだとして非難した。同報告書はとくに賠償について政府間ではすでに対日講和条約や日韓関係正常化で解決ずみとの見解を示し、もし諸外国が日本にいま公式の賠償を求めれば、「日本側は戦争中の東京大空襲の死者8万人や原爆投下の被害への賠償を求めてくる潜在性もある」とも指摘した。

 下院決議案は日本の首相や政府に改めて謝罪の表明を求めているが、同報告書は河野談話や歴代首相の「アジア女性基金」賠償受け取りの女性への謝罪の重要性を強調し、「それでも不十分だとする批判者たちはなぜ不十分なのか理由を明示していない」として、謝罪要求への懐疑を明確にした。同決議案はさらに米側の一部が「日本の国会での謝罪決議」を求めることに対しても、「そうした決議が成立する見通しはきわめて低い」として、この種の要求の非現実性を指摘する形となった。

(2007/04/12 07:37)


 うわあ・・日本軍はおそらくほとんどの徴募を直接に実行はしなかっただろう。とくに朝鮮半島ではそうだった・・韓国人がこの報告書を見たら発狂してしまうでしょうね(笑)。韓国では騒動が始まってからこれまで、いわゆる『強制連行説』を武器に日本を攻撃してきたので、こうまでハッキリ否定されると困ってしまうのではないでしょうか。まあ困ろうがどうしようが、こっちの知った事ではありませんが。

 さて、報告書の内容を見てみますと、まだ若干の妙な誤解があるようですね。国内問わずアッチ系マスコミがセンセーショナルに『日本政府が強制性(あらゆる意味合いにおいての)を全否定!』とかやってるんで仕方ないですが、取り合えず問題の核心にして最大の虚構である『強制連行説』を否定出来れば、この問題に絡みついてるその他の嘘も吹き飛ばす事が出来る。時間はかかるでしょうけれども。

 楽しみなのは今後のアッチ系の動きですね。報告書には『そうした決議が成立する見通しはきわめて低い』と書かれていますが、『米国の下院で慰安婦決議が成立する!』などと騒いでいた人達はどうするんでしょう。日本政府の『慰安婦に同情しお詫びするが強制連行はなかった』という立場と報告書に書かれている事はほぼ同じ。攻め手がないなあ。さあさあどうする?朝日新聞さん。

 
banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。


関連エントリー1:韓国 妄想は果てしなく~
関連エントリー2:従軍慰安婦問題ブログ内検索結果
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。