管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
加藤、山崎 『終わってるのに見苦しい』
 毎年、多くの議員が外遊に出る時期であるGW。行き先は米国だったり欧州だったり中国だったり人それぞれですが、 アジア外交(実際は特アだけが対象)重視!・・がモットーの自民党きっての売国議員『加藤紘一氏と山崎拓氏』はやはりというか何というか、こちらの国々に出かけて行くそうです。(朝日新聞から以下引用)

「アジア重視派」加藤紘一・山崎拓両氏、GWに中韓訪問

2007年04月10日20時28分

 自民党の加藤紘一、山崎拓両元幹事長らが4月末から5月初旬の大型連休中に中国、韓国を訪問する。参院選後の政界再編もにらみ、「アジア重視派」の存在感を高める狙いもありそうだ。

 加藤、山崎両氏らがつくる「アジア外交・安保ビジョン研究会」の活動の一環。同研究会の中谷元元防衛庁長官や稲葉大和元文部科学副大臣らが同行する。北京で政府要人と会談するほか、中朝国境にある遼寧省の丹東や吉林省の延吉も視察する予定だ。


 おい朝日、こいつらの口から中韓以外の『アジア』の国について何か聞いたことあるのか?無いだろうよ。口を開けば中韓中韓(たまに北朝鮮も)と喚いてる加藤、山崎が『アジア重視派』?いい加減、特ア限定土下座政治屋を指して『アジア重視派』などと呼ぶのはやめろ。

 おっと話が脱線しました。加藤、山崎両氏と同じくアジアには特アの国しかないと認識している視野の狭い『特ア以外のアジア無視派』である朝日新聞のことは置いといて、加藤、山崎氏は何をしに行くんでしょうか。まあどうせ、訪問した先の国の要人と会って、相手から安倍首相批判を引き出し、自分達も一緒になって批判する・・ってのが狙いなんでしょう。

 最近になって、加藤氏らは古賀、二階氏らと接近して何やら画策している(Yahoo ニュース)ようですし、自民党内で『窓際』に追いやられた現在の状況を何とか打破して、もう一度権力の階段を登りたい・・そのためには安倍首相を退陣に追い込む必要がある。参院選で自民を『負けさせれば』自分達にもまだチャンスがあると踏んでるんでしょう。

 でもね加藤さんに山崎さん、あんたらにチャンスが回ってくることなんて、金輪際ありませんよ。また前回の『加藤の乱』よろしくグダグダになって恥をかくのがオチだ。仮に加藤、山崎氏ら売国議員達が権力を握ったとして、現在の自民支持層はどう動くか。大部分は離れてしまうでしょう。自民党は本当の意味でぶっ壊れる。そんな疫病神に誰がついて行くのか?ちょっと考えれば分かりそうなものですがね。


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。