管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
北朝鮮 日本が怖くて仕方ない
 日本人を大勢拉致するわ、突然ミサイルぶっ放すわ、さらには核実験を実施した!と発表するわで日本を本気で怒らせてしまった北朝鮮。

 日本はこれまで見せた事の無いような強い姿勢で国連安保理における対北朝鮮制裁決議採択を主導し、あの金持ちケンカせずの日本が・・と国連加盟各国が驚くほどの厳しい態度を北朝鮮に対して取っています。

 厳しい態度を取っているのは6者協議の枠組みの中でも同じ。北朝鮮の本来の目的である『核放棄はせずに金だけ毟る』作戦が、日本の『拉致問題の解決なくして支援無し』のひと言でなかなか上手くいかない。

 ということで北朝鮮は業を煮やし、機会あれば日本を非難したり、韓国を使って日本を非難させたり、日本は孤立している!と叫んでみたり、また同じ事を日本のアッチ系マスコミに言わせたりと必死になっていますが、またぞろ何やら喚いてるようです。こちらをご覧ください。(聯合ニュースから以下引用)

日本の選対委設置は「分不相応」、北朝鮮が非難 2007/04/08 16:06

【ソウル8日聯合】北朝鮮の朝鮮労働党機関紙、労働新聞は8日、日本政府が国際機関の役職や理事国を選ぶ選挙に備え外務省内に選挙対策委員会を設置するとしたことを受け、「分不相応の行動だ」と非難した。

同紙は「分不相応の行い」と題した記事を通じ、選対委員会の設置は、政治大国を夢見る日本が国連での責任ある地位を狙い支持票をかき集めようという術策の一環だと指摘。国際社会が日本をどう見ているのかも分からず不相応な行動を行っていると批判した。

また、日本は人類に不幸と苦痛を強要した犯罪的過去を持っていながら謝罪と保障をしようともせず、これを否定・歪曲(わいきょく)し軍国主義の野望を追求している危険な国だと主張した。

海外平定の野望を抱く日本は信頼すべき国ではなく、国際機関の責任ある座を占めることを支持・許す国などないと強調し、日本は世界での評価を正しく認識し、分に過ぎた行いはやめるべきだと主張した。


 ふう。かなりの強い電波ですね。内容に対するツッコミは後回しにするとして、北朝鮮が言いたい事は要するに、日本がこれまであまり積極的ではなかった『負担には応分の影響力確保』を目指すのが怖くて仕方ないと。そういうことですね。北朝鮮が国連その他の国際機関で何かをやらかそうとしたら、そこには日本の鋭い目が光っていて常に待ったをかけられるのは嫌でしょうから。

 さて、では北朝鮮が日本に対して『分不相応だ』と言う理由を見てみましょうか。まずはこれ。『日本は酷い事したのに謝罪も賠償(文中では保障)もしていない!』については日本は謝罪しまくりで賠償に関しても全て解決済み。ちなみに北朝鮮の分は朝鮮半島唯一の合法政府たる韓国に支払っておりますので、この批判は的はずれ。

 次に軍国主義の野望を追求してるだの、海外平定の野望を抱く日本だの、今の日本の姿のどこをどう見ればこんな話になるのか『特定アジア』の国以外には理解不能。で、特ア目線から見れば日本が『国際機関の責任ある座を占めることを支持・許す国などない』となるそうなんですが、ホントにそうでしょうかねえ?

 当ブログでも紹介しましたが、英BBCが世界数十カ国、数万人を対象に行った『世界に良い影響・悪い影響を与える国』という世論調査で、日本は『世界に良い影響を与える国』の第一位に輝いてます。しかも二年連続で。あれれ?ということは、日本が国際機関の責任ある座を占めることを目指すのは、別に分不相応ではないということになりますね(笑)。ま、日本が次々と重要なポストをゲットしていくのを悔し涙を浮かべながら眺めてなさい。


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。


関連エントリー:『日本を悪く言うのは中韓だけ』の証明 2
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。