管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
朝鮮日報 やっぱり日本が絡むと電波ゆんゆん
 普段は比較的冷静な論調で的確な記事を書き、特に北朝鮮関連の話題では日本のマスコミなどよりも遥かに頼りになる情報を提供してくれる韓国の朝鮮日報。

 しかし日本が絡む記事を書くときは、途端に冷静さを失い、ただ日本を非難するために理屈をこね回すという、朝日新聞などと同レベルに堕ちてしまうのも朝鮮日報。

 先日のエントリーでは、朝鮮日報が現在またぞろ騒がしくなっている、いわゆる『従軍慰安婦』問題について、怪しい証言や証拠にもならない証拠のようなもの、極めて胡散臭い学者先生の主張を引っ張り出して日本を非難する社説を書いていたことを紹介しましたが、また何やらおかしなことを喚いてるようです。こちらをご覧下さい。(朝鮮日報から以下引用)

【社説】日本の成熟度、精神年齢を疑う

 安倍首相が3日、米国のブッシュ大統領に電話をかけ、日本軍慰安婦問題について説明したとの報道があった。日本のメディアによると、安倍首相は「わたしの真意や発言が正しく報道されていない」とした上で、「これまでの政府の立場を踏襲し、辛酸をなめられた元慰安婦の方々に心から同情し、極めて苦しい状況におかれたことについておわびを表明している」と語ったという。

 安倍首相の発言は、口では謝罪するとしながら、問題の本質である慰安婦の強制徴用については認定せず、責任逃れをするという、これまでの日本政府の姿勢に沿ったものだ。

 安倍首相が慰安婦問題について本当に謝罪するつもりがあるなら、被害にあった当事国である韓国や中国などのアジア諸国と実際に強制徴用された元慰安婦の人たちに対し、公にその気持ちを表明するべきだ。

 ところが安倍首相は夜更けに第三者にすぎない米国の大統領に電話し、謝罪する意思を表明した。あきれてものが言えないとはこのことだ

 もちろん、安倍首相が当事者である西方の国々に対しては慰安婦問題を認めず、謝罪もしないでおきながら、東方の第三者に対して下手に出ている理由は、容易に推測できる。

 現在、米下院では慰安婦問題をめぐる対日非難決議案が審議されている。米下院は安倍首相が今月26日に米国を訪問する際、慰安婦問題についての説明を求め、それを受けて決議案の採決を行う方針だ。安倍首相はそうした状況を防ぐため、ブッシュ大統領に善処するよう求めたのだ。

 また「日本の前途と歴史教育を考える議員の会」に所属する日本の極右議員らは、下院決議案の採択を阻止するため、訪米を準備している。この団体は慰安婦の強制徴用を認定した河野談話の修正を要求し、物議を醸した団体だ。安倍首相はかつてこの団体の事務局長を務めていた。彼らの動きを見ても、安倍首相がブッシュ大統領との電話会談で慰安婦問題を持ち出した本当の意図を知ることができる。

 日本は実際に被害に遭った同じアジアの人々による訴えには耳を貸さずにおきながら、米国やカナダ、ドイツといった欧米諸国から批判が出たときだけは神妙にしてきた。日本は世界第2位の経済大国だ。しかし成熟度や精神年齢の面では、それに見合った発達を遂げることはできなかったようだ。

朝鮮日報/朝鮮日報JNS


 第三者にすぎない米国の大統領に電話し、謝罪する意思を表明した。あきれてものが言えないとはこのことだ・・ってあのー、その第三者にすぎない米国に問題を持ち込んで、米国に日本を非難させようと画策してるのは一体どこの誰なんですかねえ?ええ、あんたらの同胞ですよ同胞。あきれてものが言えないのはこっちですよ。

 それにね、韓国には謝らないのに欧米には下手に出ているなどと安倍首相を非難してますけど、河野談話を継承し慰安婦の人達が置かれた状況に『同情し、おわびする』としながら、軍が人狩りをして性奴隷に仕立てた!という意味合いで語られる強制連行などについては否定するというのは、首相就任からこれまで安倍首相が貫いてきた姿勢。

 つまり安倍首相は同じ説明を繰り返してるにすぎないわけですが、説明を受け取る側が毎度毎度『勝手に解釈を変更』して、まるで違う事を言ったかのように言い立ててる。それは誰かって?朝鮮日報さん、あんたらだよあんたら。ある時は『安倍が河野談話継承を明言→強制連行も認めた!』と解釈したり、またある時は『安倍が強制連行を否定した』などとやる。

 まあ、これをやってるのは朝鮮日報に限った事ではありませんが、この『騒動』を注視してる私などからすれば実に滑稽。その時々によって首相の発言を『都合の良い』ように解釈し、それをもとに必死こいて日本を非難する『ためだけ』の記事を書いてる姿を想像するだけで笑いがこみ上げてきちゃいます。お前ら必死だな!って(笑)。


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。

 
関連エントリー:朝鮮日報 日本が絡むと電波ゆんゆん
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。