管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
キ印の北朝鮮『核保有国として認めろ!』
 今年2月に行われた6者協議にて、核施設の閉鎖(初期措置)、核施設の無能力化を実行すれば、北朝鮮に見返りを与えるという合意がなされました。

 初期措置としては寧辺原子炉(5000キロワット級)など5つの核施設を60日以内(つまり今月)に閉鎖しなければならないということになっておりますが、北朝鮮はバンコ・デルタにある凍結解除された資金が返ってきてないから云々とゴネ、初期措置の履行を遅らせようとしています。

 期限が切れた後に、日本や米国がどう動くのか、これから注目していたいところですが、初期措置の次の段階について、先手を打つように北朝鮮が何やら言ってきているようなので、紹介したいと思います。こちらをご覧下さい。(中日新聞から以下引用)

核保有国認定が条件 施設無力化で北朝鮮主張

2007年4月2日 02時19分

 北京で3月中旬に行われた6カ国協議の「朝鮮半島非核化」に関する作業部会で、北朝鮮側が「核施設の無能力化」に応じる条件として核兵器保有国として認めるよう主張していたことが1日、分かった。複数の協議筋が明らかにした。

 北朝鮮は2005年の6カ国協議共同声明で「すべての核兵器、核計画の放棄」を約束しているが、今回の主張は、既に持っているとみられる核兵器や原料のプルトニウム数10キロは放棄しないとの宣言に等しい

 昨年10月の核実験に続き、核保有国を目指す立場を鮮明にした形で、マカオの銀行バンコ・デルタ・アジア(BDA)の資金移管問題が決着し6カ国協議が再開した場合も、今回表面化した条件が協議進展の新たな障害になるのは必至だ

 北朝鮮は2月の6カ国協議共同文書で、寧辺の核施設稼働停止など「初期段階措置」に続き、「次の段階」として核計画の完全申告や核施設無能力化に同意した。だが協議筋によると、先の作業部会で「次の段階」の措置は「責任ある核保有国としての認定が実施の条件だ」と主張した。
(共同)


 ああもうウンザリ。なにこの斜め上の話は。『非核化』の話をしてるのに『核保有国として認定しろ』だあ?意味不明な事を言うにもほどがあるぞ。ちょっと譲歩してやったら、乞食根性を丸出しにして条件を吊り上げる。記事にありますが、この条件を出してきたことによって、またぞろ6者協議はグダグダになりそうです。

 絶対にこちらが呑む事の出来ない『あり得ない』条件を出し、時間を稼ぐと共に例の『死ぬ死ぬ詐欺』で韓国などから支援を引き出しつつ、米国の大統領が変わるまで待つ。で、民主党から大統領が選出されれば、『へたれ』クリントンを丸め込んだ時のように、全ての話をなし崩しに出来るだろう・・こう考えてるんですかね北朝鮮の中の人は。

 もうね、いい加減やめにしましょうよ。こいつらと話し合いをしたって無駄だって。何度同じ失敗を繰り返せば気が済むのか。イランに取り掛かるから忙しいとか言ってる場合じゃないよホントに。もし北朝鮮が『核保有国認定要求』の路線で行くなら、私を含めて日本の核武装に懐疑的な人達だって、今後どうなるかわからんよ。嫌ならとっとと北を空爆して金豚以下の支配層を(ry


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。