管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
北海道新聞 特ア某国から言われて書きました
 先月30日、弾道ミサイル防衛のための地対空誘導弾いわゆる『PAC3』の装備品が埼玉県入間市にある航空自衛隊基地に搬入されました。自衛隊のPAC3配備は初めてとなります。

 どこかの誰かが日本に向かって撃ってきたミサイルを打ち落とす・・信頼性がどれほどあるのかはまだ何とも言えませんが、専守防衛の日本らしい装備ではあります。しかしアッチ系のマスコミはそう思えないらしく、何やらトンチンカンな社説を書いているようなので紹介したいと思います。こちらをご覧ください。(北海道新聞から以下引用)


PAC3*議論置き去りの配備だ(3月31日)
 飛んで来たミサイルを空中で撃ち落とす。テレビゲームの世界のようなことが、日本で現実のものになりつつある

 航空自衛隊の地対空誘導弾パトリオット(PAC3)が初めて入間基地(埼玉県)に配備された。

 防衛省はこのあと、二○一○年度までに首都圏や西日本各地に順次導入していく。同時に海上配備型のSM3のイージス艦への搭載も進めるという。

 日本と米国が共同開発しているミサイル防衛(MD)は、日米の軍事一体化に拍車をかけるものだ。しかし、問題はそれにとどまらない。

 「専守防衛」を踏み外すのではないか。アジアの緊張をいたずらに高めることにはならないか

 そんな懸念が膨らむのは、配備ばかりが先行して国民への説明も議論も置き去りになっているからだ。

 専守防衛を国是とする日本は、憲法で集団的自衛権の行使を禁じている。だが、安倍晋三首相はMDの運用を念頭に置き、その解釈見直しを研究するといっている。そこには米国への配慮ものぞく。

 ミサイルを迎撃するには、事前に発射の兆候をつかまなければならない。当然、日米間で高度な情報の共有が必要になる。これだけでも集団的自衛権の行使につながりかねない。

 ましてや米国を狙ったミサイルを日本が迎撃することは、専守防衛の原則からいって許されない。ただでさえミサイルの標的国を瞬時に見極めることは、極めて難しいといわれる。MDにはそんな危うさがある。

 米国のシーファー駐日大使は先日、集団的自衛権について「解決されなければならない重大な問題だ」と語った。解釈論議が前に進まない日本へのいら立ちの表れだろう。

 しかし政府は、○三年に福田康夫官房長官談話で「MDは第三国の防衛のために用いるものではない」と言明している。いくら米国にせっつかれようが日本にはできることとできないことがあると、きちんと主張すべきだ。

 PAC3やSM3の配備という既成事実を積み上げて、なし崩しで集団的自衛権の行使に道を開くようなことがあってはならない。

 すでに政府は、MDの運用に関する緊急対処要領を決めている。緊急時には現場指揮官の判断でミサイルを迎撃できるようになったが、文民統制の観点から問題はないのか

 MDシステムの構築には総額で八千億-一兆円もの巨費がかかるが、精度はそれほど高くないとされる。果たしてコストに見合うシステムなのか。

 迎撃基地周辺の住民には、ミサイル攻撃の標的になるのではないかという不安もある

 政府には、こうした疑問にも丁寧に答えてもらいたい。


 もう無茶苦茶・・『アジアの緊張をいたずらに高めることにはならないか』ってなんで?迎撃ミサイルではなくて相手を攻撃するミサイルを配備したんなら、こういったことを言うのも分からないではないですが、そもそもどこかの誰かがミサイルを撃ってこなければPAC3の出番はないわけです。

 というか、緊張を高める云々を言うんなら、日本に向かってミサイルの照準を合わしてる国とか、トチ狂って突然ミサイルをぶっ放したキチ○イ国家に言え。根本の話をすれば、こういった国がなければ迎撃ミサイルの配備自体が不要。でも実際にあるんだよ。誰かに『PAC3があれば我々が日本の攻撃するときの邪魔になるじゃないか』と言われたんですかねえ?北海道新聞さんは。そうとしか思えんわ。

 まあ『とにかくPAC3の配備に大反対だ!』ということだけは伝わってきますが、誰のために反対しているのかが透けて見えるので、説得力は皆無です。これならまだ精度や費用対効果に絞った批判の方がマシ。例の国々からミサイルが発射されれば数分で日本に到達するというのに、文民統制を云々するというこの斜め上。アホすぎる。

 
banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。