管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
朝日新聞は日本国民の敵である
 日本軍が人狩りをして性奴隷に仕立て上げた!・・という『嘘』をセンセーショナルに報じて問題を『作り』、かつ煽りまくって、いわゆる従軍慰安婦問題を大問題にした朝日新聞。

 大戦当時政府として、あるいは軍としてそのような事はしていないという事がバレてからは、『広義の強制』という訳の分からない理屈をこねくり回し、最近では強制の有無を云々すること自体が『枝葉』であるなどと開き直っている呆れた朝日新聞ですが、またぞろ呆れる社説を書いているようです。こちらをご覧下さい。(asahi.comから以下引用)

下村発言―首相のおわびが台無しだ

 安倍首相の、いわゆる従軍慰安婦をめぐる発言の波紋がおさまらない。

 発端となった今月初めの「強制性を裏付ける証拠はない」との発言が国内外で批判されて以来、首相は強制性への言及を封印し、元慰安婦への「おわび」を繰り返し表明している。

 来月下旬に初の訪米を控えていることもあるのだろう。93年の河野官房長官談話を継承する立場を鮮明にし、ひたすら波紋の沈静化を図ろうとしている。

 そんな首相の努力に冷や水を浴びせる発言が、下村博文官房副長官から飛び出した。ラジオ番組や記者会見で「旧日本軍の関与」を明確に否定したのだ。

 「日本は昔、(女性が)売られて女郎屋に行った時代があった。同じように親が娘を売ったことはあったと思う。しかし日本軍が関与していたわけではない

 「軍の関与はなかったと私自身は認識している。直接、間接的に軍の関与は明らかでなかったというのが97年の平林博内閣外政審議室長の国会答弁だった」

 軍の関与を認め、謝罪した河野談話を真っ向から否定するような内容である

 官房副長官といえば首相官邸のナンバー3の要職だ。その発言となれば、首相の真意を解説したと受け取られても仕方ない。首相のおわびは台無しである。

 理解に苦しむのは、軍の関与を否定する根拠に平林答弁を持ち出したことだ。

 この答弁は河野談話の発表当時、「慰安婦の強制連行を直接示す政府資料は発見されなかった」ことを認めたに過ぎない。「軍の関与はなかった」と言ったわけではない。

 河野談話が認めるように、慰安所の設置や管理、慰安婦の移送に軍が関与したのは明白であり、慰安婦の生活は「強制的な状況の下での痛ましいもの」だったことは否定しようがない。

 強制連行があったのか、なかったのかにいくらこだわってみても、そうした事実が変わることはないそう考えるからこそ、首相は改めておわびの気持ちを表明しているのではないのか。

 アジアや欧米のメディアで、当初の首相発言は驚きと怒りをもって報じられた。最近では米国の有力紙ワシントン・ポストが「安倍晋三のダブル・トーク(ごまかし)」と題する社説を掲載した。北朝鮮による拉致問題には熱心な首相が、日本自身の戦争犯罪には目をつぶっている。そう批判している。

 「拉致問題は現在進行形の人権侵害だが、従軍慰安婦の問題は続いているわけではない」と首相は反論するが、事の本質を見誤っている。

 問われているのは、過去の日本が女性たちの尊厳と人権を深く傷つけたという歴史の事実に、日本を代表する立場の首相がいま、どれだけ真剣に向き合えるか、という問題にほかならない。「いま」の話なのだ

 首相は、慰安婦問題についての考えをもっと丁寧に語るべきだ。


 もうキレたぞ朝日・・お前らだけは許さん。あのな、お前ら朝日新聞が当初『軍が人狩りをした!』などという酷い嘘話をブチ上げ、それに自称『従軍慰安婦』や朝日を筆頭に日本を貶めたい人達が酷い話を積み上げていって現在の無茶苦茶な話(関連エントリー3を参照)になってるんだろうが。社説の中で得意げに引用してる『戦争犯罪』が云々もそう。

 朝日は『軍の関与があった→慰安婦の生活は「強制的な状況の下での痛ましいもの」だったことは否定しようがない』と直結させていますが、これは嘘に酷い話を積み上げていった結果として出来上がったイメージ。あったとされる軍の関与とは何か?それは軍の名を騙って慰安婦を調達する『業者』を取り締まれとか、兵士、慰安婦双方の性病を予防するために衛生に配慮しろとか、そういったもの。

 関与とは言っても良いものと悪いものがある。当時の軍の関与はどちらかといえば『比較的』良い方に分類されるだろう。下村氏が言う『軍の関与は無かった』ってのは、朝日が作って煽り、オドロオドロしい話に成長した『悪い意味での関与』は無かったということだ。『関与』とひと括りにして論じて良い話じゃない。にもかかわらず朝日は『わざと』混同させて非難する。

 朝日は『首相は、慰安婦問題についての考えをもっと丁寧に語るべきだ』と言う。これには私も同意だ。朝日をはじめ悪意の塊のような奴らが話をごちゃ混ぜにして『日本=悪』に仕立てようとしているんだから、軍の関与について、そして『何に対して』同情しお詫びをしているのかを面倒でも繰り返し丁寧に説明し続けるべき。これ以上、朝日の好きにさせちゃいけない。


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。


関連エントリー1:朝日新聞の卑劣・卑怯 『強制連行ではなかったのか』
関連エントリー2:朝日新聞 これぞ『朝日!』という社説
関連エントリー3:韓国 妄想は果てしなく~
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。