管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
特アを指してアジアと呼ぶなと何度言ったら(ry
 社民党の辻元議員による『いわゆる従軍慰安婦問題において日本軍による強制連行はあったか否か』という質問主意書に対して『政府が発見した資料の中には、軍や官憲によるいわゆる強制連行を直接示す記述は見当たらなかった』とする答弁書を決定した政府。

 この政府の動きに、証拠もなしに『なんとなく』責任を認めちゃった張本人である河野洋平氏は、『談話は信念をもって発表した』と訳の分からないことを言い、さらに『あれはあの通り受け止めてほしい』などと『あの通り』止めず拡大解釈しまくって嘘をばら撒いている人達に向かってではなく、政府に対して不快感を示した・・こんなニュースを以前のエントリーで紹介しました。

 何とも斜め上な御仁である河野洋平氏ですが、斜め上といえばこちらも負けず劣らず斜め上っぷりを披露してくれているのが、河野談話と並ぶ戦後日本の『土下座外交』を象徴する村山談話を発表した村山富市氏。この問題について何やら仰っているようなので、紹介したいと思います。こちらをご覧ください。(ロイター・世界日報から以下引用)

従軍慰安婦問題、政府は道義的責任ある=村山元首相

【東京 19日 ロイター】 村山富市元首相(83)は19日、ロイターとのインタビューに応じ、日本政府は従軍慰安婦問題について道義的責任があると述べ、政府または軍による強制連行を示す証拠がないとした安倍晋三首相の発言を暗に批判した。

 村山元首相は、日本政府や軍が強制的に連行したか否かの議論は無意味だとした上で「軍が関与して慰安所を設置、監督したのは間違いない。その限りにおいては政府の責任はある」と述べた。元首相は第2次世界大戦を正当化するような政治家の動きにも触れ「アジアの人は、昔の日本に戻るのではと心配している」と話した。

 村山元首相はまた、今回の慰安婦問題に対する安倍首相の対応の一部に問題があったとの考えを示した。安倍首相は先に、旧日本軍の関与を認めて慰安婦への謝罪を表明した1993年の「河野談話」を踏襲する一方、日本軍または政府関係者が慰安婦の強制連行に直接かかわった証拠はないと発言している。

 さらに、米議会で慰安婦問題に対する日本政府の謝罪を求めた決議案が提出されたのを受けて、安倍首相が「決議が採択されてもあらためて謝罪しない」とした発言については「言う必要がないことを言っている」と述べた。

 旧社会党出身の村山元首相は戦後50年の1995年、アジア各国に対し、日本の過去の侵略や植民地支配に関する公式謝罪を行った。

2007/03/20 17:12


 このトンチキめ。『日本政府や軍が強制的に連行したか否かの議論は無意味』だあ?この部分が最も問題視されてるんだろうが今も。これはアッチ系マスコミなんかも言い出してますが、仮に業者などの『違法・違反行為』を完璧に取り締まり・管理できなかったという意味合いで当時の政府に責任があったとしても、やってもないことに対して責任を認めるという話にはならんだろうよ決して。

 頭に蛆でもわいてんじゃないのか?と心配になってしまう村山氏ですが、またぞろお得意のフレーズ『アジアの人は、昔の日本に戻るのではと心配している』を使って、こう聞かされたらシュンとなってしまうよう刷り込まれてる人達に向かって号令ですよ。考えるなと。そのまま認めろと。でもな、そうは問屋が卸さんぞ。

 大体、今回政府が決定した答弁書は、河野談話発表時には『あった』資料を『なかった』と否定したわけではなく、当時も今も見つかってませんよ、と事実を述べたにすぎない。それがどうしてこんな話になるのか。皆目わからない。飛躍して『戦前回帰する~』には唖然呆然ですよ。刷り込みから脱した人間からしてみれば。いつまでも通用すると思うなよ?


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。


関連エントリー1:社民党の福島は嘘をつくな
関連エントリー2:毎日新聞 呆れかえる電波社説
関連エントリー3:朝日新聞 これぞ『朝日!』という社説
関連エントリー4:アッチ系議員は日本をどうしたいんですか?
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。