管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
新聞の社説子ってのは情報収集しないんですか?
 北朝鮮が必死こいて求めてきた米国が実施している金融制裁の解除。先日、米国がこの金融制裁を解除(今はこう書きます)する!というニュースが飛び込んできました。

 実際は金融制裁つまりマカオのバンコ・デルタにある北朝鮮関連口座の凍結解除をマカオ当局に一任する(丸投げ)という話で、この話にはある『おまけ』がついていたのですが、わざとなのかどうなのか、妙な社説を書いている日本の新聞があるようです。こちらをご覧下さい。(高知新聞から以下引用)

【金融制裁解除】空気読むほかない日本

 北朝鮮の金融制裁の対象となっていたマカオの銀行バンコ・デルタ・アジアの北朝鮮関連口座の凍結解除を米国が容認した。

 きのうからは北京で朝鮮半島非核化の作業部会が始まっている。北朝鮮問題は、大きく動き出す兆しが見えだした。

 日本政府は、米の金融制裁解除を「肯定的」に受け止めている。だが、昨年10月の国連安全保障理事会の制裁決議以来、米と歩調を合わせ圧力を強めてきたこれまでの姿勢と矛盾している

 拉致被害者家族会が政府の態度の変化に不満の意を示すのも当然だ。

 政府は明らかに米の対北朝鮮政策を読み違えてしまった。政権発足以来、圧力で北に臨む姿勢を強めてきた安倍政権の判断の誤りと言わざるを得ない。

 六カ国協議の場で「5対1」で包囲網を狭めれば、核問題も拉致も解決するような期待を抱かせた安倍政権の責任は重い。

 六カ国協議は「解決」の場というより、「交渉」の場である。粘り強く交渉を続け、問題の解決を探っていかなければならない。

 それは政府の外交担当者と閣僚、そして首相も最初から承知しているはずだ。だから、米の制裁解除に肯定的なコメントを出しても平気なのだ。拉致を政治問題にしてきた国会議員や安倍首相の本心がうかがえるようで、拉致被害者や家族の心情は穏やかではないことだろう。

 5つの作業部会を経て、19日から第6回六カ国協議が開かれる。

 核放棄の見返りとして北朝鮮に重油を供給することでは韓国が5万トンの支援を表明した。日本以外は制裁緩和、解除に踏み込んでいる。日本だけが足並みを乱し、六カ国協議の枠組みを崩すわけにはいかない。

 日本は場の空気を読んで立場を主張していくほかないだろう。

 北朝鮮は外交上手だ。1月、米下院で日本政府に従軍慰安婦問題の謝罪を求める決議案が提出され、これが一つには米朝接近を促したとされる。決議案に対して安倍首相は「狭義の強制性を裏付ける証拠がない」と発言した。米朝接近をけん制する意味も込めたかもしれない。だが、発言は米の主要メディアと中国、韓国の批判を招き、その機に北朝鮮は日本の制裁圧力にも絡めて批判を強め、日本の孤立化を図っている。

 挑発に乗らず、慌てず、冷静に交渉を進めるような胆力が日本政府には求められる。


 あらら・・大変恥ずかしい社説をお書きになりましたね。ナニナニ?『日本以外は制裁緩和、解除に踏み込んでいる』んですかそうですか。へえ、知らなかったなあ。韓国が踏み込んでるのは知ってますが、他の国はどうでしょうかねえ。というかね、米国はこの件をマカオ当局に丸投げしたと同時に、バンコ・デルタと米金融機関との取引禁止を『決定』したんですよ。この意味わかります?高知新聞の社説子さん。

 これまでは、バンコ・デルタに『北のマネーロンダリングへの関与の疑いあり』ということで、暫定的に同様の措置が取られてきましたが、今回は『決定』した。要はクロと断定したわけです。これによってバンコ・デルタは今後ドル取引が出来ない銀行となり、『この決定を受けてマカオ当局が清算など同行の処理に踏み切(北海道新聞)』ることになるそうです。
 
 清算・・ぶっちゃけて言うと潰れるということですが、まあ確かに北は総額で2500万ドルといわれる預金から、清算後にいくらかの金を取り戻せるかもしれない。が、その後が問題。今回、米国は北の悪事に協力した銀行を文字通り『殺した』わけで、これを見た他の金融機関はどう思ったでしょうか。当然、『あいつら本気でやりおった・・北と関わるのだけはやめとこう』となる。明日はわが身と思えばね。

 金の引き受け手がいなくなれば、北朝鮮は『現金決済』で取引するほかなくなる。しかし北朝鮮は有名な『紙幣偽造国』なのでそれもかなり難しい。あれ?これのどこが『制裁緩和や解除』なんでしょうか。むしろ厳しくなってると思うのですがねえ。暫定的な金融制裁は解除したけど、今度は『本物』の金融制裁を発動という理解が正しいんじゃないかと。

 それをどう勘違いしたのか、『制裁解除!』と聞いて頭の中がお花満開になってしまった高知新聞の社説子さんは、お門違いにも政府や政府の方針を批判。『日本だけが足並みを乱し、六カ国協議の枠組みを崩すわけにはいかない』・・まあこれを言いたかっただけなんだとは思いますが、間違ってますよ思いきり。


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。


外部参考リンク1:米朝対決の核心 北が震える 金融制裁の凄み
外部参考リンク2:BDAとの取引禁止、中国「遺憾」・米と不協和音
外部参考リンク3:金融制裁、全面解除を要求・北朝鮮次官
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。