管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
韓国 エサを与えるべからず
 いわゆる『従軍慰安婦』問題で、『なんとなく』責任を認めて謝罪してしまった河野談話。この河野談話について16日、政府は閣議で『政府が発見した資料の中には、軍や官憲によるいわゆる強制連行を直接示す記述は見当たらなかった』とする答弁書を決定した・・こんなニュースを昨日のエントリーで紹介しました。

 探したけどなかった。単に事実を述べたにすぎないわけですが、強制連行があったことにしたい人達は、なにやらご不満の様子。韓国の中の人が釣れたようです。こちらをご覧下さい。(聯合ニュースから以下引用)


日本の慰安婦問題は歴史的事実、政府当局者が指摘
2007/03/17 16:07

【ソウル17日聯合】政府当局者は17日、日本政府が軍が慰安婦強制動員を行ったとする資料はないとの立場を正式に示したことに対し、「いくら否定しても歴史の真実を隠すことはできない」と指摘した。

この当局者は、日本政府は過去の過ちを回避したり取り繕おうとせず、歴史的事実をありのままに受け入れ、心からの反省と謝罪をすることを恐れてはならないと強調した。慰安婦問題は基本的に人権の普遍的価値と、人間の尊厳性を棄損する行為だと指摘した。

日本政府は16日の閣議で、1993年の「河野洋平官房長官談話」に関連し、政府が発見した資料の中に、軍や官憲による強制連行を示す記述はなかったとする答弁書を決定した。


 だから『探したけどなかったよ』ということを言っただけだっての。歴史の真実を隠すことはできないだの、歴史的事実をありのままに受け入れろだの、そんなに言うなら証拠を出せよ。真実や歴史的事実と信じられるだけのモノをさ。話はそれからだろうよどう考えても。そういったモノが無いのに『心からの反省と謝罪』など出来るか。

 まあ、彼らのいう真実や歴史的事実ってのは、そうだったに『違いない』という思い込みと、そうであって『欲しい』という願望で出来ていますから、こちらがグウの音も出ないような証拠を突きつけて頂ける期待は出来ませんが、この手の人種に妄想を膨らませるきっかけを与えた朝日新聞や、付け入る隙を与えた河野洋平の罪は重いですなあ。色んな意味で。


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。


関連エントリー:アッチ系議員は日本をどうしたいんですか?
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。