管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アッチ系議員は日本をどうしたいんですか?
 日本軍が人狩りをして性奴隷に仕立て上げた!・・という大嘘から始まった、いわゆる『従軍慰安婦』を巡る大騒動。これが嘘であるとバレてからも、『何が何でも日本は悪かった』ことにしたい人達は、今日も珍妙なる屁理屈をこねくり回したり、言う事をコロコロ変えながら喚き散らしたりと奮闘中。

 本日のエントリーでは、この『何が何でも日本は悪かった』ことにしたい人達の中から、国会議員の先生お二方のご活躍を紹介したいと思います。まずはこちらをご覧下さい。(sankei webから以下引用)

慰安婦問題、強制連行の証拠なし 政府

 政府は16日の閣議で、慰安婦問題で謝罪と反省を表明した平成5年の河野洋平官房長官談話に関し、「政府が発見した資料の中には、軍や官憲によるいわゆる強制連行を直接示す記述は見当たらなかった」とする答弁書を決定した。

 また、河野談話について「閣議決定はされていないが、歴代の内閣が継承している」としたうえで、今後も「閣議決定することは考えていない」と強調した。社民党の辻元清美衆院議員の質問主意書に答えた

(2007/03/16 17:36)


 がははは・・自爆ですか辻元さん?政府として『強制連行の証拠は見当たらなかった』とする答弁書を決定ですよ決定。民主の野田氏あたりから、こういった質問主意書が出されるかな?とは思ってましたが、まさか辻元さんが出すとはねえ。政府にキッパリ否定されちゃあ困るんじゃないの?『あった派』としては。この答弁書は『ずっと』残りますから。

 まあ、辻元さんとしては、お仲間がやってる『安倍が従軍慰安婦を否定!→安倍が河野談話を継承すると言ってへタれた!→にもかかわらず安倍がまた否定した!→・・』というループをもう一度繰り返して、安倍首相のイメージ潰しに繋げようということなんでしょうが、あんまりやりすぎると、いくら頭の回転が悪い某国の下院議員達でも『何か変だな?』と気付いちゃいますよ。

 さて、継承はしてるけど閣議決定しない・・つまり『一応』先輩のやったことだし受け継ぐのは受け継ぐけど、本音はウザったくてしょうがないので距離を置くというか放置する、とこちらも答弁書の中でハッキリ言われちゃった河野談話を出した張本人、最近なにをしてるんでしょうか。(livedoorニュースから以下引用)

 <慰安婦問題>河野衆院議長「談話は信念をもって発表」

河野洋平衆院議長は15日、従軍慰安婦問題に関する自らの官房長官談話(93年)の見直し論が自民党内に出ていることについて、国会内で記者団に「談話は信念をもって発表した。あれはあの通り受け止めてほしい」と述べ、不快感を示した。同談話は従軍慰安婦問題について旧日本軍の関与を認めて謝罪する内容。


 証拠など無いのに与太話『だけ』を信じて責任を認めちゃってごめんなさい。こんな大騒動に発展するとは思わなかったもので・・と言うのかと思いきや『あれはあの通り受け止めてほしい』ですって。おい河野、あったあったと騒いでる奴らは、あの通り受け止めず拡大解釈しまくって嘘をバラ撒き続けてるんだぞ?『談話は信念をもって発表した』・・正真正銘のバカですね。

 あんたの明後日の方向を向いた『信念』など要らないんだよ。重要なのは事実であるかどうか。この一点のみ。『何でも謝ってりゃいいや』などというイカれた信念で、日本や日本国民はやってもいないことで非難されたり、極めて不名誉なレッテルをはられたりしてるんだよ『今も』。あんたには火消しする義務があるんじゃないか?何とかしろよ河野洋平!

 

banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。


関連エントリー1:河野洋平 なんとなくで日本国民を貶めた大馬鹿者
関連エントリー2:毎日新聞 呆れかえる電波社説
関連エントリー3:朝日新聞 これぞ『朝日!』という社説 
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。