管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中日新聞 中韓の人を困らせるな!
 海外においてキチンとした日本食を提供しているお店にお墨付きを与えよう・・本来これだけの話であるはずが、なぜか『日本政府が海外のニセ日本食店を取り締まろうとしている』、『寿司ポリスを派遣するそうだ』などと妙な話になっている海外日本食レストラン認証制度導入。

 騒いでいるのは、決して認証されないであろう日本食とはかけはなれたニセモノを提供している人達で、こういった店を経営している多くは中国、韓国人であることが判明しておりますが、その騒ぎっぷりは香ばしい。

 香ばしいといえば、普段から中韓の言い分ばかりを垂れ流しているアッチ系マスコミの皆様が、ここでも彼らの言い分を垂れ流し、なんとか認証制度導入を阻止しようと記事を書きまくっている事。本日のエントリーでは、そんなアッチ系マスコミの中から中日新聞の記事を紹介したいと思います。こちらをご覧ください。(中日新聞から以下引用)


<東京カフェ>水に流せない

 農林水産省が、海外の“正統”な日本料理店の認証制度を検討しているという。独自に解釈されたおかしな料理を、和食と名乗られては困るということなのだろうが、外交上の相互主義の立場から考えると、大きな問題をはらんでいる

 レバニラいためや、野菜いため、ギョーザが定番の大衆中華料理店。もし、これに中国政府がクレームをつけたら、外食産業はパニックとなるに違いない。スパゲティ・ナポリタンは論を待たず。独特の食文化で知られる名古屋に行ってみれば、スパゲティ・「イタリアン」とか「台湾ラーメン」だとか、もう、突っ込みどころは満載。

 つまり、海外の食文化を換骨奪胎して、オリジナルと離れたメニューを作ってきたのは日本だ。自国の料理にだけ注文をつけるのは、少し身勝手な気がする。

 しかも、認証制度の旗を振る松岡利勝農相は「水道水を飲んでいる人は、ほとんどいない」と発言。水道水をおいしく飲めるのが日本の自慢だし、そもそも、きれいな水を生む森林を涵養(かんよう)するのは、農相の役目だ。食文化を論じながら、食の基本となる水を軽視する態度は、いかがなものか。不透明な事務所費問題とあわせ、水に流せない。 (浅田晃弘)


 なんですかこのあからさまなミスリード記事は。だからニセモノを提供してる店を取り締まったりするんじゃないっての。入り口を思いきり間違ってるので、その後に続く中国が云々という話も的外れでしかないし、最後に『水に流せない』などと上手いこと言ってやった!的な事を書いてるのは、ものすごく滑稽ですよ浅田晃弘さん。

 しかし本当にアッチ系マスコミってのは腐ってますね。中韓の人が騒いでる『から』やめさせようってだけ。事実がどうであろうと関係ない、というのは『いつもの態度』ですが、そんなんなら報道機関という看板を下ろして『中韓プロパガンダ発信機関』に名称変更しろ。

 大体、とても日本食とは呼べない、しかもどう考えても美味くないシロモノを出し、かつ今後も努力して美味しい日本食を出す気などないくせに、日本のイメージや日本食のイメージにだけ乗っかって商売しようってのが間違ってるんだ。それに、記事では日本の『融合・創作料理』をくさしてるけれど、それが美味けりゃ客は来る。

 飲食店を経営する人の目的は、制度で認証されることではなく、美味しいものを提供してお客さんに喜んで貰うことだろう。本場から見れば『トンデモ』な料理であっても、ナポリタンや日本式の中華は客に受け入れられてる。美味いから。客の方としても美味けりゃそれで良いわけです。別に『これは本物の中華ではない!』と言われても行くでしょう。

 ただ、味や衛生面はそっちのけにして、イメージだけで商売してるのはどうなの?という話。何が本物なのかまるで知らない外国人が、不味くて不衛生な日本食モドキを食べて日本食を嫌いになったら悲しいですよ日本人として。そんな中である種の道しるべとなる認証店舗があれば、自然とバッタモンは淘汰される。とてもいい話なんですが、中日をはじめアッチ系は必死こいて中韓の言い分垂れ流し。最悪。


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。


関連エントリー1:ザパニーズの危機
関連エントリー2:ザパニーズの危機 2
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。