管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
仲井真沖縄県知事は『漢』かも
 先の沖縄知事選に勝利し、新しい沖縄県知事に就任した仲井真氏が、自衛隊機を使って尖閣諸島の視察に行く・・こんなニュースが少し前にありました。

 尖閣諸島といえば、中国が必ず食いついてくるので、それを待っておりましたら、やはりというか何というかいつも通りの反応を見せているようです。まずはこちらをご覧下さい。(琉球新報から以下引用)

知事尖閣視察、中国が中止申し入れ

 仲井真弘多知事が13日に自衛隊機で尖閣諸島を上空から視察することについて、在福岡中国総領事館の武亜朋総領事が県に対し、計画の中止を求める申入書を送っていたことが9日までに分かった。同総領事館は、知事の尖閣諸島視察が日中関係に悪影響を及ぼすと指摘し「尖閣諸島は中国の領土だと従来の立場を申し上げた。一方的な行動で事態を複雑化させることのないよう知事に計画をやめてもらうよう申し入れた」と説明し、外務省にも同様に申し入れたことを明らかにした。

 知事の尖閣諸島視察が報じられた5日、在福岡中国総領事館は県庁に電話で事実関係を照会。計画を確認した上で口頭で中止を求めた。その後「必ず知事に伝えてほしい」と6日に武総領事名で申入書を送付したという。

 外務省沖縄事務所は、中国から県に申入書が届いていることを把握しているとした上で「外務省として県にも中国にも特段のアクションを起こすつもりはない。知事が自分の管轄地域内を視察するのは業務の一環だ。国として特段何か言うことはない」と話し、静観する構えだ。

 在福岡中国総領事館は琉球新報社の取材に対し「(日中)両国の関係が改善、発展の重要な時期に入っていて、沖縄との関係も発展してきた。(知事の尖閣視察の)計画実行は関係を複雑化させてしまう。悪い影響は避けてほしい」と説明。尖閣諸島については「中国の領土だが、両国間に争いがあることも事実。協議と交渉によって解決しなければならない」と強調した。<後略>


 てめえんところは尖閣の周辺で潜水艦をウロウロさせたりetc・・無茶をやりまくってるくせに、知事が視察に行くといえば友好が云々とのたまって中止を求める。相変わらずですな中国様は。まあ、この程度はまさに『いつも通り』なので、特段驚くことではありませんが、驚いたのは仲井真知事の対応ぶり。

 中国からイチャモンがついてますよ、と聞いた仲井真知事は『「何で? それは沖縄の領土でしょ」と述べ、13日の視察計画に変更はないとの考えを示した。一方で「まだ聞いていない。僕は国際感覚に疎いから県(の担当部署)で聞いてみましょう」と述べ、中国の申し入れ内容などを詳しく確認する意向も示した(ソース同上)』・・

 なにこの神々しいまでの余裕っぷりは(笑)。いや、ホントはこれくらい言えて当たり前なんですが、中国から何か言われたら天地がひっくり返ったかの如く騒いで『中国様を刺激するな!』とか言っちゃう政治家が多いので、輝いて見えますね。さてそんな素敵な仲井真知事。国際感覚に疎いから、とトボケつつ申し入れ内容を確認した結果、こう仰ってます。(琉球新報から以下引用)

尖閣視察予定通り 県「中国主張に根拠ない」

 仲井真弘多知事が13日に予定している尖閣諸島の上空からの視察に対し在福岡中国総領事が中止を申し入れていることについて、県は12日午前の3役会議で、当初の方針通り上空からの視察を実施することを確認した。

 会議後、仲井真知事は13日に視察するのかとの問いに対し「イエス。予定通り行くつもりだ」と述べた。その上で「県知事として、南大東、北大東から尖閣も与那国も含めて、県域だと思っている」と話した。

 仲里全輝副知事は「中国の主張は根拠がない。県域の視察であり問題はない」と強調。その上で「その他の用務で延期することはあるかもしれないが、中国の主張に配慮するということではない」と述べた。


 予定通り行くつもりだと。発言は副知事になってますが『中国の主張は根拠がない』とバッサリ。わはは・・良いですねえ。ただ、延期という話がなぜか出てきているのが気になる。これは媚中派の政治家などから横槍が入ってることを指しているのかもしれません。仲井真さん、もし妨害されるようなことがあったら、是非とも仰ってくださいね。さらしあげてやりますから。


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。