管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『日本を悪く言うのは中韓だけ』の証明 2
 昨年2月のエントリーで紹介した英BBCなどによる『世界に良い影響、悪い影響を及ぼす国』という世論調査。みなさま覚えておいででしょうか?この当時、日本のアッチ系マスコミは、小泉前総理の靖国参拝を理由に『日本はアジアで孤立している!・日本は世界で非難されている!』などと喚きまくっておりました。

 ところがどっこいこの世論調査を見てみると、日本に否定的な評価を下したのは中国と韓国という、おなじみ『反日国家』のみで、他の国々、特に『アジアの国々』から日本は高い評価を受け、なんと良い影響を与える国の国別ランキングでトップに輝いた。

 これによって、日本のアッチ系マスコミがいかに偏向しているかが鮮明になったわけですが、当時必死になって『日本は孤立している!』などと喚きまくっていたアッチ系マスコミは、この調査をほぼスルーしちゃうという卑怯者っぷりを見せつけてくれました。

 なにはなくとも『日本は孤立している』ことにしたい日本のアッチ系マスコミの皆様にとって、これは大変都合の悪い世論調査だったわけですが、BBCが今年も同様の調査を行ったようです。どんな結果だったのでしょうか。こちらをご覧下さい。(時事通信から以下引用)

2007/03/06-09:44 世界へ好影響、日本がトップ=中韓では「否定的」-国際世論調査
 【ロンドン6日時事】国際情勢に最も肯定的な影響を与えている国の1つは日本-。世界の多くの人々がこのような考えを持っていることが、英BBC放送が6日公表した国際世論調査の結果で明らかになった。

 調査は27カ国の2万8000人が対象。列挙された12カ国について「世界に与える影響が肯定的か否定的か」を問うたところ、肯定的という回答の割合が最も高かったのが日本とカナダで、それぞれ54%。これに欧州連合(EU)53%、フランス50%、英国45%などが続いた。

 日本については、25カ国で「肯定的影響」との意見が「否定的」を上回り、中でもインドネシアでは8割以上が日本を評価。ただ、中国と韓国では「否定的」とした人がいずれも約6割を占めた


 はい。今年もトップでございます。ありがとうございましたー。そして去年と同様、27カ国中25カ国が肯定的評価を下したわけですから、日本に対して否定的な評価を下したのは中国と韓国のみ。いやー、分かりやすくて良いなあBBCの調査は。

 記事には中国と韓国では否定的とした人がいずれも約6割を占めた、とありますが、ここで去年の中韓による『肯定的・否定的』の割合と比べてみましょう。安倍首相の訪中の成果もあってか、中国はでは肯定的評価が16%→18%で微増、否定的評価が71%→63%と若干ではありますが下がっております。

 一方の韓国は、肯定的評価が44%→31%で13%の大幅ダウン、そして否定的評価が54%→58%で4%のアップ(笑)。不安定化する半島情勢、無策無能の大統領による国内の混乱を回りまわって日本のせいにしたのかどうか・・は定かではありませんが、この数字の動きは大変興味深いですね。

 さて、何をどうしたって『反日』には変わりない中韓の話はこれくらいにして、日本がこれから世界とどう付き合っていけば良いのか考えてみたいと思います。これだけの肯定的な評価を受けているので、基本線を変える必要はないと思います。誠意を持って接すれば、中韓(朝)以外の国は理解してくれる。

 ただ心配なのは安心して驕ってしまわないか、ということ。これからも変わらず、いやさらに大きな誠意を持って世界の国々とお付き合いする・・肝に銘じたい。そうすれば今後も世界で肯定的な評価を受け続けられるでしょう。ついでに言えば、日本のアッチ系マスコミが何を喚こうが、中韓がギャアギャア騒ごうが、それは放っておけば良いと思う。キ印だもの。


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。


関連エントリー1:『日本を悪く言うのは中韓だけ』の証明

外部参考リンク:本年度BBC世論調査詳細(※英文)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。