管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
民主党 タイマー式自爆装置作動
 3月3日、北朝鮮の日本国内における出先機関である朝鮮総連が、日本の首都のど真ん中で白昼堂々と数千人規模の集会を開いた・・こんなニュースを昨日のエントリーで紹介しました。

 このニュースのインパクトが強かったため、他のニュースに注意が行かなかったのですが、この日には見落としていた重大なニュースがあったようです。なにはともあれ、こちらをご覧下さい。(Yomiuri Onlineから以下引用)

総連系の献金裏付け、角田前副議長の選対収支資料入手

 角田義一前参院副議長(69)(民主、群馬選挙区)の総合選挙対策本部が2001年の参院選で集めた献金を政治資金収支報告書などに記載していなかった問題で、読売新聞は、献金を裏付ける入・出金伝票の実物や、詳細な収支を記載した会計帳簿のコピーなどを入手した。

 これらには、すでに明らかになっている内部帳簿通り、在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)の傘下団体などからの約2520万円の献金が記載されている

 入手したのは、〈1〉01年7月~9月分の入・出金伝票をつづったファイル〈2〉企業・団体献金に対し民主党群馬県連名義で発行した同年7月13日~28日分の領収書の控え〈3〉00年10月から01年9月にかけての全収支(約8000万円)を記載した会計帳簿のコピー。

 入手資料には、法律で禁止された朝鮮総連傘下の在日本朝鮮群馬県商工会(7月9日・50万円)や県内のパチンコ会社(7月25日・10万円)の献金を記載した入金伝票のほか、朝鮮総連関係者とされる当時の同社会長(故人)あての領収書控えもあった。

 角田氏はこれまでの記者会見で「県連の内紛で会計帳簿などが流出した。資料が存在しないので説明できない」と釈明。当時の県連会長だったが、「脳裏から選挙資金の問題は認識の外にあり、すべて県連が処理していた」と関与を否定している。本紙が内容の確認を求めたのに対し、同県連の長沼広事務局長は「対応を検討するため内部で調整中」としている。
(2007年3月3日3時2分 読売新聞)


 おやおや。とうとう『実物』が出てきましたか(笑)。当ブログでは、この角田参議院議員(参院副議長職は辞任)への総連からの献金問題を何度か取り上げてまいりましたが、ここへ来て急展開を期待できそうな感じです。これで資料が存在しないので説明できないという『言い訳』は出来なくなりましたねえ。

 で、卑怯者の角田氏は『脳裏から選挙資金の問題は認識の外にあり、すべて県連が処理していた』から自分は知らない、という逃げを打ってるんですが、その『すべて処理していた県連』の2001年参院選当時の群馬県連事務局長だった山田氏は献金について『角田氏に選挙後、報告したと思う。候補者本人が選挙後のあいさつ回りなどでそういうことが全くわからないというのはあり得ない』と述べています。(関連エントリー1を参照)

 これは総連からの献金がないという前提で、『もしあれば知ってるはずなので、本人が知らないと言ってるなら無い』・・と言いたかったんだと思いますが、キッチリ証拠となる実物が出てきちゃった今となっては、角田氏の逃げ道を封鎖する余計な擁護になってしまいました。貰っていたんなら、あいさつ回りなどで全くわからないというのは『あり得ない』んですよね?山田さん。

 
banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。


関連エントリー1:民主党ヤミ献金問題 これで逃げられると思うなよ! 
関連エントリー2:民主党 さっそく自爆の第一弾~
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。