管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人権メタボで体ボロボロ朝日新聞
 平和、平等、そして人権など、これらの言葉をわがままを通すための道具として使い、本来これらの言葉が持つ価値を著しく低下させているアッチ系の人々。

 アッチ系の人々が、あまりに大声で平和!平等!人権!と叫び様々なわがままを押し通しすぎたため、今ではこれらの言葉を聞いただけで『胡散臭い』と思ってしまう人が増えてしまいました。

 このような現状を放置してよいわけがなく、一刻も早くアッチ系の人々から『おもちゃ』を取り上げないといけないわけですが、安倍政権の閣僚からある声が上がり、それに対して朝日新聞が噛み付いてるようなので、紹介したいと思います。こちらをどうぞ。(asahi.comから以下引用)

人権メタボ 文科相のひどい誤診だ

 「毎日バターばかり食べていれば、皆さんはメタボリック症候群(内臓脂肪症候群)になる。人権だけを食べ過ぎれば、日本社会は人権メタボリック症候群になるんですね」

 伊吹文部科学相は長崎県での自民党支部大会でこう語った。

 内臓に脂肪がつきすぎると心筋梗(こう)塞(そく)など様々な病気を起こしやすくなる。そんな医学的な症状に例えて、人権をあまり重んじすぎると、社会がおかしくなる、と言ったのだ。

 講演のテーマは「教育再生の現状と展望」だった。伊吹文科相は「権利と自由だけを振り回している社会はいずれ駄目になる。権利には義務が伴う」とも語っている

 人権を振りかざして義務を果たさずに権利ばかりを主張するのはおかしい。そう言いたかったのかもしれない。

 しかし、「権利」と「人権」は重なり合うが、同じではない。

 「人権メタボリック症候群」という言葉から伝わってくるのは、人権に対する文科相の感性の乏しさだろう

 本当に「人権過多」の状況がいまの日本社会にあるのだろうか。周りを見渡してみよう

 文科相の足元では、いじめに耐えられずに自殺する子どもが絶えない。子どもだけでなく、お年寄りへの虐待も頻発している。配偶者らからの暴力や脅迫の被害も数え切れない。障害者や外国人などへの差別もなくならない。

 先週には、強圧的な取り調べで自白を迫り、事実をでっちあげる捜査がいまだに行われていることが、裁判所で断罪されたばかりだ。

 社会が取り組まなければならない人権問題の多さに戸惑いこそすれ、行き過ぎではないかと心配するような状況ではまったくない。

 北朝鮮による拉致問題も重大な人権侵害だ。そう日本政府も考えて、北朝鮮に対する人権非難決議を国連に提出し、採択されたのではなかったか。

 この問題の解決のためにも、自由、民主主義、基本的人権、法の支配といった基本的価値を共有する国々との連携を強化する。安倍首相は1月の施政方針演説でそう述べていた。

 その首相が伊吹発言を「問題ない」と言うのも、おかしな話だ。

 「人権」はいまや世界のキーワードだ。大きく変動する国際社会、アジア情勢の中にあって、民主主義と人権を掲げ続けることが日本の役割だろう。一人ひとりが尊重される「人権立国」をめざす姿勢こそが国際的な評価を高める。

 それだけに、日本の教育や文化を担う大臣が人権をないがしろにするような発言をしたのはとても残念だ。日本人は今の人権状況で十分だと思っている。そんな間違ったメッセージを世界に発してほしくはない。

 メタボリック症候群になるどころか、人権はまだまだ栄養が足りない


 人権をないがしろにするような発言をした・・ね。何をどうすればこう受け取れるのか全く理解不能でありますが、朝日は自分に対して言われている皮肉に気付いてないんですかね。そうやって本当に人権侵害されている人というのを前面に出しつつ、ただ単に『人権侵害された!』と叫んでわがままを通そうとしている人まで擁護してきたのが朝日新聞。
 
 朝日は『本当に「人権過多」の状況がいまの日本社会にあるのだろうか』などと言ってますが、先日、上に挙げたような手法で金を毟り取り、大問題になった奈良市の同和の問題を忘れたんですかね?つい最近の話ですが。それに、外国人なのに日本人と同等あるいはそれ以上の待遇を求め獲得し、義務なんて知るか!てな態度の総連なんかはどうなの?これは人権過多じゃないのか。

 この社説でも『人権という錦の御旗には無条件でひれ伏さんかい!』と言わんばかりですが、これがまさに今ある悪平等や逆差別を生む原因になっているんだ。人権という言葉が持っている力が強い故に、心無い人々はこれをわがままを通すために利用している。人権侵害と言えばなんでもOKみたいな話は絶対におかしいだろう。


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。