管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
歴史への反省は必要ですよね
 日本は反省すべきだの何だのといって、日本に対して居丈高につっかかってくる中国。その中国の尻馬に乗るかたちで過去の歴史を云々し、日本人に頭を下げさせようと日々説教くさい記事を書き散らすのは朝日新聞。

 この度、朝日新聞は『愛国心』と『過去の歴史への反省』という、実に朝日らしいチョイスの設問を用意した世論調査を行った(詳しくはこちら→asahi.com)ようなのですが、この世論調査の結果を受けて、中国の人民日報が何やら記事を書いているようなので、紹介したいと思います。こちらをご覧ください。(人民網日本語版から以下引用)

日本人の愛国心と歴史の反省

 日本の「朝日新聞」は25日、各年齢層の日本人3千人を対象とした世論調査の結果を発表した。これによると、日本人の78%が自分に「愛国心がある」と思う一方、85%が「歴史を反省する必要がある」と考えていた。また、愛国心の強い人は「歴史を徹底的に反省すべき」と考える人の割合が他のグループよりも高かった。

 日本にはかつて「歴史を客観的に認め、反省する者は、『非国民』で『自虐的』だ」との論調があったが、朝日新聞の調査結果はこれに対する最良の反撃だ。日本の作家・保坂正康氏は「これは日本の民衆の考え方が健全であることを示している。歴史を避けないでこそ、真の愛国行為となるのだ」と指摘する。

 愛国心と歴史の反省は従来、互いに矛盾しないもののはずだ。日本ではごく少数の「右翼」が国の面子をつぶすたびに、「非国民」の濡れ衣を着せられている真の愛国者が、義憤から真実の声を上げ、隣国と世界の理解と支持を得てきた。「恥を知るは勇に近し」という言葉がある。

 日本の伝統文化において「恥を知る」ことは「徳目」の中心だが、歴史問題に対しても当然そうであるべきだ。恥を覚えるべきあの歴史を反省する時、それがたとえ普通の日本人であっても、世界の人々の目には高く聳え立って見える。反対に、歴史を粉飾し、美化する時、それがたとえ有力な「大人物」であっても、ちっぽけに見えるものだ

 実際、いかなる民族も愛国教育を行うことができるが、どの民族の祖国も具体的で、歴史を持つ国なのである。東洋人は「修身斉家治国 平天下(身を修め、家を斉のえ、国を治め、天下を平らかにする)」を完璧なシステムとして重んじることで処理してきた。

 個人レベルでは、修身とは「吾日三 省吾身(われ日にわが身を三省す)」であり、国家レベルでは歴史を認め、歴史を反省し、歴史を尊重することである。中国のある史書は「資治通鑑」と名付けられている。「歴史を鑑」にせよとの意味だ。明朝の思想家・朱舜水はこの文化思想を早くに日本に伝え、日本の人民に大いに発揚されている。

 第2次世界大戦後、日本は東洋の人文精神にある歴史反省の伝統を受け継ぎ、平和憲法を制定し、経済成長に成功し、奇跡を起こして、世界からの尊重を得た。経済のグローバル化が進む今日、大和民族は当然、こうした歴史反省の精神を引き続き発揚し、隣国関係に慎重に対処していくべきだ

 中日関係を引き続き踏み込んで発展させ、両国人民の世々代々の友好を実現するには、今もなお歴史を正しく反省し、歴史の結び目を解くことが、必要不可欠なのである。(編集NA)


 わははは・・恥という言葉を知っているとは到底思えない国の方から日本の『恥を知る』文化を云々されるとは・・いやはやさすがというか斜め上というか。この人民日報の記事を発見したのは2chのあるスレッドだったのですが、予想通り『お前が言うな』のオンパレードでした(笑)。

 さて、朝日の行った世論調査の結果がよっぽどお気に召したのか、かなり力の入った記事を書いている人民日報ですが、世論調査結果の解釈の仕方がかなりおかしいと思いますので、ツッコミを入れたいと思います。では、『歴史を反省する必要がある』という設問の『反省』という言葉の意味について行ってみましょうか。

 日中戦争(取り合えずこう呼びます)の間に出た中国側の被害がなぜか今頃になっても増え続けるなど、とてもじゃないが『事実』とは思えないことを盾にして、これらを『鵜呑みにして全部認めた上で反省しろ』というのが中国側が言う『反省』という言葉の意味だと思いますが、日本側でこれに同意した上で『反省する必要がある』と答えた人は殆ど居ないのではないか。

 例えば、中国の嘘やでたらめを『それは嘘、それはでたらめ』と普通に指摘しちゃう私なんぞは『ごく少数の「右翼」』の範疇に入るんだと思いますが、もし私が『歴史を反省する必要があると思うか?』と聞かれたら『必要がある』と答えるでしょう。ただし、反省という言葉の意味が全然違いますが。

 過去の約100年間を振り返ってみる時、反省する必要があると私が思うのは、まず何と言っても最大最悪の大失敗であった『大陸への深入り』これです。魑魅魍魎が跋扈する大陸で、あっちに利用されこっちに振り回され、ズルズルと逃れられなくなってしまった挙句、後に中国人民にとって最大の厄災となる中共を間接的に助けてしまった。

 しかもこの中共は、戦後これまで『歴史への反省』という言葉を盾に散々パラ日本から金を毟り、事あるごとに謝罪をさせたくせに『まだまだ許さない』とふんぞり返り、さらには手下に妙な世論調査をさせて『まだまだ反省すべきだ』なんてやらかす。もう最悪です。大陸に触れば100年祟る。ああ心の底から反省したい。こう思って答えた人が多かったのでは?

 
banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。
 
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。