管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
民主党 火消しのヘタさは日本一
 民主党の角田参議院副議長のヤミ献金疑惑。2001年の参院選において、角田氏の選対本部が受け取った献金のうち約2500万円分を政治資金収支報告書に記載していなかった事が明らかになり、その中には何と朝鮮総連の関係団体からの献金があったのでは?という疑惑まで飛び出した。

 疑いをかけられた角田氏は23日、渋々ながら釈明会見を開いたものの、知らぬ存ぜぬの白を切りとおし、参議院副議長や参議院議員をやめるつもりはないと明言するなど、火に油を注いでしまった・・当ブログではここまでの流れを紹介してまいりました。

 こんなお粗末極まりない対応で誰も納得するわけがなく、角田氏への批判の声は高まる一方。25日、角田氏は参議院副議長の職を辞すことにしたようですが、これで収まるわけがない。こちらをご覧ください。(sankei webから以下引用)

【主張】参院副議長辞任 この説明では疑惑晴れず

 民主党の角田義一・参院副議長(会派離脱中)がようやく副議長を辞任した。自らの総合選挙対策本部が総額約2520万円の政治献金を受けながら、政治資金収支報告書に記載していなかった疑惑の責任を取ったという。

 だが、角田氏は26日の会見で、肝心の疑惑に関し「入金は一銭もなかった」と否定した。この点は検証が必要だ。献金は事実との証言も出ている疑惑に“知らん顔”を決め込むのでは、角田氏が辞任の理由として語った「政治不信の増大」にさらに拍車をかけるだけだ。

 民主党は事実関係を調査し、国民への説明責任を果たしてもらいたい。

 この問題は、角田氏が3選を果たした平成13年の参院選をめぐり、「陣中見舞い」名目などで、約90の企業・団体と約130の個人から政治献金を受けていたことが選対本部の内部資料に記録されていたことで判明した。

 しかも寄付が禁じられている外国人の団体である在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)系の「在日本朝鮮群馬県商工会」から、50万円の献金を受けたとの記載もあった

 角田氏はこれらを記載せず、ヤミ献金として処理した疑いが持たれているが、23日の記者会見では「民主党県連が処理した。私の脳裏からは、選挙資金の問題は認識の外にあった」「2500万円という数字が独り歩きしているが、それを裏付ける証拠はない」などと疑惑を否定した。さらに総連系団体の献金についても「県連がないといっている。私はそれを信じている」と語った。

 これに対し25日、民主党の常任幹事会で岡田克也元代表が「あの会見では国民は納得しない」と指摘した通りである。角田氏はそのあとも副議長を辞任しないと繰り返していた

 結局、民主党は、今国会の焦点である「政治とカネ」の問題が追及しにくくなることや、来月4日投票の愛知県知事選などに悪影響を与えるとして、辞任させることで事態の収拾を図ったといえる。だが、疑惑はそのまま残っている

 民主党は、群馬県連が総連系団体から献金を受ける関係なのか、などを解明すべきだ。それなしでは国民の信頼は取り戻せない。


 疑惑はそのまま残っている・・その通り。疑いは少しも晴れてない。記事には『献金は事実との証言も出ている』とありますが、共同通信によると『共同通信が入手した内部資料に記載されていた個人献金者13人と8団体・2企業が26日までの取材に対し、献金の事実を認めた。献金額は5000円-30万円』となってます。(共同通信)

 さらに『複数の政治団体は「民主党群馬県総支部連合会名の領収書をもらった」と証言した』とのこと。このうえ白を切りとおすのは、かなり無理があるのではないかと。副議長の職を辞してけじめをつけたんだから良いじゃないか!と角田氏や民主党の執行部は思ってるかもしれないけれど、全く説明責任を果たさないままでは、けじめがついたとは言えませんよ。

 副議長職を辞すのはもちろん潔く議員辞職をし、証人喚問でもなんでも応じる。これがけじめってもんでしょう。が、小沢代表は『潔い決断だ。(私)個人としては大変残念に思っている』と、全く潔くない角田氏を持ち上げ、政治と金の問題について『政策論議に入っていくことが政治全体や国会への国民の信頼を取り戻すことになる(毎日新聞)』などと能天気な事を言っています。

 要するにこの問題はウヤムヤにしますと。そういうことですね?でもね、そうは問屋が卸しませんよ。ヤミ献金は確かに問題だけれども、この問題の本質は、国会議員それも参議院副議長ともあろうお方が、外国の、しかも敵国北朝鮮の関係団体から金を貰っていたか否かということだ。もし貰っていたのなら国民として絶対に許せない。説明責任を果たさないまま行けると思ったら大間違いだ。


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。


関連エントリー1:民主党 アッチ系勢力壊滅の危機!?
関連エントリー2:逃げずに取り組め党内浄化
関連エントリー3:民主党ヤミ献金問題 これで逃げられると思うなよ!
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。