管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
北海道新聞 廃刊のススメ
 今年元日早々、社説にてツッコミどころ満載で呆れかえるばかりの電波を放出しまくった北海道新聞。『中の人』のスタンスがモロ出しになったこの社説は、当ブログ新年一発目のエントリーで紹介し、管理人のツッコミ始めのネタとさせて頂きました。(関連:一月三日付エントリー)

 一年の計は元日にありと言いますので、こんな社説を初っ端に持ってくるということは、今年も散々ぱら電波を放出するつもりなんだな・・と私などは正月早々ゲンナリさせられてしまいましたが、さっそく何やら酷い電波を放出してるようです。こちらをご覧ください。(北海道新聞から以下引用)

首相欧州歴訪*学ぶべきことが多い旅(1月9日)

 安倍晋三首相がきょうから欧州主要国を歴訪する。

 首相が就任後、米国より先に欧州を訪れることが、米国一辺倒の外交の転換を意味するのであれば歓迎したい。だが、その判断は歴訪の成果と今後の具体的外交政策を見極めてからのことだろう。

 首相は英国、ドイツ、フランスなどで各国首脳と会談するほか、欧州連合(EU)委員長や北大西洋条約機構(NATO)事務総長とも会う予定だ。

 欧州にはそれぞれが長い歴史や独自の文化を持ち、国際社会でも存在感を示す大国がいくつもある。

 一方で、これらの国々はEUという巨大な経済圏も形づくる。EUは今月一日にルーマニアとブルガリアが加わり、二十七カ国体制になった。

 二十七カ国の国内総生産(GDP)は十三兆六千億ドルで日本の三倍、総人口は四億九千万人にのぼり、その経済力は米国を優にしのぐ。

 日本は、対EU貿易では米国や中国に後れをとっているが、首相の歴訪をさらなる関係強化の足がかりにしなければならない。

 世界に冠たる経済大国となった日本には、すでに欧州を追い抜いたとの自負がある。しかし、国際社会での欧州の国々の立ち居振る舞いにはまだまだ学ぶべき点が多い。

 フランスやドイツはイラク戦争に反対し、米国の軍事戦略とは一定の距離を置いてきた。NATOという米欧軍事同盟を維持しながらも、自国の主張を貫いているのだ。

 ナチスの戦争責任追及をはじめとするドイツの戦後処理は、近隣諸国からも高く評価されている

 何かと米国の顔色をうかがう一方で、中国や韓国とは歴史認識をめぐってぎくしゃくした関係が続く日本とは大きな違いだ。

 日本はこれから国際社会でどんな役割を果たし、欧州とどう協調していくのか。そのメッセージをきちんと伝えることも忘れてはいけない。

 たとえば地域紛争や貧困の解決、地球温暖化対策などに日本と欧州が力を合わせて取り組めば、自国の利益を中心に考えがちな米国を揺り動かすこともできるだろう。北朝鮮の核放棄にも欧州の協力は欠かせない。

 今年はフランスで大統領選、英国で総選挙が行われる。この二大国の政権の行方は、EUのみならず世界の今後をも左右する。日本にとっても影響は大きいが、何より大切なのはお互いの信頼関係だ。

 首相には、単なるあいさつ回りではなく、そうした大きな視野に立った首脳外交を展開してきてもらいたい。

 日本は明治以降、近代国家の先輩である欧州からたくさんのことを教わってきた。首相の旅はそのきずなを深める旅でもあるはずだ。


 はいはい。要するに言いたいことは、米国一辺倒をやめろ、アジア(実際は中韓だけ)にもっと頭下げろと。そういうことですね。この社説を書いた人は新聞社というニュースを扱う組織にいるのに、世の中の出来事を知らないようです。

 まず、道新を含むアッチ系マスコミは小泉前首相の時代、さかんに『米国一辺倒はダメだ。アジア(対象は中韓だけ)と関係を改善し、関係を深めよ』と主張していたわけだが、安倍首相になってから、あんたらアッチ系が望んでいた形『首脳会談の再開』は実現し、私などから見れば気持ち悪いくらいに関係を深めていってる。

 つまり状況は変化したわけだ。が、そんなことはお構いなしで『米国一辺倒』とのたまう。状況の変化があっても気づけないなら新聞記者やめたほうがいいんじゃありませんか?で、ドイツの戦後補償を云々して『日本も見習え』などと言いたいようですが、今更ドイツの戦後補償を引っ張ってくるなんて恥ずかしいですよ。

 日本とドイツの戦後処理は、賠償の内容を含めてその質が違う。日本とドイツの戦後処理の比較については、エントリーの最後に参考資料を置いときますので、そちらをご覧になっていただくとして、忘れちゃならないのは『周辺諸国の質』が違うということ。日本の周辺には、日本がいくら謝ったって許さない、日本がいくら金を払ったって足りないとほざく『特ア』の国々がある。

 一方、ドイツの周辺に特アの国はない。これは大きな違いです。それに、ドイツの戦後処理を積極評価してるのは、ドイツの周辺諸国というよりも、なぜか特アすなわち中韓という日本の周辺諸国なんだ。ドイツとその周辺諸国は未だにケリがついてない戦後処理の問題を抱えているが、ドイツの周辺諸国は節度があるので過剰に言い立てないだけ。

 にもかかわらず中韓は知らんふりして『ドイツは良い!』などとやってる。これは中韓のプロパガンダなんだよ。この『ドイツはちゃんとやってるのに日本ときたら・・』という論法は、かなり昔に否定されてるのに、未だに使うところがあるなんて唖然ですわ。しかも新聞社という報道機関で。看板下ろしたほうがいいんじゃありませんか?北海道新聞さんよ。

 
banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。


参考リンク:戦後補償の日独比較 by Japan On the Globe様
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。