管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
朝日新聞 スタンス自由自在
 昨年末の臨時国会にて成立した防衛庁の省昇格法案。日本を取り巻く環境が日々変化していく中、ようやく安全保障の分野でも『普通の国』になることへの一歩を踏み出したわけですが、『普通の国』になることを極端に嫌うアッチ系の人々は、同法案に反対、成立した今でも何だか不満タラタラのようです。こちらをご覧ください。(asahi.comから以下引用)

防衛省 基本を揺るがせるな

 防衛庁が9日付で「省」に昇格する。1954年に防衛庁と自衛隊が発足して以来の大きな転機である。

 軍部が政治をねじ曲げた戦前の反省から、戦後日本は自衛隊に厳しい制約を課し、普通の軍隊とは明確な一線を引いてきた。防衛を担当する役所を「庁」としたのも、軍事に抑制的な姿勢を内外に示す狙いだった。

 初代の防衛大臣になる久間章生・防衛庁長官は「専守防衛や海外派兵の禁止など、防衛政策の基本は変えない」と語っている。その言葉通り、戦後の日本が守り続けている平和主義の根幹が揺らぐことのないよう望みたい。

 気がかりなのは、憲法改正とのかかわりである。

 安倍内閣は憲法改正を公約に掲げている。その土台となる自民党の新憲法草案は、「自衛軍」を持つと明記している。自衛隊や防衛政策を縛っているさまざまな制約を取り払い、「普通の軍隊」に近づけようというのだろう。

 だが、そのことが本当に日本の国益につながるのか疑問だ。

 自衛隊が国民や国際社会から受け入れられてきたのは、専守防衛の原則から逸脱しなかったことに加え、災害派遣などで地道な実績を積み重ねてきたからだ。海外でも、武力行使をしないという原則のもとで活動を続けてきた

 憲法9条のもとで、普通の軍隊とは性格の違う実力組織を持ち、自国の防衛や世界への貢献に使う。そうした自衛隊のありようは今後も変えてはならない。

 省への昇格で、自衛隊員たちは自らの仕事にいっそうの誇りが持てる。防衛庁はそう説明してきた。ならば同時に、戦後日本が築いてきた自衛隊のありようについても、誇りをもって内外に主張してもらいたいと思う。

 もう一つ、考えておくべきことがある。省に昇格するからといって、自衛隊に対する文民統制(シビリアンコントロール)にいささかも揺らぎがあってはならないということだ。

 四半世紀前、野党の質問に対する国会答弁で「これは重大な問題なので、防衛局長から答弁させます」と述べて失笑を買った防衛庁長官がいた。

 当時と比べ、自衛隊の装備や機能は格段に複雑になった。日米の防衛協力は深まり、国際環境も複雑さを増している。政治家がよほど目と頭を鍛えておかないと、自衛隊の制服組などの専門家集団の判断を超えられず、軍事的な視点だけに引きずられかねない。

 在日米軍の再編やイラクへの自衛隊派遣などを通じて、制服組の発言力が増している。彼らの専門知識が欠かせないのはいうまでもない。だが、それをチェックし、大局的な見地から判断するのが政治家の責務である。

 心配なのは、乏しい知識や見識で逆に勇ましいことを言う政治家が多いことだ。政治家の責任がいっそう重くなったことを、よくよく自覚してもらいたい。


 自衛隊のありようは今後も変えてはならない・・まあ要するにこれが言いたかったと(笑)。今までどおり自衛隊に手かせ足かせをかけておきたい。そういうことですね。ついでに言えば、文中では『日本の国益』になってますが、『本当に中国様の国益につながるのか疑問だ』とでも言いたいのでしょう。

 朝日が日本の国益を云々するなんて笑止千万でありますが、文中で誇らしげに書いている自衛隊の地道な災害派遣、国際貢献を朝日は認めてなかったんじゃないの?というか、ホントは自衛隊の存在そのものを否定してませんでしたっけ?いつの間に自衛隊マンセーになっちゃったんですかねえ。さすがは大朝日。スタンスも自由自在ですか。

 で、その後はシビリアンコントロールがどうのと言わずもがなのことをさも知ったことのように書き、『心配なのは、乏しい知識や見識で逆に勇ましいことを言う政治家が多いことだ』なーんて偉そうに言っちゃってますが、戦争とか武力とか聞いただけで拒否反応を起こして『平和!護憲!』とか言って現実逃避してるお前らにそんなことを言う資格あるのかと。


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。 
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。