管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
無防備地域宣言?本気で言ってんの?
 平和!平和!戦争反対!戦争反対!・・と、いわずもがなのことを誇らしげに叫び、何たらアッピールなどと言ってはそこいらで集会を開き、時には妙な運動を展開するアレな人達がおります。

 平和!戦争反対!と叫んでいれば、それで済むと思ってるのかどうなのか、この手の人達は実に意味不明のことを言ったりやったりしますが、今回のエントリーでは、その際たるものを紹介したいと思います。こちらをご覧ください。(asahi.comから以下引用)

堺の無防備地域条例 署名2万人超

2006年12月13日

 堺市の市民団体「平和・無防備地域条例を実現する市民の会」が、同条例制定のために集めていた市民の署名が、1カ月間で2万人分を超えた。直接請求に必要な有権者数の50分の1を大きく上回り、1・5倍になった。同会は審査で認められない署名があっても必要数を満たせるとし、区ごとに分けて15日に各区選管に提出するという。

 無防備地域条例は、無防備地域への攻撃を禁じたジュネーブ条約第1追加議定書の規定に基づき、無防備地域宣言をして地域と住民の安全を確保するのが狙い。署名活動は11月11日、本格的にスタート。2週間余で1万人を突破した。今月2日に、法定数の1万3508人(12月2日現在)を超えた。11日現在、2万123人分になった。

 同会は、各区選管で署名審査を受けた後、来年1月中旬にも署名簿を添えて市長に対し、条例制定の本請求をする予定。

 菊地雅俊・同会事務局長は「目標の3万人には及ばなかったが、法定数を大きく上回ることが出来た。戦争体験者が『戦争は絶対したらあかん』と言いながら署名する姿が印象に残った」と話している


 無防備地域宣言ね・・実際にこの宣言をした都市が『いくつも』ボッコボコにされてることとか、外国の軍隊が宣言をした地域に入ってきた時に、そのまま駐留したりする(この時点で無防備地域宣言は無効)ことを防げないこととか、そんなことはきっと無視なんでしょうね。とにかく戦争から目をそらしたいと。

 戦争は絶対したらあかん・・ああそりゃそうでしょうよ。その通りだけれど、もし日本で戦争が起こったら、こんな宣言を出したところで戦争あるいは戦闘行為からは逃げられませんよ。キッパリと無意味。それどころか、これは一方の戦争当事国つまり日本の敵国に『どうぞ占領してください』と言ってるに等しい。

 仮に敵軍が日本上陸できたとすれば、真っ先に無防備地域宣言都市に向かうでしょうね。どうぞ占領してくださいと言ってるわけですから。で、その後のことを考えてみると、日本が降伏していない限り奪還しようとする→結果的にそこが戦場になる・・つまり無駄に戦場になる可能性を高めてるとしか思えないんだが。

 まあ、いくらなんでも堺市のような大きな都市で、このような条例が通るとは思えないですが、同じような動きをあちこちでやってるアレな人達は、どうしてこんな無駄で日本にとって害でしかないことに熱を上げるのか。どこかのネジがゆるんでるのか、それとも単に暇なのかは知らないけれど、もうやめとけよ。何だかみっともないから。


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。


外部参考リンク:無防備都市宣言 wiki
外部参考リンク:週間オブイェクト様 無防備地域宣言運動の嘘

関連エントリー1:中国に蹂躙されて良いの?
関連エントリー2:教育基本法の改正って本当に必要なんですね
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。