管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
北朝鮮 協議壊して困るのどっちだ?
 北朝鮮による核実験実施の発表を受けて、国連安保理で採択された対北朝鮮制裁決議。決議では北朝鮮に対して6カ国協議への『即時』復帰が求められましたが、北朝鮮は当初これを拒否しておりました。

 ところが、国連加盟各国が決議に基づく制裁を準備、あるいは実施の段階に入るとみるや、北朝鮮は北京にて米国側と接触を持ち、6カ国協議への復帰を言い出した。この情報がもたらされたのは10月の末だったと記憶しておりますが、北があーだこーだと条件闘争をしていたからなのか、具体的な日程はなかなか決まらなかったものの、今月の18日開催で調整は進んでいるようです。(東京新聞)

 1年1ヵ月ぶりの再開となる6カ国協議ですが、日米は強硬に北の核放棄を求めていくとみられ、また日本は拉致問題を提起していくことを明らかにしているため、北朝鮮にとってはキツイ協議になるかと思います。そんな北朝鮮、協議再開を前に何やらわめいているようなので、ご覧頂きたいと思います。(西日本新聞から以下引用)

日本に参加資格なし 6カ国協議で北朝鮮

 【北京11日共同】北朝鮮の朝鮮中央通信によると、朝鮮労働党機関紙「労働新聞」は11日、6カ国協議再開に関連し「米国と実務的接触が進んでおり、深い論議が行われている」とする一方で、「日本は協議に参加する資格さえない」と主張する論評を掲載した。

 論評は「6カ国協議は核問題を扱う場所であり、何の関係もない拉致問題を論じる場所ではない」と主張。安倍晋三首相が北朝鮮を核保有国とは認めないと発言していることや、拉致問題を取り上げる姿勢を示していることを指摘し、「日本は協議再開の動きにも冷や水を浴びせている」と非難した。

 北朝鮮は10月末に協議再開に合意して以降、外務省報道官が日本の協議参加は必要ないと表明するなど、「日本外し」の主張を繰り返し、日本の参加をけん制している。
2006年12月11日13時20分


 わはは・・『日本は協議に参加する資格さえない』んじゃなくて『協議に参加されたら厄介だ・困る』の間違いでしょ?というか、北朝鮮に日本の参加資格云々する資格がありませんよ。立場を全く理解できてないのは昔から同じですが、そろそろ気づこうよいい加減に。

 まあ、日本が拉致問題を提起してくるのを問題視して、協議の中断をちらつかせ、各国の足並みを乱そうという魂胆なんでしょうが、またぞろ協議が中断されて困るのは北朝鮮なんじゃないの?核放棄を具体化させない限りは、日本や米国が実施している制裁は解除も緩和もされないし、これは国連決議に基づく制裁を実施している各国も同じ。

 日本としてはぶっちゃけた話、6カ国協議の再開がされ、対話の努力は尽くしたという『アリバイ』を作れればそれでよし。目標はあくまで北に核放棄させる、そして拉致被害者を奪還することにあるわけで、時間稼ぎにしかならない6カ国協議をダラダラ続けているよりも、またぞろぶち切れて出てってくれた方が話は早い。

 対話よりも圧力で。これは北朝鮮と対峙する上での鉄則といえましょうが、『もうこれ以上は本当に無理!』というギリギリのところまで追い込んでこそ、問題解決は前に進むのではないか?下手に協議をやってると、某韓国のように援助!援助!と言い出す国もあることですし。ということで北朝鮮はせいぜい暴れるがいいさ。


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。