管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
土下座・媚中韓派は生きてて恥ずかしくないの?
 過剰な贖罪意識からなのか何なのか、特定の国々の無理無体な要求に応じたり、あるいは応じるべし!と声を上げる政治家がまだまだ沢山おります。一昔前は、この手の政治家がハト派、リベラル派と呼ばれ、政界で大きな顔をして闊歩しておりましたが、最近ではその『正体』がバレ、土下座、媚中、媚韓派などと呼ばれるようになり国民の間で蔑みの対象になってきている。
 
 国民から白い目で見られているにもかかわらず、信念なのか空気が読めないだけなのか、一部マスコミが相手にしてくれるので、以前と変わらぬ『アレ』っぷりを披露し続ける政治家・・そんなアレな政治家の最近のご活躍をご覧頂きましょう。(東京新聞から以下引用)

外国人地方参政権

自民リベラル派の『苦言』

 在日外国人との共生をうたう「内なる国際化」論が花盛りだった時代が遠い昔に思えるほど、ナショナリスト政治家が主流を歩んでいる日本。そうした中、政府・自民党中枢を歴任した大物政治家が「外国籍住民の参政権」などをテーマに講演・対談した。かつて同党で、それなりの勢力を誇ったリベラル派の支柱的存在だった二人からの「苦言」とは。 (市川隆太、竹内洋一)

 対談したのは、ともに自民党幹事長や内閣官房長官を歴任した加藤紘一・衆院議員(67)と野中広務・元衆院議員(81)。会場の「東京ウィメンズプラザ」(東京・青山)には十一月二十九日夜、仕事帰りの会社員らが詰めかけた。

 大物政治家の対談、しかも表題が「外国籍住民とともに考えるナショナリズム」とあって、会場周辺はテロ警戒の私服警察官らしき姿があちこちに。主催者の「在日から見える社会」実行委員会による入場者の手荷物検査も行われたものものしい雰囲気。会は、野中、加藤両氏の講演後、在日外国人問題の第一人者、田中宏・龍谷大学教授をコーディネーターとする対談に入った。

 対談は、全国各地の地方議会で賛成意見書などが採択されているにもかかわらず、いっこうに前進しない、在日外国人の地方参政権問題が中心となった。一方、韓国では弁護士出身の盧武鉉(ノムヒョン)氏が大統領となり外国人に地方参政権を与えている。

 野中氏は、竹下登日韓議員連盟会長(故人、元首相)時代の事実関係を披歴。「日韓双方の国会議員どうしで、地方参政権を双方で(日韓両国とも)立法化しようと確認書を交換した。日本側で署名した瓦力氏(自民、元建設相)などが何か発言してくれれば、ずいぶん国会の雰囲気も(前向きに)変わったはずだ」と指摘した。

 また、地方参政権付与に前向きな冬柴鉄三・前公明党幹事長への風当たりが強いことに触れ「(外国籍住民が多い)尼崎(兵庫県)が地元だから冬柴さんは熱心なんだ、などと言われているが、そうではない。竹下さんが『冬柴君、君は法律家(弁護士)だから立法化を考えろよ』とおっしゃり、自公連立の時の協定に入れた。公党間の約束なんです」と強調した。

 加藤氏も「地方参政権(付与)に反対する理由は、あまりないと思う」としたが、一方で「国会全体に『(付与は)冗談じゃないぞ』という空気があると、それを押しのけて『それでも(付与すべきだ)』と発言するのは非常に勇気がいる」。右翼関係者から実家を放火された加藤氏の言葉だけに、聴衆も複雑な表情を浮かべた。

 加藤氏は、また「中国、韓国、日本のナショナリズムは、だんだん強くなると思う。(東西)冷戦時代が終わり、自分の国の個性を出すしか、政治のやり方がなくなってくる」とも。領土問題のような「闘争するナショナリズム」、スポーツや経済成長を競う「競争するナショナリズム・健全なナショナリズム」、日本文化を尊ぶ「誇りのナショナリズム」という三分類の考え方を示したうえで「三つ目(誇りのナショナリズム)が強くなるのが一番よい」と述べた

 野中氏は最近の国会情勢について「私は教育基本法改正に初めから反対。野党も審議拒否などせず、国会で反対の論陣を張れば沖縄県知事選挙で勝ったかもしれないのに」。大物から飛び出した“野党指南役”のような発言に、会場がどよめく一幕もあった。<後略>


 野中・・まだ生きてたのかこの人。野中氏は引退した元政治家なわけですが、如何にもアッチ系マスコミが好きそうなスタンスをお持ちなので、未だに重宝されてるみたいですね。この人の正体を知る人間からすれば、教育基本法の改正に反対であると言ったことは、全く驚くに値しない。『会場がどよめく一幕もあった』なーんて東京新聞は嬉しそうに書いてますが。

 ああ、話が脱線しました。上で書いた無理無体な要求の最たるものが、この記事に出てくる外国人への参政権付与の問題。当ブログではこれまで、外国人への参政権付与に反対するエントリーを何度かアップしてまいりましたが、加藤氏に言わせると『地方参政権(付与)に反対する理由は、あまりないと思う』んだそうです。(余談:あの放火事件は、すっかり『良いネタ』になってますね。)
 
 ちょっと待てよ加藤。反対する理由はありまくりですが?国民じゃない人に参政権を付与するなんて狂気の沙汰。ザッツ・オールですよ。地方だからいいじゃないかとか、韓国は外国人に付与してるんだから相互主義だとか、地方で獲得すれば国政も!というのは目に見えてるし、韓国はたったの50人ほどの日本人にしか付与してませんよ?(関連エントリー1を参照)

 日本に半島出身の外国人が何十万人いると思ってるんだ。たったの50人じゃあ何の脅威にもならないが、何十万人もいれば自治体の乗っ取りだって可能。そもそも韓国の参政権付与は、在日韓国人が日本の参政権を獲得するために実施した疑い濃厚。相互主義を盾にして。動機が不純なんだ。そんなことも見抜けずに『反対する理由はあまりない』などという。阿呆ですよ。

 
banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。


関連エントリー1:外国人参政権付与に断固反対する!
関連エントリー2:外国人参政権付与に断固反対する! PART2
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。